通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦国の女たち―司馬遼太郎・傑作短篇選 (PHP文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦国の女たち―司馬遼太郎・傑作短篇選 (PHP文庫) 文庫 – 2006/3

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦国の女たち―司馬遼太郎・傑作短篇選 (PHP文庫)
  • +
  • 戦国の忍び 司馬遼太郎・傑作短篇選 (PHP文庫)
  • +
  • 侍はこわい 時代小説 短編集 (光文社文庫)
総額: ¥1,707
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

戦国乱世の時代、闘っていたのは男だけではない。女性もまた、女性の戦(いくさ)を闘わねばならなかった——本書は、戦国の女性を主人公にした司馬作品六篇を収録したオリジナル編集の短篇小説集である。
豊臣秀吉の正室として位人臣を極め、夫の死後は二人で築いた豊臣家の行く末を決定づけた北ノ政所。兄・秀吉の思惑によって結婚のみならず離婚さえも強いられ、一生を翻弄され続けたが、その生涯を沈黙で染め抜いた秀吉の妹・旭姫。夫・細川忠興の異常な嫉妬によってがんじがらめの束縛を受けながら、毅然として己を貫き、関ケ原の折に最期を迎えたたま(ガラシャ)。
このほか、変わり者の侍大将・渡辺勘兵衛に思いを寄せる藤堂家小姓頭の妻・由紀の慕情や、一夜の出会いを大切に抱き続けて生きようとする小若の純情、さらには夫を猛烈に働かせて財を築いた遊び好きの妻・小梅と、戦乱のなかに咲いた女性たちの人生を浮かび上がらせた珠玉の短篇集である。

内容(「BOOK」データベースより)

戦国乱世の時代、戦場を駆けた男だけでなく、女たちもまたそれぞれに「闘いの日々」を送っていた。異例の出世を遂げた豊臣秀吉の妻・北ノ政所、夫の異常なまでの嫉妬にさらされ続けた細川忠興の妻・伽羅奢(ガラシャ)から、戦上手で変わり者の侍大将に思いを寄せる人妻の由紀、夫を徹底して働かせた遊び好きの小梅まで、有名無名六人の女性が戦乱の中で咲かせた「花」を描いた珠玉の短篇集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 343ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569665918
  • ISBN-13: 978-4569665917
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,711位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
司馬先生の作品は、もう散々読んで結構知っているつもりだったのですが・・・。
この短編集に収録されているものは、ほとんど知らないものばかりで得した気分になりました。

私は、昨今例えば大河ドラマなどで「女性の視点で」等が多いのに閉口しており、
「そもそもこの時代の女性は家系図に名前すら残っていない方のほうが多く、そんな表に出て
政治や戦略に口を挟んだりは滅多にないって・・・」と違和感を覚えてしまうのですが、
さすがに司馬先生。どの作品も大変面白く読みました。

(現代に生きる私個人は、別に男尊女卑の感覚ではありません)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
題名と違って女ばかりの話ではない。「女は遊べ物語」と「侍大将の胸毛」は、常山紀談という江戸期徂徠学派が集めた武将などの話を集めた逸話集から採っている。やっぱり勝手に想像力をめぐらした話と違って、どこかホンモノの感じがする。戦国の足軽大将や侍大将クラスの現場の猛者の感じが良く描けていて、気分が溌剌とする。サラリーマンなら大物戦国大名の話より、こっちのほうがリアリティがあると思う。「北ノ政所」は寧々の生涯を描いた傑作。作者の陽性な人柄が主人公の人柄と合うのか、「そんなひと」がついこの間までいたような存在感がある。豊臣政権が秀吉と寧々自身の作品で、秀吉が死んでしまった後、寧々にとって大した意味もなく執着しなかったところが正直で、時代を超えてこの人物の人気なのだと思う。家康にも大事にされ、天寿を全うし、三代将軍家光の寛永年間まで生きたとあるのにはびっくりする。「胡桃に酒」は細川ガラシャの数奇な運命で、少し出来過ぎの小説だけど、見事だと思う。秀吉の末の妹、旭姫のはなしは可哀そうな話ではあるが、著者の陽性な性格で陰気にならず、戦国末期の或る断面が書かれていておもしろかった。信長、道三、島左近、三成など戦国のいろんな人を書いているけれど、著者の性格に合っているのは秀吉とその家族という感じがした。男女問わず楽しめる小品集。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大昔の夫婦の情景をやや面白く描いていて通勤途中の電車の中で読みました。たまににやけたりしながら。2日で読んでしまいました。買って損はしないでしょう。100点満点中78点!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック