¥ 4,104
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦中戦後 詩的時代の証言―1935‐1955 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦中戦後 詩的時代の証言―1935‐1955 単行本 – 2008/12


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 1,000
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

吉岡実は何を思って戦地へ向かったのか?田村隆一はどこで終戦を迎えたのか?戦後の詩による第一声はどこで発せられたのか?詩の新しい時代をつくりだそうとする若者たち、混沌のなかで詩を必要とした若者たち、ひとはなぜ詩を求めるのか―激動する詩の運動の現場に立ちつづけた著者が、自らの体験を軸に若き詩人群像を生き生きと描きだす。埋もれていた珠玉の作品も多数収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

平林/敏彦
1924年横浜市生まれ。戦中に詩作をはじめ、「若草」「文芸汎論」「四季」などに発表。戦後、同人誌「新詩派」「詩行動」「今日」を創刊。第一次「ユリイカ」創刊同時の編集に携わる。詩集に『磔刑の夏』(93年、第五回富田砕花賞)、『舟歌』(2005年、第二十三回現代詩人賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 367ページ
  • 出版社: 思潮社 (2008/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4783716498
  • ISBN-13: 978-4783716495
  • 発売日: 2008/12
  • 梱包サイズ: 19.4 x 13.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 868,018位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。パソコン 中古中古 ぱそこん中古 パソコン 激安写真用紙 l判