通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
戦争社会学ブックガイド:現代世界を読み解く132冊 がカートに入りました
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆【帯付】表紙に微細なスレはありますが、使用感の少ない新品に近い商品です。丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

戦争社会学ブックガイド:現代世界を読み解く132冊 (日本語) 単行本 – 2012/3/9

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2012/3/9
¥2,090
¥2,090 ¥1,122
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 戦争社会学ブックガイド:現代世界を読み解く132冊
  • +
  • 戦争社会学の構想 ―制度・体験・メディア―
  • +
  • 戦争社会学――理論・大衆社会・表象文化
総額: ¥12,870
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

日本における戦争社会学の誕生を告げる画期的ブックガイド

第一次大戦後、あらゆる戦争は、
すべての国民・資源を動員する「総力戦」の時代に入った。
その動員は、学校や企業に典型のごとく、平時においても継続することを辞めない。
つまり社会が戦時体制化したのである。
その不可視の動員を解くには、社会の戦時体制下を可視化する試み、
すなわち<戦争社会学>の構築がまずは必要であろう。
40代の編者を中心に執筆者40名を擁して編まれた、
世界で初めての<戦争社会学>ブックガイド。


★目次の一部★
■第一部 「戦争の社会学」への招待
★第一章 戦争を社会学的に考えるための一二冊
*戦争を社会学する(荻野昌弘)――ロジェ・カイヨワ(秋枝茂夫訳)『戦争論――われわれの内にひ そむ女神ベローナ』
*超国家主義(植村和秀)――丸山眞男『現代政治の思想と行動』
*戦時国家と社会構想(井上義和)――筒井清忠『二・二六事件とその時代――昭和期日本の構造』
■第二部 戦争を読み解く視覚
★第一章 戦争・軍隊・社会
*戦争の文明史(野上元)――マーシャル・マクルーハン、クエンティン・フィオール『地球村の戦争と平和』、ウィリアム・H・マクニール『戦争の世界史――技術と軍隊と社会』
*戦争と近代(遠藤知巳)――細見和之『「戦後」の思想ーーカントからハーバマスへ』
*戦争の二〇世紀(内田隆三)――多木浩二『戦争論』、桜井哲夫『戦争の世紀――第一次世界大戦と精神の危機』
*機関銃の社会史(野上元)――ジョン・エリス『機関銃の社会史』、松本仁一『カラシニコフ1・2』
*女性動員から女性兵士へ(佐藤文香)――加納実紀代『女たちの「銃後」』、佐々木陽子『総力戦と女性兵士』、佐藤文香『軍事組織とジェンダー――自衛隊の女性たち』
★第二章 戦時下の文化――知・メディア・大衆文化
*体制下の公共性(赤上裕幸)――佐藤卓己『「キング」の時代――国民大衆雑誌の公共性』、ヴィクトリア・デ・グラツィア『柔らかいファシズム――イタリア・ファシズムと余暇の組織化』
★第三章 体験の理解と記憶の解釈
*戦争体験への固執(福間良明)――安田武『戦争体験――一九七〇年への遺書』、吉田満『「戦艦大和」と戦後』
*体験者の心情を読み解く(青木秀男)――森岡清美『決死の世代と遺書――太平洋戦争末期の若者の生と死』、森岡清美『若き特攻隊員と太平洋戦争――その手記と群像』
*記憶と忘却(山口誠)――米山リサ『広島 記憶のポリティクス』、山口誠『グアムと日本人 戦争を埋立てた楽園』
★第四章 戦争の〈現在〉歴史の重みと不透明な未来
*戦争報道(岩間優希)――フィリップ・ナイトリー『戦争報道の内幕――隠された真実』、橋本晃『国際紛争のメディア学』
*責任と倫理(橋爪大三郎)――加藤尚武『戦争倫理学』、三浦俊彦『戦争論理学――あの原爆投下を考える62問』
*『新しい戦争』と私たちの関与(和田伸一郎)――ウルリッヒ・ベック『世界リスク社会論――テロ、戦争、自然破壊』


内容(「BOOK」データベースより)

戦争を「いま・ここ・わたし」の身近な問題として考えるために編んだ、今までにない入門書。

著者について

野上元
1971年東京都生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授。東京大学
大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻。博士(社会情報学)。専門は歴史
社会学・社会情報学。著書に『戦争体験の社会学──「兵士」という文体』(弘
文堂・2006年)、共編著に『カルチュラル・ポリティクス1960/70』(せ
りか書房・2005年)、共著に『岩波講座アジア・太平洋戦争2・戦争の政治
学』(岩波書店・2005年)等がある。


福間良明
1969年熊本県生まれ。立命館大学産業社会学部准教授。京都大学大学院人
間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。専門は歴史社会学・
メディア史。『「反戦」のメディア史――戦後日本における世論と輿論の拮抗』
(世界思想社・2006年)で第1回内川芳美記念マス・コミュニケーション学
会賞を受賞。著書に『「戦争体験」の戦後史――世代・教養・イデオロギー』
(中公新書・2009年)、『焦土の記憶――沖縄・広島・長崎に映る戦後』(新
曜社・2011年)等がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野上/元
1971年生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授。東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻修了。博士(社会情報学)。専門は歴史社会学・社会情報学

福間/良明
1969年生まれ。立命館大学産業社会学部准教授。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。専門は歴史社会学・メディア史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 創元社 (2012/3/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422300423
  • ISBN-13: 978-4422300429
  • 発売日: 2012/3/9
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.2 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 727,071位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2012年12月6日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。社会学