戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河 [DVD]

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,020
価格: ¥ 5,160 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,860 (26%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 5,160より 中古品の出品:5¥ 4,853より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河 [DVD]
  • +
  • 戦争と人間 第一部 運命の序曲 [DVD]
総額: ¥10,590
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 滝沢修, 芦田伸介, 浅丘ルリ子, 北大路欣也, 吉永小百合
  • 監督: 山本薩夫
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2005/12/09
  • 時間: 186 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BR2LPY
  • EAN: 4988103601279
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 139,313位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   五味川純平の大河小説を原作に、巨匠・山本薩夫監督が映画化した戦争超大作の第2部。満州国を建国してアジア侵略を進める日本軍部と抗日パルチザンの戦闘が激化していく中、伍代財閥は大規模なアヘン密売に手を染めていた。そんな中、五代家の次男・俊介(北大路欣也)は人妻・温子(佐久間良子)との恋に走り、次女・順子(吉永小百合)の愛する耕平(山本圭)は反戦運動に身を投じていく。今回はさまざまな者たちの愛に焦点が当てられ、それが激動の流れの中でいかに狂わされていくかが情感豊かに描かれていく。もちろん日本軍部や財閥の謀略といった闇の要素の描出にも怠りはなく、一貫して戦後反権力の作品を撮り続けながら、一方ではメロドラマにも才覚を見せていたこの巨匠の資質が大いに醸し出されたものに仕上がっている。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

軍国主義に突き進む動乱の時代の日本を舞台に、運命に翻弄される人々の姿を描いた、巨匠・山本薩夫監督が贈る大河映画作品の第二部。滝沢修、芦田伸介、浅丘ルリ子ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 SLマニア VINE メンバー 投稿日 2008/5/24
 山本監督は戦前は「母の曲」といった女性映画を多く手がけていた。成瀬巳喜男監督の弟子でもあった。戦後の作品群とは全く違うメロドラマが多く並んでいる。しかし、そういう積み重ねがあって、ここでの戦争下での恋人たちの苦悩も描けてのだと思う。
 私の好みからすると、やはり話の軸の一つ、伍代由介・喬介の兄弟がどういう行動するかというところをもっと出して欲しかったと思う。でも要所要所に登場して、話を締めている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「あたしたちにとって一番大切なことをあたしたちが決められないなんて」(吉永小百合)。この科白とタイトルである「愛と悲しみの山河」が指し示すように、本第二部では様々な男女の愛が、各々その試練のときを迎える。浅丘ルリ子と高橋英樹、吉永小百合と山本圭、北大路欣也と佐久間良子、栗原小巻と加藤剛そして木村夏江と地井武男など、どの挿話も見応え十分である。

分けても佐久間良子もこの色香は何だ。一面、西村晃との三角関係も含め団鬼六的な耽美・凌辱の世界さえほの感じさせる。ラスト近く西村晃と北大路欣也が擦れ違うシーンも心憎い演出であった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 第一部に続いて第二部も一気に見せてくれます。伍代俊介と標耕平が成長してきたので,前作でのロマンスに彼らの分も加えられメロドラマ色が強くなっています。さらにサスペンス絡みの場面もあり,興味深く見ることができます。いくつか気になる点を書くと,まず,第一部の終わりで高橋英樹の前で爆弾が破裂し彼の姿が見えなくなった(これは第二部のオープニングでも出る)ので,どうなったのかと思っていたら,怪我もなく変わらぬ様子で登場した点。これでは,前見た映像(演出)は何だったのかと思ってしまいます。意味がないですね。それと佐久間良子の演技(台詞)が,ある場面では過剰気味に見えました。女性(人妻)の心の揺れを表現するためなのか分かりませんが,思わず笑ってしまいました。あえて,そういう演技(台詞回し)をさせたのかもしれませんね。こういう気になる点も,自分には楽しみの一つとなっています。第三部へはどうつながり,どう完結するのか興味が尽きませんでしたが,第三部は第一・二部とは別物のようになっていました。三部作全てをご覧になった方には分かると思います。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
三部作中一番メロドラマ色が強いが、流石に左翼エンターテインメント職人・山本薩夫。何組もの男女が時代の流れに翻弄される様を同時並行で巧く描いている。中でも、東映カップル・北大路欣也と佐久間良子の不倫物語に力が入っているようだが、敵役・西村晃が上手いということでしょうねぇ。

歴史年表が鈴木瑞穂のナレーションで読み上げられるといかにももっともらしい。ただし、ある世代までには痛切な現代史でも、もう今の若者には平安時代や鎌倉時代と同じ位の昔話の世界。左翼にとっても右翼にとってもアジテーションが難しい時代になりましたなぁ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1971年作品、「スターウォーズ」サガと同等の量を擁す大河ドラマのエピソード3&4にあたる巻、時代背景は昭和11年(1936)の226事件前後、世界史が大きく大戦争の時代へ舵取りを変えてゆく前夜です、

第1作に続き浅丘ルリ子は後光が射すような美しさ、本作から登場の吉永小百合はそれほどきれいには撮られていない、特筆すべきは佐久間良子、画面から香りたつような人妻フェロモンには圧倒されます、当時未婚で30歳を過ぎたばかりでこのフェロモン横溢はいったいなんなんでしょう、本作の佐久間に比べれば現在の30前後の女優達は全員子供にしか見えません、北大路演じる伍代家次男の純情青年との不倫関係は姦通罪の存在した時代ならではの緊張感あふれるもので本作をメロ・ドラマとしても名作にしています、

本第2部は高橋英樹・浅丘、北大路欣也・佐久間、山本圭・吉永、加藤剛・栗原小巻という大スター4組にくわえ地井タケオとパルチザン女性、山本学・和泉雅子とそれぞれの恋愛模様が綴られた副題の「愛と悲しみ」に相応しい内容です、以上名前をあげた全員が現在もかつての美男美女の容貌を崩さずに大御所として活躍する現実には畏敬の念も感じます、

恋愛と交互に治安維持法の厳格な執行による左翼弾圧状況がかなりの時間をさいて描かれます、なぜこの昭和前期の時代に治安維持
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック