通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
我が家のお稲荷さま。 1 (電撃コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 『カバー上の値札等のシールは除去済みです!』我が家のお稲荷さま。。中古商品。背表紙の色褪せもなく綺麗です。クリーニングを行い、迅速にお届けいたします(付録付きの商品の場合、付録は付属しておりません)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

我が家のお稲荷さま。 1 (電撃コミックス) コミック – 2007/11/27

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 我が家のお稲荷さま。 1 (電撃コミックス)
  • +
  • 我が家のお稲荷さま。 (11) (電撃コミックス)
総額: ¥1,232
ポイントの合計: 81pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ヒトとアヤカシが紡ぐイマドキの御伽噺
世にも美しき天狐の舞をご覧あれ!

その昔、「空幻」という大霊狐が三槌家の守り神に祀りあげられた。
あらゆる術を操る賢しい狐だったが、同時に悪戯が大好きで悪辣な所業を繰り返し、
業を煮やした三槌の司祭は、空幻を裏山の祠に封印してしまう。
やがて現代、夢の中で未知の妖怪に「名前」を聞かれてしまい、
命を狙われることとなった三槌家の末裔・高上透を護るため、空幻が解封された。

第10回電撃ゲーム小説大賞にて《金賞》受賞のほのぼの日常劇。
コミックを描くは第3回電撃コミックグランプリ・
アンソロジー部門《準グランプリ》受賞の期待の新鋭。


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: メディアワークス (2007/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840241120
  • ISBN-13: 978-4840241120
  • 発売日: 2007/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 小説が原作のコミックス化と言う事ですが、なかなか面白かったです。

 どうしてもコミックス化と言うと、原作に比べて評価が落ちる漫画が多いと思いますが、この作品に関しては成功の分類に入るのでは無いでしょうか。

 内容としては、代々水気をまとう家系に生まれた兄弟が他のあやかしに命を狙われるのですが、その昔に封印したお狐様に力をかりて守護してもらい、そのまま現代で一緒に暮らす事になる……と言う現代ファンタジーの王道とも言える内容。

 ただ、原作の方は10巻近く続いているようで、王道を自分流に昇華させ、読者を獲得していると言う事は、オリジナリティーのある内容なのでしょうね。

 コミックスも、その原作のオリジナリティーを引き継いで行けば、結構買い続ける漫画になっていくのでは無いでしょうか?

 この一巻だけ見ても、作者の画力には問題もないし、内容も面白かったのでこのまま続いてもらいたいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いよいよ発売となりました、我が家のお稲荷様コミックver!

原作のほのぼのした空気をしっかり再現しつつ、松風水蓮さんの綺麗で可愛い絵も手伝って
非常に魅力的な作品になっています。
 
原作好きの方、またそうでない方も買って損はしないはず。
この漫画を読んで冬を暖かく過ごしましょう!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 9675 投稿日 2007/11/28
形式: コミック
原作のよさを再現できている、稀有な漫画なので、安心して購入できます。
そして、原作のストーリーがいいからなのか、松風さんの描き方がいいのかはわかりませんが、ページ数以上の読量感が得られたことも付け加えておきます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Kaki_04 投稿日 2008/9/1
形式: コミック
原作ラノベは未読だけど、絵も丁寧でストーリーも分かりやすく、楽しめる漫画
だと思う。基本的に「ほのぼの」×「五行囃」×「ギャグ」(?)といった感じで、
何の変哲もなさそうな現象をコウちゃんが悪霊の仕業として暴走(?)する場面は
クスリと笑える。

天狐のクーちゃんは長年封印されていたということで、いまの社会について興味
津々のご様子。今後、どんな災いが主人公たちを襲って、クーちゃんやコウちゃん
がどんな活躍をみせてくれるのか、非常に楽しみ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告