Kindle Unlimited読み放題の対象です
¥726
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
戦国ぼっち9 (桜ノ杜ぶんこ) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

戦国ぼっち9 (桜ノ杜ぶんこ) (日本語) 文庫 – 2016/5/5

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥726
¥726 ¥700

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 戦国ぼっち9 (桜ノ杜ぶんこ)
  • +
  • 戦国ぼっち10 (桜ノ杜ぶんこ)
総額: ¥1,452
ポイントの合計: 14pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

京を揺るがす“光る魔物事件”を無事に解決した主人公・高杉一郎太。仲間であり恋心を抱く少女・三好麗も記憶を取り戻し、再び行動を共にしていた。一行は、一郎太が現代に戻るための鍵を握る巫女“十六夜”の行方を探していたが、秀吉が全国に放つ忍びから「十六夜は、徳川家康の支配下の城―躑躅ヶ崎館に連れ込まれた」との情報を掴む。さらに躑躅ヶ崎館周辺では、“信玄の埋蔵金”に関する噂話もまことしやかに広がっていると言う…。“信玄の埋蔵金”―かつて戦国最強と称された武将・武田信玄が「10年は戦える」と言い、遺したとされる軍資金で、長年噂話とされてきた。この真偽を確かめ、十六夜を探すために躑躅ヶ崎館へ向かう一郎太たちだったが、そこは思惑と欲望が入り乱れる魔窟だった。“信玄の埋蔵金編上巻”

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

瀧津/孝
京都市生まれの小説家、フリージャーナリスト。戦国・幕末・第二次世界大戦等の専門分野を題材とした、ライトノベル、小説、娯楽読本などの執筆に重点を置く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 一二三書房; 初版 (2016/5/5)
  • 発売日 : 2016/5/5
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 278ページ
  • ISBN-10 : 4891993855
  • ISBN-13 : 978-4891993856
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。