通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
成功は一日で捨て去れ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

成功は一日で捨て去れ 単行本 – 2009/10/15

5つ星のうち 4.3 62件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 17

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 成功は一日で捨て去れ
  • +
  • 一勝九敗
  • +
  • 現実を視よ
総額: ¥4,190
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

その安定志向が会社を滅ぼす──。現状を否定し、社内改革への挑戦を続けるユニクロ。経営トップが明かす悪戦苦闘の記録。六年ぶり、待望の最新経営論。

内容(「BOOK」データベースより)

ユニクロは、いかに「最大の危機」に対峙し、世界一を目指す組織を作り上げていったのか?その「安定志向」が会社を滅ぼす―現状を否定し、社内改革への挑戦を続けるユニクロ。経営トップが明かす悪戦苦闘の記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104642037
  • ISBN-13: 978-4104642038
  • 発売日: 2009/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 51,795位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ユニクロの社長、柳井正氏の「成功は一日で捨て去れ」を読んだ。前著「一勝九敗」から約6年。

本の内容は「安定成長志向という病との闘い」「第二創業の悪戦苦闘」「グローバル進出」など挑戦の泥臭い記録。とても読み応えがある。

安定成長志向は大企業病とも言うけど、事業を長年続けていれば仕事も事務的になり、やがて熱意もなくなり市場の変化と共に脱落していく病気だ。名前は大企業病だけど、中小零細企業でも事業を長年続けていれば同じ症状になる。

だから柳井氏は大企業病と闘うために第二創業を掲げ、事業の構造改革を行った。構造改革の中身は組織開発、立地・業態開発、商品開発の3つである。現状を否定し、常に改革し続けなければならないのだ。

タイトルにある「成功は一日で捨て去れ」とは、成功という名の失敗を回避せよという意味。つまり小さな成功をさも大きな事を成し遂げたかのように錯覚し努力を怠ることは、成功のように見えても明らかな失敗だということだ。

個人的にはヒートテックやストレッチジーンズなど付加価値の高い商品の提供を優先し、低価格路線をやめたくだりが面白かった。あと柳井氏が引用したドラッカーの次の言葉が心に刺さった。肝に銘じたい。

「企業の目的として有効な定義は一つしかない。すな
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ユニクロ、柳井氏が語った、「一勝九敗」に続く、商売哲学の第二弾です。
本書は、最近のビジネス本の中でも、深い考えと、独創的な見解を学ぶ
ことができる名著といえます。

本書で注目すべきは、前著では、その内容の行間から、
町の洋品店を、いかにして成功路線に導いたのか、ユニクロブランド
の確立までの道程を、試行錯誤、がむしゃらな感覚で挑戦してきた様子
がよくわかり、ビジネスを立ち上げる際の勉強になりました。

続編にもなる本書では、ユニクロのその後に焦点をあてて、事業や
店舗展開、多角化路線の参入と失敗、他者買収、提携、海外展開
など、経営陣の人となりも含めて、経営者自らが克明に描いています。
しかし、本書の読みどころはそこだけではない。

柳井氏という、時代の寵児たる名経営者が、語る、経営哲学、事業戦略、
マネジメント論、日本の社会のビジョン、いわゆるファストファッションの
外資の上陸攻勢や、海外も含む世界レベルの競争戦略などを、あますことなく
語った、珍しい経営哲学の書になっています。

前著と比較して本書の大きな違いは、柳井氏という人が、時代や世間や
経営手法の常識に惑わされることな
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ユニクロは確実に進化し続けている。柳井氏が自らの実践に基づいて伝える本書のメッセージから、そのことをはっきりと感じ取ることができると思う。

ユニクロの商品は、新しいライフスタイルや新鮮な感性デザイン、新素材や新機能の体験媒体などの「情報価値」であるとする商品の定義。ユニクロが顧客とする「世界中のあらゆる人々」とは、単に低価格に飛びつく人々ではなく、あくまでもユニクロの商品価値を認め対価に関係なく購入意思を示す人々であるとする顧客の定義。この2つの定義は非常に明確でインパクトがあり、顧客価値を考え抜いた商品への強い自信が窺える。それはフリース、ヒートテックなどの爆発的ヒットが証明してきたことであり、ユニクロのブランドイメージは今後ますます高くなって行くだろう。そんな期待を強く感じた。

一方で、柳井氏が社員に求める考え方・姿勢・行動・スピードの水準は極めて高い。「あなたの仕事は、世界の誰よりも革新的ですか?」「その仕事で本当に世界一になれますか?」こうした経営者の本気の問いかけに社員がYESと答えることは簡単ではないだろう。しかし、経営者自らが「会社はどうあるべきか、何を目指しているのか」について強烈な思いをこれだけ明確に示せば、それを理解し賛同した人々が集まるだろうし、そうした人々が一丸となり、多様性を活かしたチームワークを発揮するならば、
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 be3osaka トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/11/14
形式: 単行本
ユニクロが好きで自分の衣服の半分以上を占める。
安くて、品質は安定しているし、最近はデザイン性も優れている。
それにくわえて、最近の「一人勝ち」状態。
この本も多くの人に読まれている。レビューでの評価も高い。
もう、読むしかない、どんなことが書かれているんだろう、そういう思いで手にとった。

期待どおりだった。
どういう考えで会社経営を行ってきたかが克明に書かれている。詳しいデータも含む記述も
わかりやすい文章なのですらすら読める。それにひとりよがりの文章表現もないので言葉としても
どんどん頭のなかにはいってくる。

印象に残ったこと。
ひたすらお客のことを考えている。
社員にも社長とおなじくらい熱い情熱をもって社業に打ち込むことを求めている。
失敗のこともちゃんと書いて反省すべき事項を整理して教訓としている。
社長の思いを社員に伝えることに異常なくらい努力している。
世界に出ていくことをこれからの成長の源とみている。
スピードの大切さに何度も触れている。

会社経営でなくても、なにかをやり遂げたいと思っている人すべてにとって有益なことが
ちりばめられている。マニュアル的な本ではないが
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー