この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

戦国大名武田氏の家臣団―信玄・勝頼を支えた家臣たち 単行本 – 2016/6/23

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/6/23
¥ 3,530 ¥ 2,196
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

家臣団から考える 戦国大名像

歴史ドラマの時代考証も手掛ける
気鋭の戦国大名研究者が緻密かつ大胆に描く
甲斐武田氏と家臣団の真実


目次

第一部 戦国大名武田氏の興亡

第一章 戦国大名武田氏の確立―信虎の時代―
第二章 大大名への成長―信玄の時代―
第三章 武田氏の滅亡―勝頼の時代―


第二部 武田氏の家臣団と身分・役職

第四章 筆頭家老と「両職」―板垣氏と甘利氏―
第五章 一門の創出―御一門衆と親類衆―
第六章 地方支配の責任者―馬場・内藤・山県・春日氏―
第七章 甲府の吏僚と側近たち―駒井・土屋・跡部氏―
第八章 側近を育てる―三枝氏―
第九章 甲斐本国の自治領主―穴山氏と小山田氏―
第一〇章 服属してきた外様国衆―信濃の国衆、それぞれの命運―
第一一章 先方衆から譜代家臣へ―真田幸綱・信綱から昌幸へ―
第一二章 新設された武田水軍―小浜・向井・伊丹氏と岡部一族―
第一三章 戦巧者足軽大将―新参者と足軽―
第一四章 軍師はいたのか―山本菅助―
終 章 戦国大名と家臣団

内容(「BOOK」データベースより)

家臣団から考える戦国大名像。歴史ドラマの時代考証も手掛ける気鋭の戦国大名研究者が緻密かつ大胆に描く、甲斐武田氏と家臣団の真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 383ページ
  • 出版社: 教育評論社 (2016/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4866240016
  • ISBN-13: 978-4866240015
  • 発売日: 2016/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 329,897位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(5)

トップカスタマーレビュー

2018年9月20日
Amazonで購入
2016年6月29日
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月15日
Amazonで購入
2016年7月4日
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年11月2日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告