通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦争犯罪国はアメリカだった! ─ 英国人ジャーナリ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦争犯罪国はアメリカだった! ─ 英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄 単行本(ソフトカバー) – 2016/4/21

5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,700 ¥ 1,130
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦争犯罪国はアメリカだった! ─ 英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄
  • +
  • アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史
  • +
  • 大東亜戦争は日本が勝った -英国人ジャーナリスト ヘンリー・ストークスが語る「世界史の中の日本」
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 153pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

生前の三島由紀夫と最も親しかった英国ジャーナリストによる
日本人への覚醒を促す魂のメッセージ!

生前著者と親交のあった三島由紀夫が自決の場を
軍事法廷が開かれた市ヶ谷にした理由

真のA級戦犯は、東條でなく、ルーズベルト・チャーチル・スターリン

欧米の侵略に立ち向かうために立ち上がった大東亜戦争

《著者からのメッセージ》
今年は、市ヶ谷で極東国際軍事法廷が行われてから70 年の節目にあたる。
私は日本国民が、東京裁判の虚妄に目覚め、史実と正義の声を上げてくれることに、期待している。
日本人が、そう思わないことには、日本の名誉が回復されることは無い。



※本書の内容紹介動画がyoutubeに2本あります。

出版社からのコメント

「おわりに」より抜粋


今年は、東京裁判開廷から七十年目の節目の年を迎える。
日本の最大の問題は、日本人が米国による洗脳を自覚することができないことだ。
「日本は戦争犯罪をした」とか、「侵略戦争を起こした犯罪国家だ」などというまったくの虚偽を、真実であると思い込んでいる。

日本人は、この無明から覚醒せねばならない。
日本人は立派な民族である。
日本は、戦争犯罪国家などではない。

その誇りを取り戻し、いわれなき日本人の父祖に対する名誉毀損を打破することだ。

三島由紀夫は、そのことを魂から訴えようとして、東京裁判が行われたその場所で、自決をしたのだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: ハート出版 (2016/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4802400160
  • ISBN-13: 978-4802400169
  • 発売日: 2016/4/21
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,251位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
(p252より)ー原爆投下は、戦時国際法違反の「戦争犯罪」である。それを正当化し、国際法を堂々と違反して「正義だ」というアメリカの信念の根拠はいったい何か。それは、「異教徒は殺せ」とモーゼに命じた神の「明白なる使命」が根底にあったからではないか。ーと著者は考える。
「明白なる使命」(マニフェストディスティニー)とは何か。
(p98より)ー聖書の「民数記」には、「異教徒は、皆殺しにしろ、処女のみ分かち合え」ーとあるそうだ。史実を見れば、全世界で、有色人種の人身売買を広域展開していたのが、キリスト教徒達だ。異教徒は、反抗する者はすべて虐殺するか、奴隷にされた。ヨーロッパ人が新大陸へ侵略し、1億人以上のインデォやインデアンを殺した。これは、アメリカン・ホロコーストとも言われている。1億と言えば日本の人口と同じくらいだ。その波が日本にも及んだため、秀吉は、伴天連追放令を出した。一方、イスラム教は、納税すれば、信仰の自由と命は保証されたため広がり、巨大なイスラム帝国ができた。
 このような視点で見たのは、初めてだった。イギリス人ならではの視点だと思う。ご本人はクエーカー教徒で、上記のようなキリスト教とはちがうと述べている。
 (p173より)ーメディアが「日本側の戦没者51万人、これに対してフィリピンの民間人犠牲者は、101万人以上に上った」と報じるが
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
真のA級戦犯は、東條でなく、ルーズベルト・チャーチル・スターリン
まさに、これを断言してくれる人を待ってました。

関東大空襲も原爆も、民間人の家屋を狙った攻撃。

白人がアメリカ大陸の先住民をほとんど絶滅させてしまい、
アジアのほとんどの国を、植民地化し、搾取しまくっていた、
それに抵抗した日本を、力づくで押さえつけようとした、
ルーズベルト・チャーチル・スターリン
やっと、真実を語る人が出てきたと嬉しくなります。
1 コメント 156人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
現在まで日本人がとり憑かれているGHQの「洗脳」を両断し、
既に多くが亡くなりつつある戦前・戦中の記憶と体験を持つ方々の名誉回復を幇助し、
戦後すぐからのGHQ式教育の誤りを指摘してくれています。
著者が日本人ではないからこその客観的な視点と共に、平易な文章、痛快な内容で引きこんでくれます。
何故日本人がこういう著書を出せないのか、少々恥じ入るところもあります。
個人的には星10個つけてもいいと思える、全ての日本人が読まなくてはならない1冊だと思います。
コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 esel 投稿日 2017/3/19
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
これは読まねばならない一冊です、保守派もリベラリストも一度は目を通す必要ありです。
読めば今現在の日本という国の真の姿がハッキリと見え、
これからどう舵取りするのか、議論が可能になるでしょう。

ちなみに私は、日本人の宗教観は
「生まれたら神社、結婚式は教会で、死んだら寺へ入る」に象徴されるように
なんといい加減な事よ、と愚かにも考えておりましたが、この本によって、
それが日本人を象徴する、まさに美徳である、と言う事に気づかされました。

とにかく著者の日本への愛は半端では無く、そこに三島由紀夫の血なまぐさい話も絡み・・・
それらを横に置いておいても、近代史まとめとして一読の価値のある本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 vinci 投稿日 2016/12/2
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
日本の皆さまに読んでほしい。特に先生方に!
ルーズベルトやルメイの無差別爆撃の戦争犯罪をもっと理解してほしい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2016/4/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
史観とは、人の数ほど在ると思うがこれは、一人のイギリス人が大日本帝国という視点から見た史観である。

戦勝者であるGHQ史観を引っくり返せば、ルーズベルト・チャーチル・スターリンが戦犯となる事は明らかである。
歴史観とは、このように恣意的で危ういものである。
だが、日本人は当分、敗者の作法で生きていくしかない。それが、国際社会の約束事であり均衡が破れるのは、戦争によってである。

なので、外国に占領されるという事は、日本人の歴史観をアメリカ人の歴史観に改竄させられたという事である。
A級戦犯などの使い方は本来、お笑い種というものである。
しかし、それらは何時の間にか日本人の精神の退嬰を齎し且つ、アメリカ乃至アメリカ人をも誤解するようになった。

当時、植民地を免れたアジアの日本は、欧米列強の植民地支配に対抗し東亜解放・人種差別反対を叫んでいたのである。
著者は、白人キリスト教徒が、神の名においてアメリカ大陸の先住民をあらかた滅ぼしてしまった事を述べている。
この本を貫いているのは至極、簡明単純である。そして、親交のあった三島由紀夫の日本精神についても書かれている。
歴史は、勝者が書くことを一番解かっているのは、頭より体得するごく普通の人であろう。解かると
...続きを読む ›
コメント 148人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー