通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
我が妹は吸血鬼である (電撃文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

我が妹は吸血鬼である (電撃文庫) 文庫 – 2013/6/7

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2013/6/7
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1

この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 我が妹は吸血鬼である (電撃文庫)
  • +
  • 我が妹は吸血鬼である (2) (電撃文庫)
総額: ¥1,232
ポイントの合計: 40pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

六年前、吸血鬼に襲われ妹を失った笹森総一郎。以来、復讐の鬼となった彼は吸血鬼討伐機関・聖ストア騎士団の一員として戦い漬けの日々を送っていた。そんなある日、笹森の小さなアパートに届いたダンボール箱。そこから飛び出したのは吸血鬼と化した幼き妹だった!吸血鬼を狩る立場にありながら始まってしまった妹との同居生活。しかも彼女は…血を見ると卒倒する血液恐怖症(主食は牛乳)、アニメや特撮は実況スレに張り付いて視聴するネット中毒者、日曜朝は眠い目をこすってSHTを堪能するという実に奇妙な吸血鬼だった!生真面目な兄とオタクな妹、両極端な2人の庶民的ヴァンパイアストーリー!!


登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048916793
  • ISBN-13: 978-4048916790
  • 発売日: 2013/6/7
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 884,429位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

新人作家が満ち溢れるやる気を技術不足が原因で持て余した見本のような作品と言うか…未熟さを感じる部分が多過ぎ

六年前に吸血鬼に攫われ生き別れになった妹と復讐の鬼になって吸血鬼狩りの騎士団に入団した兄の再会の物語
六年という時間の経過を経て立場も考え方もかけ離れてしまった二人が必死で「家族の絆」を取り戻そうとする展開は
まあ良いとして、要らない要素をあれこれ詰め込み過ぎて肝心のテーマがボヤけてしまったのがいかにも新人らしい

例えば吸血鬼である妹のオタク趣味であるとか、やたらとマイナーな地名が出てくる埼玉県西部のローカルネタであるとか
ほんのちょっぴり入れれば良いだけの「ネタ」をこれでもかと詰め込みまくって本来メインテーマを書く事に注ぎこむべき尺を
ネタにばっかり奪われるという本末転倒な事になっている

設定も吸血鬼狩りの騎士団の日本支部が設立に至るまでの過程や吸血鬼の王国や王の血統の話などの話の根幹に当たる設定の部分、
兄が騎士になるまでの過程や物語中で大きな役割を果たす騎士団長やその娘と一つ屋根の下で過ごした時期の話など人間関係の背景として
もっと細かく突き詰めて書く部分がざっくりとしか書かれていないのでキャラクター間の確執や葛藤という人間ドラマとしての根幹の部
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まぁ、手順を追って評価していきましょう。 まず、購入動機 昔にある薄い本を探しているとゾンビの妹がレ…ゲフンゲフン まぁ、そんなのがあったのですが、それの元ネタだと勘違いしたんですねw 2つ目 単純に絵がよかった 3つ目 ロリに飢えていた 4つ目 ネタ多目で良さげだった 個人的に戦闘がメインだったりするのは 王道中の王道「主人公は負けない設定」によって先が読めやすいからあまり好きではないのですね 対してこちらはネタが多くあり、はっきり言って飽きないです 作中に登場するネタの元ネタを全部知っている自分は特におもしろく感じたのかもしれませんね。 ただし、先のレビューのように詰め込んだ感はありますね 自分はそこが好きなのですがね 戦闘がメインである そこまでの具体的な成行 所々に細かい欠けがあるのも僻めないでしょうね 個人的には細かい設定をズラズラ並べられるより、おおよその設定と追想なんかを挟んだ形でネタに走るのが好みなんで、この作品は万々歳でした 戦闘系ラノベラーの方は先の2の舞いになってしまうかもしれないのでご注意を。 我が妹は吸血鬼であるの2巻の予定はあるのでしょうか? というか本気で続編を希望したいです。 あと何故かこれを読んでいたらラノベの 「ニート吸血鬼江藤さん」を思い出しました あれも結構好きだったんですがね… まぁ、それはさておき 新人と言うことで誉められるより問題点を指...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告