通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦国大名武田氏の戦争と内政 (星海社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦国大名武田氏の戦争と内政 (星海社新書) 新書 – 2016/7/26

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2016/7/26
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 536
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦国大名武田氏の戦争と内政 (星海社新書)
  • +
  • 戦国大名武田氏の家臣団―信玄・勝頼を支えた家臣たち
総額: ¥2,873
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書では最新の研究に基づき、甲斐が「乱国」になったとされる明応元年(一四九二)から、約一〇〇年間にわたり甲斐武田氏の興亡を追っていきます。また、甲斐で書かれた年代記『勝山記』にも注目し、災害や飢饉の時代を生きた民衆の動向もご紹介します。戦乱が続いた戦国時代、戦国大名は地域の平和を維持する「公権力」と見なされていましたが、真の姿を、戦争と内政の両面から検討していきます。武田氏はいかにして領国を形成し、戦国大名化していったのでしょうか?近世大名真田氏にも受け継がれたという領国支配は、いかなるものだったのでしょうか?これらを確認する中で、新たな戦国大名像も見えてくることでしょう!

内容紹介

「戦争」と「内政」から見えてくる、新たな戦国大名像!
本書では最新の研究に基づき、甲斐が「乱国」になったとされる明応元年(一四九二)から、約一〇〇年間にわたり甲斐武田氏の興亡を追っていきます。また、甲斐で書かれた年代記『勝山記』にも注目し、災害や飢饉の時代を生きた民衆の動向もご紹介します。戦乱が続いた戦国時代、戦国大名は地域の平和を維持する「公権力」と見なされていましたが、真の姿を、戦争と内政の両面から検討していきます。武田氏はいかにして領国を形成し、戦国大名化していったのでしょうか? 近世大名真田氏にも受け継がれたという領国支配は、いかなるものだったのでしょうか? これらを確認する中で、新たな戦国大名像も見えてくることでしょう!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/7/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061385909
  • ISBN-13: 978-4061385900
  • 発売日: 2016/7/26
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 284,825位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
本書は、「勝山記」に注目し、甲斐の内乱が始まった1492年を起点に、武田氏によって平定されるまでの戦乱の状況、
災害・飢饉、信虎・信玄・勝頼の時代と滅亡後の動向を解説しています。
第1章は、戦国時代以前の甲斐と、「勝山記」筆者の周辺状況
第2章は、戦国時代の甲斐で起こった災害、飢饉、疫病、戦争
第3章は、1492年から始まる武田宗家の内訌と、伊勢宗瑞との戦い。武田信虎による甲斐統一
第4章は、境目に注目し、信虎の時代に行われた武田氏の戦争と内政
第5章は、武田氏の信濃・西上野への領土拡大と、その時期に行われた主要な政策
第6章は、「勝山記」に見える村・町で起こった争いと、武田氏および国衆の小山田氏の対応
第7章は、武田氏の西上作戦の過程と内政
第8章は、織田信長、徳川家康との戦争から滅亡までの内政
第9章は、織豊政権と江戸幕府下で甲斐・信濃に入った地域権力の支配構造
最終章は、戦国時代とは何だったのかを語って終わります。
新書のため概説書感は否めませんが、分かりやすい内容でお薦めできます。
「『天下布武』は日本全国の武力統一ではなく、将軍の支配領域を武力で平定する意味」などの最新の研究成果も紹介していますし、
戦国時代とは何だったのかがよく分かりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
分かりやすくまとめられていていいと思います。
ただなぜ武田氏が滅びたかを詳しく記載してほしいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者は武田氏研究の第一人者で数多くの論文や著作を刊行し、このたび満を持して本書を刊行したのであるが、内容は非常に素晴らしいもので、今後の武田氏研究の指針になりうるものと強く確信する次第である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告