¥ 1,800
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦乙女の第一次大戦 戦史教室 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦乙女の第一次大戦 戦史教室 単行本(ソフトカバー) – 2015/5/29

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/5/29
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
¥ 1,800 ¥ 950
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦乙女の第一次大戦 戦史教室
  • +
  • 戦乙女の第一次大戦兵器教室
  • +
  • 速水螺旋人の馬車馬大作戦bis 黒本
総額: ¥5,700
ポイントの合計: 172pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介


1914年から1918年まで4年にわたり、世界を二分して繰り広げられた人類史上空前の大戦争、

第一次世界大戦。それは国家の総合力がそのまま戦力に反映された、史上初めての国家総力戦であり、

陸海空の新兵器、多数の新戦術が投入された巨大な「戦争の実験場」でもありました。

本書では列強各国を代表する戦乙女<ワルキューレ>たちが、

日本ではやや知名度が低い第一次世界大戦を初心者にも分かりやすく解説します。

マルヌ会戦、タンネンベルク会戦、ヴェルダン戦、ユトランド沖海戦、ソンムの戦い、

アミアンの戦いのような歴史に名を残す有名な戦闘から、コーカサス戦線、アフリカ戦線、イラク戦線、

ルーマニア戦線など副次的な戦線まで、マンガやイラスト、図版や写真多数を交えて紹介していきます。

特に戦況図版は単行本化にあたって35枚以上描き下ろしており、両軍の戦いが視覚的に理解できるようになっています。

第一次世界大戦の戦史に興味があるけど何か難しそう…そう思っている方におすすめの一冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

100年前、欧州を焼き尽くした史上初の国家総力戦の全貌。塹壕戦、火力戦、機動戦、浸透戦、戦車突破戦、上陸戦、艦隊決戦、潜水艦戦、空中戦…近代戦の原点となったWW1をイラスト・図版・写真満載で徹底詳解!列強各国を代表する戦乙女(ワルキューレ)たちが、日本ではイマイチ知名度が低い第一次世界大戦を分かりやすく解説。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 162ページ
  • 出版社: イカロス出版 (2015/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4802200242
  • ISBN-13: 978-4802200240
  • 発売日: 2015/5/29
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,298位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

所謂「萌え系ミリタリー」のジャンルに属する本ではあるのだが、なかなかどうして第1次大戦の概説書として良くできている。先行する類書に比べイラストが多く、視覚的に理解しやすいのも長所だろう。特に塹壕というものがどれ程の手間を掛けて構築され、攻撃側にどれ程の出血を強いるものなのかという点に付いて、本書程分かり易く解説した例を未だ知らない。
美少女のイラストや柔らかい文体がどうしても気に入らないというなら仕方がないが、「萌え系ミリタリー」というだけで敬遠するには惜しい良書である。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
萌え絵と文章というミリタリー関係最近流行りの組み合わせ。その中で第一次世界大戦というミリタリー業界でもファンが非常に少ない分野をテーマにしたのは評価してよいと思う。WW2の戦車やゼロ戦ばかりでは飽きてしまう。
第一次世界大戦といえば、オーストリア・ハンガリー帝国の皇太子がサラエボで民族主義者によって暗殺されてしまうサラエボ事件をきっかけにして、参加国の国々の指導者たちが「長くても数ヶ月で終わる」と思っていたものがこうなってしまったものだ、というのは比較的知られている。しかし、なぜ皇太子が暗殺されるとドイツとフランスとの間で戦争が起きるのかというのははっきりいってチト分からないことである。
本書はそれについてなるべく分かりやすくかつ丁寧に説明している。本書を評価するところはここに尽きるような気がする。他の部分の説明は比較的凡庸で、あくまで戦いを大まかに説明するだけである。しかし、開戦の経緯の説明はよくできていると思う。

しかし他の部分における解説は、ミリタリーファン向けの割にはちょっと物足りない。第一次世界大戦といえば映画「西部戦線異状なし」などでも知られる塹壕戦と毒ガスである。なぜ第一次世界大戦が塹壕戦で膠着し毒ガスの応酬になったのか。それは防御側が異常なまでに強くなってしまったからである。第一次世界大戦では攻撃側がたった1日で6万人も死ん
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
内容は「MC ☆ あくしず 」連載時をまとめただけですが、季刊誌で間隔が空き忘れかけていた内容を思い出すことが出来ました。
文体はともかく、ミリタリー雑誌連載だけに元々のテキスト内容が良かったのに加え、本巻では当時の写真が多数加えられることにより
優れたWWI戦史解説本に仕上がっています。

日本ではあまりなじみが薄いとWWI言えますが、今の世界観を作り出したのはWWI後とも言えます。
なぜWWIが起こったかから始まり、今のヨーロッパを知る上でもオススメできる一冊です。

レイアウトが崩れていたり、誤植が目立つ(当時のロシアを「ソ連」書いてある、地図上のルーマニアとブルガリアの表記が逆など)から
☆一つマイナスです。増版するときは再チェックをお願いしたいところです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
イラスト、写真、説明と見易いです。

大戦に関わった国、国王の紹介など結構細かくかかれていて、楽しめると思います。

ただ、この本少しサイズが大きいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告