通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦争論〈上〉 (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦争論〈上〉 (岩波文庫) 文庫 – 1968/2/16

5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,091
¥ 1,091 ¥ 97

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦争論〈上〉 (岩波文庫)
  • +
  • 戦争論〈下〉 (岩波文庫 白 115-3)
  • +
  • 戦争論〈中〉 (岩波文庫)
総額: ¥3,618
ポイントの合計: 82pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦争の形態はナポレオン一世により本質的な変貌をとげた。戦争は政治の手段にほかならないとの観点から近代戦を精密に分析し、戦争の原型と本性を見極めた本書は、戦争哲学に新生面を拓いて軍事にとどまらず広く影響を与えた。(上)には第一‐三篇を収録。


登録情報

  • 文庫: 369ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1968/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 400341151X
  • ISBN-13: 978-4003411513
  • 発売日: 1968/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,377位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 本書は戦争を研究する上で必須の古典だが、難解との定評がある。それもそのはず、この書は未完成で、クラウゼヴィッツの死後に編集・出版されており、全体的にこなれていない。しかも、日本人になじみの薄いフリードリヒ大王戦史や自身が参加したナポレオン戦争を題材に論が展開されているのである。
 現在、日本語で読める完訳本は、私の知る限り中央公論文庫の清水訳とこの岩波文庫の篠田訳であろう(短縮版としては芙蓉書房版、徳間書店版あり)。
 篠田訳・清水訳についてよく聞くのが、篠田訳はプロイセン参謀本部が「改竄」した第二版以降をテキストにしており、初版を復刻したものをテキストとした清水訳(もしくは芙蓉書房版)の方が、クラウゼヴィッツ本来の思想を伝えている、といったものだ。全部を読み比べたわけではないが、最も重要な改竄とされる第8篇第6章Bの内閣と最高司令官の関係については、どの訳も意味を大きく変えるものではないし、前後の文脈からも十分彼の言わんとするところが分かり、言われるほど気にする必要はないと思う。むしろ篠田訳は訳注が他の訳本より充実しており、また索引があり、メリットはある。
 難解な本書であるが、まず第1篇第1章と第8篇を読むことをお勧めする。第1篇第1章はクラウゼヴィッツ本人が唯一完成した原稿と述べている章で、戦争論の基本的な方向性が分かる。第8篇は全体の総括であ
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
戦争論は、非常に難解で難しいと言われる代物である。他のブックレビューを見て批判するのはよくないと思うが、18世紀における戦争実体と現代における戦争実体に当てはめて考えると実際に役立たない部分もある。また、戦争論は哲学的要素や歴史の引用などが含まれており、文庫本では読みづらいという部分も納得できる。特に、ナポレオン戦史、フリードリッヒ戦史を理解していなければ分からない点も多々ある。

 しかし、戦争と政治との関わりやその目的と手段、理論と実践に関しては色あせることはない。むしろ、現代の戦略思想家といわれる人たちがクラウゼヴィッツ以上に戦争に関する論究をしているであろうか?また、戦争を考える上でクラウゼヴィッツ以上の物差しを提供した人物がいるであろうか?

 孫子とクラウゼヴィッツを対比することは難しいが、私見では孫子とクラウゼヴィッツの言っている戦争に関する部分は、オーバーラップしている部分さえある。程度の差こそあれ、日本語による訳文ゆえ難解といわれる「戦争論」を理解するには1度や2度読んだだけでは無理なのである。また、篠田訳、清水訳など「戦争論」に関する訳本が多いので、訳者によって解釈の違いが出るし、日本人に馴染みの薄い哲学的要素が多分に駆使されているから読みづらいのは当たり前である。そのあたりは、解説本やガイドブックから攻めて事の本質に迫る
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/3/18
形式: 文庫
戦争とは何かを、ナポレオン戦争への従軍経験から分析的に述べた古典的名著です。「戦争とは他の手段をもってする政治の延長に他ならない。」という著者の定義は、今なお各国の軍事指導者共通の認識といっていいでしょう。 戦争の究極の目的が敵の殲滅にあるという戦争論解釈が批判される一方で、戦争の本質を鋭く見据えているその分析への高い評価は、今なお第二のクラウゼヴィッツが現れていないことからも明らかでしょう。 今流行の薄っぺらな「戦争」に関する論争などにはない、「戦争という社会現象を科学する」といった視点から戦争を学びたい人には必読の書だといえます。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 森鴎外の語るところのクラウセヴィッツとは、戦闘哲学者というべき人である。彼は、この「戦争論」をもって、戦争を哲学にまで昇華させた人物である。それ以前の戦争学、戦争術は、要塞の建造や武器の製造・運搬方法といった程度のものであったが、この著書によって、「戦略」「戦術」といった用語の定義から目的・手段の内容など、大規模戦争の理論体系を構築することに成功している。
 現在の戦争は、クラウセヴィッツが存命していた時期と比較し、大量破壊兵器や航空兵力などの登場により様変わりしているとはいえ、この理論体系は、組織構築や将帥の心構えとして極めて重要性が高い。
 この岩波文庫版は、コンパクトで安価に原典に近い邦訳書を得たい人にお勧めである。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
愚者の描いた同名のマンガのクソさ加減と比較すれば、この本は、人として生まれたのならば絶対的に読むべき本に位置づけられるだろう。少なくとも、人類が存続し続け、軍事に手を染め続ける限り、読まれ続けると断言できる。

しかしまあ、中公文庫版に比べれば、日本語の古さはやはり否めない。初めて本書を手に取る人は、奥さんの序文とご本人の方針はすっ飛ばして、すぐに目次に行くことをオススメする。さもなければ、消防条例のくだりあたりで、もうげんなりしてしまうだろう。まかり間違って、強い酒でも入ったグラス片手に読んでいたら、悪酔いすることうけ合いだ。

本文とて、実のところ、いい文章とは言いがたい。あーだ、こーだ、あーでもない、こーでもない、で、結局はこうです……的文体であり、レクラム版に基づく中公文庫の方も、訳者のいわば蛮勇あってこそ、あれだけ読みやすくなってるのだなと、岩波文庫版を読んでると思ってしまう。そして、岩波文庫版の言葉遣いの古さが、この文体の短所を、思いっきり際立たせてしまっている。それでも、丹念に読めば、何でリデル・ハートが「ナポレオンの亡霊」のごとき誤読をしてしまったのやら……と思えるほどに、理知的に書かれている。言葉を尽くそうとしているがゆえに、英語のように白黒ハッキリ付けたがりな文化の言語では、クラウゼヴィッツの真意は捉えにくくなってしまって
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー