この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

我輩はカモである [DVD]

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 492より

この商品には新しいモデルがあります:

我輩はカモである [DVD]
¥ 933
(8)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: グルーチョ・マルクス, ハーポ・マルクス, チコ・マルクス, ゼッポ・マルクス
  • 監督: レオ・マッケリー
  • 形式: Black & White, Limited Edition
  • 言語: 英語, スペイン語
  • 字幕: 日本語, 中国語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2006/10/12
  • 時間: 66 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000G7PS7C
  • JAN: 4582131181606
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 141,779位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

マルクス兄弟による抱腹絶倒のコメディ。架空の国を舞台に独裁政治が招くハチャメチャな破滅劇を、アナーキーなギャグの連続で皮肉たっぷりに笑い飛ばす痛快作。“ベスト・ヒット・コレクション¥980”。

内容(「Oricon」データベースより)

国の財政難をきっかけに宰相となった男が様々な事態を引き起こすハチャメチャコメディ。主演はマルクス・ブラザーズ。「ベスト・ヒット・コレクション ¥980 第4弾」対象商品。初回限定生産。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

僕はMr.Booのマイケルホイのリスペクトする映画ということでずっと興味があったんで

廉価版が出たのを機会に買ってみました

わかりました

なるほどナンセンス喜劇の原点だす

なかなか面白かったです

ただ、屋台のおっちゃんをいたぶる場面はちょっとやり過ぎな気がしましたが・・・

アレは可哀想過ぎて笑えなかった

ま、そんなわけで内容はまずまず期待通りなんですが

何がダメって

字幕が最低でした

海外ではよくあることらしいのですが

二人分の台詞が同時に出たり

長い文章を分けずにずらーっと出したり

あまりにも読みにくい

訳もなんか微妙だし・・・

たぶん、字幕がちゃんとしてたら倍面白かったのではないかと思います
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
コメディの名手でも或あるレオ・マッケリーが手掛けた傑作中の傑作。
スクリュー・ボール・コメディ&戦争Disり映画の最高峰。
俺は戦争を笑い飛ばしてくれる映画が大好きだ。
たった1時間余りでところせましと笑わせてくれるマルクス兄弟の馬鹿さ加減。
最高に破壊的な馬鹿の集まりだ(大絶賛)。
空襲で崩れ落ちる瓦礫は、同時に我々の腹筋が崩れ去る時の音でもある。
笑いのためなら何でもかんでも、この世に存在するありとあらゆるものをギャグに変えてしまうのだろう。
いつの時代もギャグのセンスだけは変わらない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/4
しゃべりと動きの笑いがちゃんと入ったコメディ。
だが、ギャグのためのギャグばかり、動機がないギャグが殆どで笑えない。
ギャグの原型はたくさん入っているがそれがどうつながり、
どうストーリーに乗って行くのかは考えられていない。
不必要なギャグは、笑いを邪魔する。

フリードニア共和国なる架空の国を舞台に、末弟ゼッポを含むマルクス四兄弟が国盗りごっこを繰り広げる。
財政難に陥った同国は富豪のディスデル夫人の援助なしには立ちゆかないが、彼女は愛人のルーファス(グルーチョ)が
宰相になるのを条件にそれを承諾。この政変の隙に隣国の大使トレンティノ(L・カルハーン)はフリードニア乗っ取りを企み、
チコリーニ(チコ)とピンキィ(ハーポ)のスパイ・コンビを送り込むが、そのチコリーニが陸軍大臣にされ、
トレンティノ自ら乗り込んで夫人との政略結婚を狙うのだが……。

面白いのはハーポの何でもはさみで切ってしまう奴という設定。でもその設定にが最後まで通らない。使い方が中途半端。
真ん中に鏡がある見立てで役者が対峙して、同じ動きをするギャグは、ヴォードビリアン時代の持ちネタか。

ひどい字幕は補正しながら見ていたが、どうしてこれが最高傑作なのだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す