通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
我が逃走 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー裏面のそでが折れています。カバーにヨレがあります。●記載のない限り帯・特典・チラシなどは原則付属致しません。●チェック済みですが、見落とし等数ページに書き込み・ライン引きがある場合、中古品のため多少の使用感、折れ、紙焼け、シミ、匂いなどがある場合がございます。併せて予めご了承くださいませ。●万が一品切れの場合はお客様にその旨をご連絡させて頂きましてこちらでキャンセル手続きをさせて頂きます。●発送は通常2営業日以内、主にゆうメールによるポスト投函となります為、到着までは日曜、祝日を除く2~4日程度かかり、配送日や時間の指定はご利用いただけません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

我が逃走 単行本(ソフトカバー) – 2015/5/27

5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 286

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 我が逃走
  • +
  • お金が教えてくれること  ~マイクロ起業で自由に生きる~
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ひきこもりから瞬く間に「IT長者」へ…ロングセラー『こんな僕でも社長になれ
た』を凌ぐ、その後の転落・逃亡・孤立を巡る物語。
堀江貴文さん、末井昭さん、の子さん熱く推薦の一冊!

内容(「BOOK」データベースより)

ひきこもりから瞬く間に「IT長者」へ―驚愕のロングセラー『こんな僕でも社長になれた』を凌ぐ、その後の転落・逃亡・孤立を巡るどん底物語と、都知事選の裏側、そして“いま”を克明に描く衝撃作、満を持して刊行!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 336ページ
  • 出版社: 平凡社 (2015/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582824773
  • ISBN-13: 978-4582824773
  • 発売日: 2015/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 108,317位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
この業界では著名な家入さんですが、この本を読むと、素朴な人柄の方なのだなと感じました。

この手の成功者はホリエモンのような超合理主義であったり、ジョブスやイーロン・マスクのような強烈な個性・リーダーシップの持ち主が多そうなイメージですが(ランクは違いますね)、この本で語られている家入さんはリーダーシップや決断力があるわけではなく、周りに助けられてここまで来たように書かれています。

その辺りを素直に表現できることが家入さんの魅力なのでかもしれません。
企業を目指す方にも為になる本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 吉田 功 投稿日 2015/8/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
IT業界のたいへんさの一端はわかりましたが。浮き沈みがあるけど、成功しました物語。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 el10106 VINE メンバー 投稿日 2015/7/1
形式: Kindle版
ある程度のエピソードは知っているが、やはり家入さんは面白い。

強すぎるコンプレックスが、金の魔力と複雑に絡み合って、栄光からどん底へと真っ逆さま。
そんな絶望から少しずつまたリスタートする彼の姿は、単純に興味深いですね。

何より、この本の主役は秘書の「内山さん」だと思います。
内山さんがほんと素敵すぎて泣けてくる。
純粋に会って話してみたい。
一度離れて、数年後にまた秘書になるというのも面白い縁ですね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
家入氏の著書は何冊か読んでいますが、「こんな僕でも社長になれた」や「ぼくらの未来のつくりかた」「お金が教えてくれること」「もっと自由に働きたい」などとは異なる文章の綴り方をされています。淡々としていて日記というか、人生のメモがてらに書き残しておいたものを掘り起こして、繋ぎあわせて、最後にまとめたような、そんな印象を受けました。家入氏の著書の中で読了までの時間を要する本はこれが初めてです。それほどにつまらない。このつまらないというのは良い意味で「実際は皆の人生もこんなものでは?」ということです。

2011年頃から起業ブームが熱を帯び、今の20代前半は「やれ起業だ」「上場だ」「これからはノマドだ」「個の時代だ」「新しい働き方だ」と勢いだけで進んでます。でもね、それって本当に薄っぺらなんですよ。中身がない。今の20代で起業だどうのこうのと言っている人を俺は信用できません。

恥ずかしながら私は若くして起業して失敗した身です。不幸に不幸が続き、お金は底を付きた上、詐欺に遭い、人を一切信用できなくなりましたが、それでも「俺ってどうにかなるよ」と思ってます。皆そうではないですか?「どうにかなる」て心の中で思いながらも本当はかなり焦っていませんか?僕は今、ドン底にはいませんが、どうにも這い上がれません。そもそも厳しい額の借金苦なんだけど。
...続きを読む ›
2 コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yg 投稿日 2015/8/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
ツイッターなどで遠くから見ている分にはわからなかったけど、なかなか大変な生活をされているようで、健康面で心配になりますが、勇気をもらえる内容で、自分を信じる力が湧いてくる内容でした。あと、大人になっても人と会うのが億劫になって引きこもり出す所は、福岡の人っぽいな〜と思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「こんな僕でも社長になれた」の続編的な位置付け。
株の売却で数十億円という大金を手にしながら、それを2年間で使い切るという豪挙。
お金目当てで寄って来る人間達に振り回されたり、カフェ事業が決壊したり、
再びどん底の期間に落ち込んだり。
そして、そこから「新しい居場所作り」をテーマに動き出して行くまでの過程。赤裸々です。
端的に言うと、この本には「人間味」が凄まじい濃度で凝縮されて詰まっているような、そんなエネルギーを感じます。
普段はあまりレビューを書かないのですが、この本には思わず書いてしまいました。

家入一真という人間のストーリーはこの後、どういう展開を迎え、どういう締めくくりを迎えていくのか。
そして自分という人間のストーリーはこの後、どういう展開を迎え、どういう締めくくりを迎えていくのか。
家入一真氏には、起業家としての能力や魅力だけでなく、絶大な「タイミングをつかむ力」「他者を惹きつける力」があると、読んでいて強く感じます。
振り返って自分には何かがあるだろうか、それとも無いだろうか笑、などと思案しつつ、
この本に感銘を受けた事実を記したく。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー