¥ 1,188
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実 (文春新... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実 (文春新書) 単行本 – 2017/1/20

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 1,389

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実 (文春新書)
  • +
  • 日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書)
  • +
  • 米中もし戦わば
総額: ¥4,190
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

二つの世界大戦は必要のない戦争だった。とくに第二次大戦は、チャーチルとルーズベルトがいなければ起らなかった――。
本来の「歴史修正主義」とは、戦前の日独を全面肯定する歴史観のことではありません。米英の外交に過ちはなかったのか、あったとすれば何が問題だったのか、それを真摯に探る歴史観のことです。
「公式の歴史」では、ベルサイユ体制と国際連盟体制を破壊した枢軸国(日独伊)の他国への侵略が第二次大戦の原因と説明されますが、実は英米参戦の「必要」や「理由」は後からでっち上げられました。「ヒトラーはどん底のドイツ経済を立て直した」「オーストリア国民はドイツへの併合を熱烈に歓迎した」「借金に追われていたチャーチルにとって、ナチス台頭は絶好のチャンスとなった」などと、本当のことを言ってしまうと、連合国が作り上げた戦後体制の正当性が崩れてしまうのです。
戦争を始めるのは誰か?――本書は、二つの世界大戦の真実に迫ります。

キーワード:第一次世界大戦、第二次世界大戦、歴史修正主義、歴史解釈、戦勝国、連合国、ヒトラー、スターリン、チェンバレン、フーバー、東京裁判、ナチス、モンロー主義、孤立主義、真珠湾攻撃、ユダヤ人、ホロコースト、スペイン内戦、満州事変、東西冷戦

内容(「BOOK」データベースより)

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。米英両国の外交に過ちはなかったのか、あったとすれば何が問題だったのか、それを真摯に探ろうとする歴史観だ。英米露独の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 326ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166611135
  • ISBN-13: 978-4166611133
  • 発売日: 2017/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.7 x 10.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,455位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「修正主義」と聞くと、僕はすぐにベルンシュタインを思い出す。マルクス主義の「修正」を行なった人。彼自身の著としては、 『社会主義の諸前提と社会民主主義の任務 』 (ダイヤモンド社)という箱入り本がある。ちょっと読むのは疲れるボリュームある本だ。この訳者の佐瀬昌盛氏が「歴史通」(2017年1月号)で、「元祖修正主義者ベルンシュタインこそが正統社会主義者!」なる論文を書いている。
ベルンシュタインに関しては、 『ベルンシュタイン 民主的社会主義のディレンマ』(ピーター・ゲイ、木鐸社)や『ベルンシュタインと修正主義』 (関嘉彦氏・早稲田大学出版部)などがある。

要は、マルクスさまが「絶対正当・正統」で、それに異論を唱えるのは邪教というか、異端であり、許せない、だから「修正主義者」というレッテル貼りをして、そんなのは悪魔の書だとして読むのも論じるのも許さないという風潮が世界各国にあるのだろう。もちろん、アウシュビッツはなかったとかそういうレベルともなると、いささか問題も生じるだろうが、アウシュビッツでの死者は500万ではなく150万であったとか、南京虐殺は30万ではなく、3000人であったとか、2万人であったとか、そして、それはアウシュビッツのような計画性はなく、捕虜を処断した行き過ぎはあっても 衝動的なものであったとかなかったとか、そういう議論は実証的な議
...続きを読む ›
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2017/2/21
形式: 単行本 Amazonで購入
少し前、安倍総理に対しアメリカの評論家・学者等が歴史修正主義者と批判したことがある。
彼らは、単なるレッテルを張っただけで本音は、敗戦国は黙って戦勝国に従えと脅しているのであった。
著者の云う歴史修正主義とは、ニュートラルな歴史観を言う。
例えば、米英外交に過ちはなかったのか、あったとすれば何が問題であったのか、それを探ろうとする歴史観である。
第二次世界大戦の真の勝利者は、スターリンとその指導下にあった毛沢東ではなかったか、ルーズベルトは間違っていたのではないかと疑うことである。アメリカでは、時の経過によりこのような考え方が優勢になりつつある。
ところが日本の学会では、このような史観は排除される。

渡辺さんは、このような立場で数々の労作を世に出して評価を得た。
今回は、新発見の資料・証言に基づき、後知恵を排し、幕末の列強進出、開国、日清・日露戦争、大東亜戦争、第一次・第二次世界大戦を検証した。

第二次世界大戦については、アメリカの史観もコミンテルンの浸透による左翼史観により相当歪められている。
日本の場合は、更にその上にジー・エイチ・キューに強制された史観(自虐史観)が被さっている。
その事を指摘すれば、マスコミ・左翼学者は、反射的にヒステリーを起こす。
...続きを読む ›
3 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す