¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦うコンピュータ(V)3―軍隊を変えた情報・通信テ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦うコンピュータ(V)3―軍隊を変えた情報・通信テクノロジーの進化 単行本 – 2017/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/1
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 4,535

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦うコンピュータ(V)3―軍隊を変えた情報・通信テクノロジーの進化
  • +
  • 【ミリタリー選書27】BMD〈弾道ミサイル防衛〉がわかる 増補改訂版 (いま、すぐそこにある最大の脅威に備えよ)
  • +
  • 石川潤一の軍用機ウエポン事典 (基本知識から実践・応用編まで、軍用機ウエポンを詳しく知るための本)
総額: ¥7,084
ポイントの合計: 175pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

センサーと衛星を介した高速リンクで陸海空の最前線から本国司令部まで正確・迅速な情報の収集・共有を可能にした情報通信テクノロジー。ハードウェア主導からソフトウェア主導へ、進化と変革を続けるウエポン・システムを徹底解説する“ミリタリーITの教科書”全面改訂版バージョン3。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

井上/孝司
テクニカルライター。1966年生まれ。マイクロソフト(株)などを経て、1999年春に独立。当初はIT関連分野で書籍・雑誌記事などの執筆からスタートしたが、IT教育分野やゲームソフトの監修などにも進出。その後、鉄道を初めとする運輸・交通分野や、軍事・安全保障分野にもテリトリーを拡大(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 454ページ
  • 出版社: 潮書房光人社 (2017/01)
  • ISBN-10: 4769816383
  • ISBN-13: 978-4769816386
  • 発売日: 2017/01
  • 商品パッケージの寸法: 21.3 x 14.8 x 3.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,673位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2017/2/5
Amazonで購入
戦うコンピュータ2011を見直し、バージョンアップしてVer3になりました。
軍事に利用されるICTについて、テクニカルライターとして分かりやすく解説しているのが魅力です。
技術的にあまりにも細かいことは敢えて記載せず、Webや雑誌で気楽に読める程度の平易さで記述されています。
特に、ざっくりとした説明を口語体で行うのが著者の特徴なので、海外の動向やシステムの名称が続いたとしても、ふんふんそんな物かと思って読めるのがスゴイところです。
内容としては、情報収集・監視・偵察、作戦発起と兵站支援、プラットフォーム(航空機、航法、無人機など)、兵装の照準と発射、電子戦、ウェポンシステム、通信インフラ、指揮統制システムとあらゆる分野に渡ります。
著者の著作としてはキンドル版で
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック