中古品
¥ 41
+ ¥ 340 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古本】帯なし。購入後の対応及び方法・商品到着後、不備や何か気になる点がございましたら、「アカウントサービス」の「注文履歴を見るの※かじ企画」をクイックしてご一報ください。返金、商品の入れ替え他で対応させて頂いています。◆発送は注文確定翌日発送※発送から日曜日省き2-4営業日でポストへお届け致します。◆発送かじ企画 福岡県公安委員会許 古物商90113 0910005号
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦争の記憶をさかのぼる (ちくま新書(552)) 新書 – 2005/8/8

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 31
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

二〇〇五年八月で敗戦から六〇年を迎える。六〇年とは、ほぼ二世代の年月だ。子へ孫へと“戦争の記憶”というバトンはきちんと手渡されているだろうか。本書は湾岸戦争以後、アフガン戦争、イラク戦争と続く現代の戦争空間を視野に収めながら、「当時者意識の希薄化」という危機感のもとに、アジア太平洋戦争を私たちがどのように記憶し、あるいは忘却してきたのかを検証する。戦後五〇年から戦後一〇年まで、文学者、新聞メディアの言説をさかのぼり、一九四五年八月の敗戦をまたいだ詩人・高村光太郎の戦中・戦後に焦点を合わせ、戦争の記憶をリセットする力に対峙する思考をさぐる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

坪井/秀人
1959年生まれ。1987年名古屋大学大学院文学研究科博士課程単位取得。文学博士。金沢美術工芸大学助教授等を経て、名古屋大学大学院文学研究科教授。専門は日本近代文学・文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/8/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480062521
  • ISBN-13: 978-4480062529
  • 発売日: 2005/8/8
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 617,763位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2007年8月27日
形式: 新書|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年9月21日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告