¥ 1,620
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦争犯罪と国家の倫理――問われるべき統治者の個人責任 単行本 – 2015/10/14

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/10/14
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,200
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦争犯罪と国家の倫理――問われるべき統治者の個人責任
  • +
  • 昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

戦争にかかわるあらゆる責任は、最終的には国家の指導者が個人として負わなければならず、また、国際戦犯法廷の原則は敗者だけでなく勝者にも適用されなければならない。その意味で、昭和天皇は戦争責任を負うべきだし、ブッシュ米大統領もイラク戦争の責任を負わねばならない。ここに著者の、国家指導者の倫理に対する厳しい視線がある。日本には、日米安保を脱却して東アジアの隣国との友好関係を深める道があるはずだという著者の指摘は傾聴に値する。

出版社からのコメント

ピューリッツァー賞受賞の日本現代史研究者が、昭和天皇の政治・外交への関与やイラク戦争の実態を分析して、勝者敗者の別なく国家指導者の責任を指摘。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 184ページ
  • 出版社: 凱風社 (2015/10/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4773640014
  • ISBN-13: 978-4773640014
  • 発売日: 2015/10/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 846,902位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2016年5月19日
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。グランツーリスモ