成恵の世界 (6) [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: B-company【年中無休・アマゾン専用在庫のため在庫確実】
カートに入れる
¥ 4,438
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

成恵の世界 (6) [DVD]

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 2,700 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,564 (57%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ベタープライスショップ【土日祝毎日発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,506より 中古品の出品:11¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 成恵の世界 (6) [DVD]
  • +
  • 成恵の世界(5) [DVD]
  • +
  • 成恵の世界(4) [DVD]
総額: ¥5,018
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 能登麻美子, 阪口大助, 千葉紗子
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: メディアファクトリー
  • 発売日 2003/11/22
  • 時間: 55 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000DJW36
  • EAN: 4935228997541
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 141,587位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   どこにでもいるようなごく普通の中学二年生・飯塚和人。ある日、捨てられていた犬を拾おうとしたところを止めに入った少女は、和人の目の前で犬をバットで殴り始める。が、犬の正体は宇宙忍者、少女は成恵と名乗る一見普通の中学生だったが、実は彼女自身も宇宙人だった。
   衝撃の出会いに和人は成恵に心奪われ、2人は交際を開始、宇宙人だろうが地球人だろうが気にしない、2人のラブストーリーが展開する。互いに異性と付き合ったことがなく、さらに成恵は自分が宇宙人だからという理由からこれまで友人を作っておらず、極めて初々しい態度がなんとも微笑ましい。(田中 元)

内容(「Oricon」データベースより)

宇宙人と地球人のハーフの少女が活躍するTVアニメ「成恵の世界」のDVDシリーズ。第11、12話収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「小さな結婚式」はハートウォームな良くできた話だと思うのですが、問題点がひとつ。原作では別のエピソード(名作です)で出てきた成恵の作文を最後に持ってきているのですが、違う話に持ってきたためにニュアンスが違ってしまっています。成恵の母への思いを書いた非常に感動的な作文だけに(和人じゃ無くても泣けます)、こういう扱いをして良かったのかどうか疑問です。なんとかこの作文を使いたかった、というのは解るのですが。
「祭りの夜」は、舞台と成恵の浴衣以外はほぼアニメオリジナル。個人的には、原作の祭の話のままでも十分シリーズの掉尾を飾るのにふさわしい、感動的な話になったと思いますが、ま、サービス、という事ですか。四季ちゃんも出てこなかったことだし、もしかしたら有るかもしれない次のシリーズに期待しましょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
庶民派SFラブコメディの決定版のあおりで登場した本作がついに終了。
いまどきのアニメとしては実になんとも、プラトニックな中学生の恋愛模様を描ききった最終回でした。ハガユイ感じのラブラブっぷりが逆に気持ちいい。
1話以来、触りもしなかった宇宙忍者が最終回で再登場、なんともそぐわない感じのバトルに終始なるのかと思いきや…。
なるほど、こうくるかいってもんです。
原作物のアニメとしては、ある意味見事に終わらせたと言えるかもしれません。
原作ファンは気に入らないかもしれませんが。オススメ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 成恵とその仲間たちの手作りによる、春名(ハルナ)と島田オーナーとの結婚式を取り上げた第11話を含め、アバロン人の襲来でドキッとさせられた第1話を除けば、笑いあり感動ありで文句なしに楽しめました。それが、第12話(最終話)ではアバロン人の再襲来でやや殺伐とした雰囲気になり、見ていて落ち着けませんでした。
 また、第12話では「モノ」としての「機族」が強調され、ちょっとかわいそうに思えました。終盤、アバロン人からの攻撃や、ウイルスに冒された天堂 蘭の暴走で同士討ちを余儀なくされ、致命的なダメージを受けた監察庁の機族たちを気遣う和人に、修復可能であることを匂わせるテイルメッサーの発言があったのはせめてもの救いでしょうか。
 第12話では「成恵と関わることで、この先どのようなハプニングに見舞われようとも、和人の成恵に対する想いが揺るぐことはない」ということを強調したかったのでしょうが、私個人としては、それまでの雰囲気を壊すことなく「着陸」して欲しかったです。ということで、少々手厳しいかもしれませんが、これが私の評価です。ただ、第1話とのつながりが見て取れるので、こういうまとめ方もありかな、とは思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック