戦う!書店ガール DVD-BOX がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 特製しおり付属しています。写真でご確認ください★送料無料 24時間対応★ 返品保証にも対応しておりますので、ご安心してお買い求めください。★ご覧頂きありがとうございます。本商品は【中古良品】です。付属品すべて完備しております。★BOXケース・盤面・ケース・:非常にきれいです。★商品はクリスタルパックに包み大事に保管されておりまして、ご注文後、Amazon配送センターより【迅速】に発送致します。★Amazon専用在庫のため、【在庫切れはございません】のでどうかご安心下さいませ。★ご注文を心よりお待ちしております。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 14,980
通常配送無料 詳細
発売元: 毎日発送・お急ぎ便・ギフト対応・丁寧梱包・メディアベリー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

戦う!書店ガール DVD-BOX

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 20,520
価格: ¥ 14,986 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,534 (27%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 14,980より 中古品の出品:7¥ 11,627より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 戦う!書店ガール DVD-BOX
  • +
  • ダークシステム 恋の王座決定戦 [DVD]
総額: ¥24,509
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 渡辺麻友, 稲森いずみ, 千葉雄大, 大東駿介, 鈴木ちなみ
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2015/09/16
  • 時間: 415 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00Z5ZJSHQ
  • JAN: 4988013355088
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 65,503位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

仕事も恋も譲れない! “働き女子"のプライドが激突
水と油の2人が織りなす“ウーマンライフドラマ"

[内容解説]
舞台は老舗書店「ペガサス書房」。
ネット書店の台頭などから、書店が経営的にも厳しさを増している中、
本に救われた経験をもつ、書店員の北村亜紀(渡辺麻友)と副店長の西岡理子(稲森いずみ)が主人公。
「結婚より、仕事や夢! 」気が強くて自由奔放な亜紀と、仕事にプライドを持って働くうちに婚期を逃してしまった理子。
ふたりの間にあるのは・・・23歳と40歳という世代間ギャップ。
「コネ入社のお嬢様」と「たたき上げの苦労人」という境遇の違い。
そして異なる性格や経験から生まれる、仕事や恋へのアプローチの違い。
何かと異なる“水と油"の2人が、仕事、恋愛、人生と果敢に「戦う」姿を、痛快に描きます。

全9話

[特殊内容/特典]
【特典映像】
■ペガサス書房 吉祥寺店 最終ミーティング
■クランクアップ集
■ティザーPR+ポスター撮影メイキング
■主題歌『出逢いの続き』Music Video
(ドラマ「戦う! 書店ガール」スペシャルver.)メイキング
■働き女子のプライド激突! 「戦う! 書店ガール」 開店直前スペシャル
■PR集
【封入特典】
■戦う! オリジナル立ち上がるしおり


[スタッフキャスト]
【キャスト】
渡辺麻友(AKB48)
稲森いずみ

千葉雄大
大東駿介
鈴木ちなみ
伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

マキタスポーツ
木下ほうか
濱田マリ

井上順

田辺誠一

【スタッフ】
原作:碧野圭「書店ガール」シリーズ(PHP文芸文庫刊)
脚本:渡辺千穂
音楽:横山克
主題歌:渡辺麻友「出逢いの続き」(ソニー・ミュージックレコーズ)
挿入歌:SOLIDEMO「Girlfriend」(avex trax)
演出:白木啓一郎、木内健人
プロデューサー:山下有為 沖貴子 松井洋子
制作著作:関西テレビ放送



[発売元]関西テレビ放送

(C)2015関西テレビ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

20代と40代の“働き女子"が仕事や恋愛、人生と果敢に戦う姿を描いたウーマンライフ・ドラマのBOX。ペガサス書房の吉祥寺店で副店長を務める西岡理子。彼女は異動して来た北村亜紀の相手が誰であろうと物怖じしない性格に面食らう。全9話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazonカスタマー トップ500レビュアー 投稿日 2015/6/15
私は学生時代に本屋でバイトをしていたので、本作を観るにつれこみ上げてくる懐かしさも手伝ってか、
毎週楽しみに観ていたのですが、視聴率が奮わないというネットでの報道をみて
「自分が元本屋店員だからひいき目に観ていたのか?」と思ってしまっていました。
しかし皆さんのレビューをみるに、どうやらそうではなかったようですね。

