通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
戦前日本の「戦争論」を読む―「来るべき戦争」はどう... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 背表紙うっすらとヤケています。細かいキズあり。アンダーラインや書き込み・切り抜きはなく、本文はたいへんよい状態です(見落としの可能性あり)。帯あり。そのため「良い」としました。ゆうパケットでお送りする予定です(追跡番号あり)。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦前日本の「戦争論」を読む―「来るべき戦争」はどう論じられていたか 単行本 – 2017/3/1

5つ星のうち3.0 1個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,200
¥2,200 ¥1,001
文庫 ¥957 ¥415
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「戦争」か「協調」か、戦って勝てるのか―満州事変をめぐり日本が国際的孤立を深めていた1930年代前半、中国、ソ連、米国などとの緊張が増すなかで多数刊行された近未来のシナリオ。第二次大戦前夜、識者は何を主張し、国民は何を求めていたのか?

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

北村/賢志
昭和45年、千葉県に生まれ、その後、兵庫県にて育つ。兵庫県立加古川東高校から近畿大学に進み、卒業後、大手電気工事会社に勤務。戦史の研究を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
100%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト50レビュアー
2019年12月14日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告