通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦国小町苦労譚 四、第一次織田包囲網 (アース・ス... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 本文はたいへんよい状態です。きれいな状態のままお届けします。●帯あり●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦国小町苦労譚 四、第一次織田包囲網 (アース・スターノベル) 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/15

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 823

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦国小町苦労譚 四、第一次織田包囲網 (アース・スターノベル)
  • +
  • 銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。 3 (MFブックス)
  • +
  • フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~ 12 (MFブックス)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

続々重版中の人気シリーズ!

兵器開発にグルメ三昧、そして……戦国動物園創設! ?
第一次織田包囲網を前に、タイムスリップJK静子の秘策とは?


1569(永禄12)年、信長の伊勢平定は目前という頃。
今や織田家の重鎮となった静子のテーマは「物資の生産基盤を整えること」「火器の研究開発」だった。
しかも戦の合間に信長や濃姫たちをもてなすべく、ざるそば、コーヒー、プリンにアイスクリーム、バウムクーヘンなど、グルメ探究にも精を出す静子。
その上、宣教師からの献上品である「オウギワシ」「シェパード」「ターキッシュアンゴラ」「孔雀」「ゾウガメ」たちを保護できる施設が必要になり、果ては、動物園創設にも着手しなければいけなくなって! ?

戦の常識を覆す一品の開発にも成功し、いよいよ姉川の戦いに突入しようとするが――
静子の影響で歴史は変わるのか? 大人気戦国ファンタジーに目が離せない!

内容(「BOOK」データベースより)

1569(永禄12)年、信長の伊勢平定は目前という頃。今や織田家の重鎮、タイムスリップJK静子のテーマは「物資の生産基盤を整えること」「火器の研究開発」だった。しかも戦の合間に信長や濃姫たちをもてなすべく、ざるそば、コーヒー、プリンにアイスクリーム、バウムクーヘンなど、グルメ探究にも精を出す静子。その上、宣教師からの献上品である「オウギワシ」「シェパード」「ターキッシュアンゴラ」「孔雀」「ゾウガメ」たちを保護する施設が必要になり、動物園創設にも着手しなければいけなくなって!?戦の常識を覆す一品の開発にも成功し、いよいよ姉川の戦いに突入するが―静子の影響で歴史は変わるのか?大人気戦国ファンタジー注目の第4巻!


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 326ページ
  • 出版社: 泰文堂 (2016/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4803009783
  • ISBN-13: 978-4803009781
  • 発売日: 2016/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,188位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
織田家を中心とした物語では、やはり盛り上がるイベントなためか、大抵の歴史ものでは挿入される信長包囲網。
この作品でも例に漏れず、遂に起こってしまいます。が、主人公は大分前から包囲網が起こらないように各種工作を行っていました。
けれど、それが何故失敗したかも特に語られず、歴史の流れだから仕方ないみたいな感じで普通に起こってしまうのはどうかと思います。元々そんな史実を知らない超未来人とか、信長の家臣の家臣のため包囲網結成を止める手立てが無いとかならともかく、主人公にはそのための力があるにも関わらずに普通に起こりました。外だけでなく、内側、つまり信長に対しても主人公は注意を促していました。
でも起こりました。
包囲網自体は別に良いです。しかし、起こさないように苦労していた主人公のこれまで積み上げて来たものはどうなるの? と思ってしまいます。起こっても仕方ない理由があれば良いですが、特にそのような描写はなく、普通に朝倉侵攻から浅井離反が発生。その後はまだ描かれていませんが、主人公は既に本願寺をはじめとする他の勢力も敵に回るだろう事を予想して動いています。その、その他勢力が敵に回らないように根回ししていた事に関しては一切触れないままに。
これまで準備していたものを突然ひっくり返されて、その上何の説明も無し。史実でそうだったから、を便利な逃げ口
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック