通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯無し】【書込み・線引き:無し】背表紙に色褪せ、表紙に緩い折れ跡がありますが、本紙面に汚れや折れなど無くとても良好な状態です。('◇')ゞ◆防汚・防止対応の為OPP封入しております。◆1~2日にて封筒封入し『ゆうメール便』にて発送致します。基本的に毎日発送しております!【以下必ずお読み頂き予めご了承ください】◆全品簡易クリーニング済み。◆『 帯 』の状態は、コンディション考慮外ですので一部破れやスレなどある場合があります◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。◆Amazon専用在庫につきキャンセルはございません。◆『万一、Amazonコンディションガイドに外れるような不具合』等がございましたら 『 メール 』 にてご連絡をお願い致します。対応させて頂きます。 ※購入者様都合でのキャンセルや返品につきましては、発送・返品とも購入者様【送料】負担となりますので予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/25

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,728
¥ 1,676 ¥ 286

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー
  • +
  • モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

 第一人者のアナリストが、自動車メーカー8社の実力を、6つの視点から徹底分析して採点! 最高益を更新したトヨタの好調は続くのか? 新興国市場の勝者は?
 国内自動車各社の復活劇の背景を追い、長期的な外部環境のロードマップを示した上で、2020年の「勝ち組」を明らかにします。

 現在の国内自動車産業は、様々な苦難を乗り越えて、絶好調ともいえる復活劇を演じています。この成果が固有の競争力に支えられた真の姿であるならば、何も案ずることはありません。だが、果たしてそうでしょうか。
 日本車の世界市場シェアは今でも低迷が続き、斬新な技術、商品力で際立った存在感を示すには依然至っていません。斬新なイノベーションの多くは欧州自動車メーカーが生み出しており、米国情報通信産業という異業種からの侵攻も激しくなっています。
 こうした厳しい環境の中で、日本の8大自動車メーカーは生き残っていけるのか。長期的に展望します。

<本書の内容>
第1章 2020年 世界の自動車産業の未来図
1 日本の自動車産業の復活は本物か
2 欧州自動車戦略との戦い
3 日本車メーカーの反撃
第2章 要素技術はどう変わるか
1 新設計プロセスの台頭
2 環境技術の本命は何か
3 燃料電池車の虚像と実像
4 安全技術の転換点――自動運転技術の進化
第3章 徹底比較 2020年の8大自動車メーカー
1 2020年度の競争力を測る
トヨタ自動車――どのような外部環境でも持続的な成長が可能に
日産自動車――ルノーとの協業でシナジーを維持
ホンダ――技術力の引き上げが競争力向上のカギ
富士重工業――高収益持続も北米偏重で不安
マツダ――地道な経営基盤の強化が実を結ぶ
三菱自動車――着実に改善を続けるが再建道半ば
スズキ――インドに続くアジアの柱構築が急務
ダイハツ工業――国内市場の減衰を新興国でカバーしきれず
2 2020年度の国内自動車産業の姿
第4章 トヨタ、日産、ホンダ――拡大する主力3社の差
1 トヨタ自動車――宿命づけられた持続的成長
2 日産自動車――アライアンスの総仕上げへ
3 ホンダ――危機をばねにできるか
4 成長に立ちはだかる品質問題
第5章 マツダ、富士重工、三菱自動車――二番手メーカーの生き残り策
1 マツダ――独自のエンジン開発が切り開く未来
2 富士重工業――勢いを「本物の実力」に変えられるか
3 三菱自動車――「カムバック後」の難路
4 拡大するアジア市場の攻防
第6章 スズキ、ダイハツ――軽自動車メーカーが進む道
1 スズキ――「インドのトヨタ」を目指す
2 ダイハツ工業――インドネシアの巨人へ
3 「ガラ軽」から「クール軽」へ

内容(「BOOK」データベースより)

6つの視点から徹底比較!8大企業の生き残り策は?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2015/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532320194
  • ISBN-13: 978-4532320195
  • 発売日: 2015/7/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 50,763位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2016年7月8日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月13日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月19日
形式: Kindle版|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告