通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦国の雲 (白狐魔記 4) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: うっすら焼けあり。カバーにキズ、本体側面に少し汚れがありますが、その他本文の状態は目立った汚れキズ少なくきれいです。帯なし。万が一、不備等がございましたら誠意を持って対応いたしますのでご安心ください。この商品はAmazon配送センターより迅速に発送致します。【国内送料無料・コンビニ受け取り・代引可能】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦国の雲 (白狐魔記 4) 単行本 – 2006/7

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 873

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦国の雲 (白狐魔記 4)
  • +
  • 洛中の火 (白狐魔記 3)
  • +
  • 天草の霧
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人間の生きざまに興味をしめした一匹のキツネが、仙人のもとで修行、数かずの術と共に不老不死と人間に化ける術も習得。白狐魔丸という仙人ギツネとして生まれかわる。このキツネが、日本史上の大きな事件や英雄たちと遭遇し、人間がなぜ人間同士殺しあうのかという疑問の答えを探し、時を旅する大河タイムファンタジー。小学校高学年から。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

斉藤/洋
1952年、東京都小岩に生まれる。中央大学大学院文学研究科修了。亜細亜大学教授。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社新人賞を受賞。その続編の『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞を受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 361ページ
  • 出版社: 偕成社 (2006/07)
  • ISBN-10: 403744240X
  • ISBN-13: 978-4037442408
  • 発売日: 2006/07
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 353,546位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 空蝉 投稿日 2006/11/13
形式: 単行本
たまたま図書室で見かけて借りた本なのですが、まさかこれ程おもしろいとは!

このシリーズが初めてなので、あえて星4つにさせていただきます。

たぶん、前の作品を読んだら1つ増えるのではないかと。

戦国の時代、天下布武まであと少しの織田信長と、信長に執念を燃やす不動丸という少年(青年?)

この2人に興味を持った白狐魔丸はどう動くのか。それがかなりおもしろかったです。

また、何気ない白狐魔丸の人間臭さがいいですね。

戦のシーンではスピード感あふれる文章で物語りに吸い込まれました。

歴史が苦手な人も、私みたいに前のシリーズを読んでない人も、楽しめる作品だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この夏、小5の甥にこのシリーズを教えてもらって、1作目から順番に読んでいます。

私は学生時代、OL時代と歴女でした。
その頃読んだ歴史小説は、いわばヒーローものか、山本周五郎などの町人もの。
ヒーローものの場合、主人公が男でも女でも、誰でも名前を知っている人物が主人公で、ドラマチックな人生を描いて面白く感動もしたけれど、”戦”そのもののシーンはなかなかなかったです。

このシリーズでは、いくさの残酷なシーンがばしばし出てきます。
主人公の狐が出会う人物も、有名人の近くにいる、架空の人物。
どうして人は殺しあうのか、狐は考え続け、自分も成長していきます。

今回は、織田信長の残酷さがこれでもかと描かれます。
なんとなく知っていたけれど、教科書にはココまで書いていない。
それを知るだけでも貴重だと思います。

それから、永遠の命を持つ孤独も描かれているのだと思います。
狐が関わった人間はどんどん死んで行き、狐と仙人と、もう一人の化け狐の雅姫だけ生き続ける。
時間は戻らない。人生は短い。
狐と一緒に人間探求の時間旅行に出かけて欲しいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
パターンは読めるのだけど,でも好きです。別の角度から見た歴史もおもしろいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告