通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦争と平和〈4〉 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【表紙カバー: 小キズ、弱いスレがありますが、概ね良好です。 【ページ内: 紙質による強いヤケは見受けられますが、書き込み、マーカーなく講読には問題ありません。  ご理解の上ご購入下さい。 (^ ^)/ 注意し検品しておりますが、万が一、コメント記載以外の支障がありました際には、お気軽にご連絡ください。■原則、付属品(付録)に関しては、記載してある物が全てとなります。記載の無い物につきましては、付録が無いとご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

戦争と平和〈4〉 (新潮文庫) 文庫 – 2006/2

5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 961
¥ 907 ¥ 350

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦争と平和〈4〉 (新潮文庫)
  • +
  • 戦争と平和 (3) (新潮文庫)
  • +
  • 戦争と平和 (2) (新潮文庫)
総額: ¥2,937
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ナポレオンの大軍は、ロシアの大地を潰走してゆく。全編を通してトルストイは、歴史を作るものは一人の英雄ではなく、幾百万の民衆の生活にほかならないという歴史観を明らかにしてゆく。また、アレクサンドル一世から一従卒まで、全登場人物559人のすべてを、個性ゆたかに生き生きと描き出すことによって構成される本書は、世界文学の最高峰とよぶにふさわしいであろう。

内容(「BOOK」データベースより)

ナポレオンの大軍は、ロシアの大地を潰走してゆく。全編を通してトルストイは、歴史を作るものは一人の英雄ではなく、幾百万の民衆の生活にほかならないという歴史観を明らかにしてゆく。また、アレクサンドル一世から一従卒まで、全登場人物559人のすべてを、個性ゆたかに生き生きと描き出すことによって構成される本書は、世界文学の最高峰とよぶにふさわしいであろう。


登録情報

  • 文庫: 657ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102060162
  • ISBN-13: 978-4102060162
  • 発売日: 2006/02
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159,762位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ナポレオンのモスクワ占拠、そして撤退。ロシア侵攻から戦争は大きく動く。主人公ピエールの妻エレンの死。親友アンドレイ公爵の死。捕虜仲間のカタラーエフの死。戦場での死ばかりではなく、様々な死が描かれている。しかし、人はそうした悲惨極まりないなか至上の愛に至る。まさに、トルストイ文学の極まりが
ここにある。感動に次ぎ感動。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 まさに大河ドラマの大団円にふさわしい幕切れと思いきや、ドラマ部分は意外とあっさりとした
終わり方。でも第1巻から読み続けてきた者には、ロシア(貴族?)黄金時代、皆がキラキラと輝
いていたロストフ家の人々の戦争を経ての行く末を見届けねばとの思いが強く、時代が変わって
ロシアの家族の在り様は変わらないという終わり方が心強く、たいへん感慨深いものが残った。
ペーチャの死には、読者も登場人物たちと同様に哀しみに打ちひしがれてしまう。でもナターシャ
ら家族が悲しみの中から再生していく姿に、時代と共に家族の伝統を若い世代が引き継いでいく、
ロシア人の強さを感じる。第4巻では、ロストフ家、ボルコンスキー家、ピエールらの主要人物と
同格で、ロシア軍司令官クトゥーゾフが大きく扱われている。また、トルストイの戦争への考察が
ドラマと交互に語られ、最後の方はドラマは早々に終わらせてトルストイの考えを述べることに
紙数が割かれている。このトルストイの述べる説が、なんだかわかったような、わからないような
同じことを繰り返しているような、いまひとつピンとこなかった。巻末の訳者による、解説が分かり
やすくトルストイの言いたいであろうことを書いてくれている。トルストイの生涯を簡単にまとめて
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 エレンは発作的に服毒死。重体だったアンドレイも死去。
 モスクワを占領したフランス軍だが、新たな戦闘もないまま退却していく。戦術的には分散して追撃をかわすべきであるにも関わらず、反対にかたまりあっている。軍の士気が消沈して、集団でかたまることのみが軍をつなぎとめていたから。ロシア軍は結集して攻撃すべきであるにも関わらず、分散して攻撃している。士気旺盛で、各人が命令を待たずにフランス部隊に突入したから。
 釈放されたピエールはナターシャへの想いを抑えきれない。ナターシャも同じ。
 ナポレオンが撤退した1812年の翌年、ピエールとナターシャは結婚する。子宝に恵まれ、ナターシャも肉がついてすっかり「母」になっている。ナターシャは家庭一筋。
 終章では、トルストイの歴史観が長々と開陳されている。歴史的事件の原因は権力であり、権力とは一人の人物に移された意志の総和である。大衆の意志が一人の人物に移されるのはその人物によってすべての人びとの意志が表現されるという条件が成立したとき。すなわち、権力は権力であり、権力とはその意味が我々にはわからぬ言葉である、という。
 トルストイは3人の幼子をあいついで失うなどの不幸から人生の意義を考え、芸術を放棄し、哲学や科学に解答を求めたが得られず。自殺まで考えたが、救いは民衆から来る。民衆は理性とは無関係な
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 you 投稿日 2012/12/1
形式: 文庫
この本で一番すごいと思ったのは、その高さと広さです。
民族間で起こる戦争というものを、その中で生きる個々の人物のドラマ、人生を、人間の本質とは、人生とは、歴史とは、その考察を試みた作者の俯瞰して捉えようとするその高さと広さに驚いた。
たくさんの登場人物を通して、様々な発見があり、中でもアンドレイ公爵が好きでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
物語としての終わりは中途半端で、最後の100ページ近くはトルストイの哲学が延々と語られているが、これを読みたい者が果しているのか?小説を読むのは歴史家ではなく、むしろ一般の大衆がほぼ全てである。歴史がいかに作られるか、また歴史の研究家が何を見落としているかは、はっきり言って、私は気にもならない。
 読者の興味は、アンドレイとナターシャの行方であり、ピエールの行方であって、歴史に対する哲学ではないように思う。
 途中に面白い部分も多々あるが、つまらない部分もある。面白い部分は、アンドレイらの「物語」であり、つまらない部分は戦争の描写と、歴史への哲学の部分である。
 結局、この本は小説でもあるが、歴史の研究論文でもある。では一体、誰がこれを読むと想定して書いたのか?小説はあくまでも一般大衆を楽しませるものではないのか。
 3000ページ近く読んできたのに、最後がつまらなくフェードアウトしていったのは残念であった。全部読むのに3か月かかった。これだけ読者の時間を使ったのだから、少しくらい面白いこと言って終われよ。
 「戦争と平和」「トルストイ」と聞くと、世界文学の最高峰、大巨匠というイメージがあるが、何のことはない。単に読んで面白いかどうかで言えば、夏目漱石やドストエフスキーの方が上である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告