通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ご覧下さり、有難うございます★ カバーはありません。表紙にスレ、小さな傷がありますが、中身は良好です。迅速・丁寧に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史) 単行本 – 2007/5/1

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 188
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)
  • +
  • 戦国人物伝 宮本武蔵 (コミック版日本の歴史)
  • +
  • 戦国人物伝 武田信玄と上杉謙信 (コミック版日本の歴史)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

秀吉配下の豪の者、民を思うこと深き内政の巧者、そして熊本城築城の英雄。さまざまな側面をのぞかせる加藤清正の一生涯とは―。


登録情報

  • 単行本: 127ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2007/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591097943
  • ISBN-13: 978-4591097946
  • 発売日: 2007/5/1
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 217,862位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
賤ヶ岳の七本槍の一人、そして熊本城の築城で有名な加藤清正の一生をかなりコンパクトにまとめている一冊。気のせいかこの頃の武将を扱ったマンガはごつい絵が多かったりして苦手だった自分も本書は抵抗を感じることなく読めた。

ただ、値段の割に少しボリュームに欠けるというか、物足りなさが残る。少しくらい値段を上げてもいいからもう少しボリュームがあってもよかった気がする。

また、子供や初心者が対象なのか、かなりやさしく書かれていて、です。ます。調や基本的な用語(元服)などにいちいち説明が入るのが少し面倒な印象を受けた。

が、巻末のコラムがなかなか面白かったりもするので加藤清正についてマンガでさらっと知りたいという人にはおすすめだと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
熊本城の築城で知られる加藤清正の伝記漫画。

秀吉の縁戚であったことがまず彼の出世の階段を駆け上るための足掛かりになった。
農民上がりの秀吉には譜代の家臣がおらず、数少ない親戚関係の加藤清正や福島正則は頼りになる存在であった。
秀吉の正室のねねとは親子も同然の間柄。福島正則とは生涯を通じての親友であった。

賤ヶ岳の七本槍の一人として歴史の表舞台に飛び出した清正であるが、彼が戦場を思う存分駆け回れたのは朝鮮出兵の頃が最後。
秀吉の死後は落ち目の豊臣家と天下を手中にしようとする徳川家康との間を取り持つために奔走することになる。
天下分け目の関ヶ原の戦いにおいても九州にあった清正は、三成憎しの思いから東軍に加担。
戦後は肥後一国52万国の太守となったが、結果的に家康の天下取りに大きく貢献したことになってしまう。

清正・正則を中心とする所謂「武断派」と、石田三成を中心とする「文治派」の内部対立が豊臣家の瓦解へと繋がるのだが、
肝心の清正や正成はそのことをどこまで読んでいたであろうか?家康は豊臣家の内部対立を自身のために大きく利用した。
そんな中で清正は、豊臣家へ大きく心を預けたままで家康にも接近するというような態度を取り、家康の側からしても心証が宜しくなかっ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Isa 投稿日 2013/8/24
形式: 単行本 Amazonで購入
歴史嫌いの子供に購入しました。漫画感覚で読んでますが、歴史上の人物に興味をもってもらうにはいいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
親しみやすい絵柄
清正の出生時など幼年期の事も知れてよかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告