本作の魅力はなんといっても稲森いずみさん演じる「りこ」と渡辺麻友さん演じる「あき」の二人が
仕事に対して真摯に向き合うその姿でしょう。
本が、そして本屋が本当に大好きで、より多くの人に本の魅力を伝えたい、と頑張る二人の姿は
観ていて気持ちが良く、特に渡辺麻友さん演じる「あき」のポジティブさはイチ社会人として
見習うべきものがあるとさえ思いました。

私は特にAKBファンというわけではないのですが、「あき」のキャラクターに渡辺麻友さんの笑顔は
ぴったりだったと思います。

シナリオ的には主人公二人の恋愛が右往左往して、ちょっとまとまり感がなかった面もありますが、
まあそれはあくまで「仕事」を描いた本筋とはあまり関係なかったのでヨシとします。

本当に毎週楽しみに観ていたので「打ち切り」となってしまったの
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 「子供に本を読ませる方法」というのを二つ聞いたことがある。

 一つは、「子供に大きな本棚を買い、それを埋めることを目標にさせる」というもの。
 全部埋まるころには本を読む習慣が自然につく、というものだ。

 「なるほどな」と思ったけど、それ以上に納得させられたものがある。

 それは、「大人が本を読んでいるのを子供に見せる」というもの。

 親が読んでいないのに、本を読め、といわれても反発するのは当然だし、何よりも強制的に読ませたところでそんなものを好きになることもない。
 だから、まず大人が楽しそうに読んでいるのを見せなければいけないというものだった。

 こんな関係のないことをいきなり書いてしまったのは、このドラマに対する評価などを聞いて、そのことが頭に浮かんだからだ。

 視聴率やネットの声がすべてだとは思わないけど、駆け足の終わらせ方をみていると、創る側は続ける価値がないと判断したんだろう。

 それを見て、子供はどう思うだろう?

 たとえ見ていないとしても、そんな大人たちの対応をみて、果たして子供たちが「本屋へ行こう」という気になるだろうか?

 たぶんそうは思わないし
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
インターネットの普及により店舗で買うよりも価格の安いオンラインが主流になった現在。

私もCDやDVD、ブルーレイ、本やゲームなどをネットで沢山買います。(ほとんどアマゾンさん)
買う側にとっては価格が安い訳ですからプラスしかないが、店舗からしたらマイナスでしかない現状。
そーいう色々な事を考える機会を与えられた作品でした。

最終話のイベント企画はまさにネットでは出来ない、店舗でしか出来ない形を提示していた。
立地条件でも新宿、渋谷、池袋などではなく、吉祥寺という立地条件が商店街との関係性やつながり、そして協力して地域を盛り上げていく姿なども描かれていた。

低視聴率で打ち切りになってしまった本作品ですが、充分に良いドラマだったと思います。
私も販売業をした事があるので共感できる部分も沢山ありました。

AKBに興味はなく渡辺麻友サンにも興味はなかったが、一生懸命さが感じられました。まゆゆ好きになりましたね。

低視聴率だからといって制作側やキャストさん達が力を抜いて仕事をしているのか、、、
どのドラマにも言える事ですが皆サン本当に一生懸命演じています。視聴率はあとからついてくるものですが、どの制作者もキャストさんも一生懸命作品に向
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ばらんす 投稿日 2015/6/10
非常に残念。
視聴率が悪いために9話で終わってしまいました。

私はこのドラマだいすきでした。
職業柄アイデアを出す方法、仕事をする上でのチームワークや
アイデアを出すヒントなどいろんなことをこのドラマで
勉強になったのに。。。正直なぜこんなに面白いのに
視聴率低下なのかがどうしてもわからないです。

毎週ほんとに楽しみでした。
吉祥寺書店がどうなって行くのか、北村さんの成長や
りこさんがどんな決断でどんな行動とるのか
毎週楽しみで楽しみでした。

おそらく2話分くらいかな?あったと思いますがその間に
田代さんとりこさんがどんな風な作りになったのか
もはや謎のままに終わってしまったのが残念。

接客業してる方は是非みてもらいたい作品です。
いろんなためになること描いた作品であると思います。

正直自分はアンチまゆゆでした。
どうしてもすきになれなかったのにこの作品でいい方向で
彼女に好意も持てた作品なのに。。。

世の中がどんな作品を求めれば高視聴率になれるのか
もはや自分がマイナー趣味なのか。

昨日の最
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す