通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦争と平和〈1〉 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦争と平和〈1〉 (新潮文庫) 文庫 – 2005/8

5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 961
¥ 961 ¥ 178

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)
  • +
  • 戦争と平和 (2) (新潮文庫)
  • +
  • 戦争と平和 (3) (新潮文庫)
総額: ¥2,991
ポイントの合計: 110pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態
麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

19世紀初頭、ナポレオンのロシア侵入という歴史的大事件に際して発揮されたロシア人の民族性を、貴族社会と民衆のありさまを余すところなく描きつくすことを通して謳いあげた一大叙事詩。1805年アウステルリッツの会戦でフランス軍に打ち破られ、もどってきた平和な暮しのなかにも、きたるべき危機の予感がただようロシア社交界の雰囲気を描きだすところから物語の幕があがる。

内容(「BOOK」データベースより)

19世紀初頭、ナポレオンのロシア侵入という歴史的大事件に際して発揮されたロシア人の民族性を、貴族社会と民衆のありさまを余すところなく描きつくすことを通して謳いあげた一大叙事詩。1805年アウステルリッツの会戦でフランス軍に打ち破られ、もどってきた平和な暮しのなかにも、きたるべき危機の予感がただようロシ社交界の雰囲気を描きだすところから物語の幕があがる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 677ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102060138
  • ISBN-13: 978-4102060131
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,275位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/30
形式: 文庫
初めて読んだのは大学に入ったばかりの頃。それ以来何度読み返していることか。その度に感動して、生きることの厳しさと、人間愛を感じます。誰かを愛することで、人は辛い人生を生きていけるのだと、教えられるようです。私の一番好きな本です。今流行の「泣ける本」も良いでしょうが、ぜひこのスケールの大きな物語で感動の涙を流して欲しいものです。ロシア人の名前が覚えにくいので、はじめはページを行きつ戻りつのんびりと読めば、そのうち眠ることも忘れます(若い人は)。そして、きっと人生の友、或いは師となって読者を励ましつ続けてくれる、そんな大傑作だと思います。
コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 トルストイとドストエフスキーの違いは何か?それはトルストイが物語に「広がり」を求めたのに対し、ドストエフスキーは物語に「深さ」を求めた点だろう。
 広がりと言う点で「戦争と平和」はトルストイの作品としては最高のものだろう。ロシアを舞台に描かれるナポレオンの全盛の時代、英雄ナポレオンに対してロシアの人々はどのような感情を持っていたのか?作品中に、その答えは溢れている。
 よく戦争と平和は登場人物が多すぎる作品だ、ということを聞くことがあるが、本を読み進めていけばさほど気にはならない。舞台があちこち跳んだりはするものの、そのうち(一巻の半分ぐらいまでこれば・・・)本の世界観になれるだろう。そうなってしまえばスラスラと読めてしまう。
 トルストイの述べた英雄論「歴史上の偉大な英雄達は、民衆の代弁者に過ぎない」果たしてこの本を読み終えた人達が、これをどのようにとらえるのか?非常に興味深い作品だった。
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高校時代に一度読もうとしたが、意味不明で40ページにて挫折。去年にまた読もうとした。…が、400ページで挫折。それなら三度目の正直、今度は4000ページ読めるだろう、などと考え挑戦してみた。そうして今回ひとまず一巻だけは読了することができた。

なぜこの作品が過去の僕を含めおびただしい数の挫折者を生むのか、多くの人は、とにかく長いからだと答えるだろう。しかし僕はそうではないと思う。読んでみればわかるが、文章の一つ一つが非常に練りこまれており、尋常ではない重さを持っているのだ。全く理解できなかった高校時はともかく、400ページまで読めた去年に、僕はそれを実感した。そう、この文章のあまりの密度の高さが原因なのだ。

しかし、これは確かにこの小説の(挫折する人にとっての)短所であるが、読破できる人にとっては最高の長所となっているのだろう。僕自身この第一巻で、学ぶとは言わなくとも、何かつかんだものが確実にあると胸を張って言える。事実、いたるところに感銘を受けるシーンがある。例えばニコライ・ロストフのテリャーニンに対する一幕では、社会で生きていくためのあり方が示されているし、彼の戦場初体験のシーンにおいて、筆者は我々戦争とは遠い世界に住んでいる人間が、生涯分かるはずもないかもしれない感情を理解させてくれるのだ。

ベタ褒めしてしまっ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
世界文学の最高傑作と分かっているのに長すぎて読む気が起こらないという人は多いでしょう。私もその一人でした。

ただ『アンナ・カレーニナ』よりも『戦争と平和』の方が優れていると言ったサマセット・モームが提案するように、適当に飛ばして読むと案外スンナリ読めるものです。

私はボリスという登場人物(男)に興味を持ったので、ページをめくって、「ボリス」という文字が見えた箇所だけを選んで、取り敢えず話の終わりまでザッと読んでみましたが、それだけでも結構面白かったです。

彼はイケメンの没落貴族で、ヒロインであるナターシャの初恋相手なのですが、出世するには上司の上司にコネを作ることだと悟り、出世していきます。そして家運の傾いたロストフ公爵家のナターシャを諦め、ジュリイという貴族の娘と結婚します。で、そのジュリイはアラサーで婚期を逃していながら、今の自分は10代の頃より魅力が増したと勘違いしている女。で、そうなったのは兄たちがナポレオン戦争で亡くなり、莫大な遺産を一人で相続する立場になって、社交界で逆玉ねらいの男たちからチヤホヤされるようになったから……。

こういうリアルでシニカルな「トルストイ節」を私は好きですね。

この作品は長いだけでなく色んな人物が登場するので、どんな読者でも、感情移入出
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー