通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
成功は一日で捨て去れ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【非常に良い】ご検討ありがとうございます。良好品 全体としてきれいな状態です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

成功は一日で捨て去れ 単行本 – 2009/10/15

5つ星のうち 4.3 62件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 成功は一日で捨て去れ
  • +
  • 一勝九敗
  • +
  • 現実を視よ
総額: ¥4,190
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

その安定志向が会社を滅ぼす──。現状を否定し、社内改革への挑戦を続けるユニクロ。経営トップが明かす悪戦苦闘の記録。六年ぶり、待望の最新経営論。

内容(「BOOK」データベースより)

ユニクロは、いかに「最大の危機」に対峙し、世界一を目指す組織を作り上げていったのか?その「安定志向」が会社を滅ぼす―現状を否定し、社内改革への挑戦を続けるユニクロ。経営トップが明かす悪戦苦闘の記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104642037
  • ISBN-13: 978-4104642038
  • 発売日: 2009/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 49,885位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ユニクロの社長、柳井正氏の「成功は一日で捨て去れ」を読んだ。前著「一勝九敗」から約6年。

本の内容は「安定成長志向という病との闘い」「第二創業の悪戦苦闘」「グローバル進出」など挑戦の泥臭い記録。とても読み応えがある。

安定成長志向は大企業病とも言うけど、事業を長年続けていれば仕事も事務的になり、やがて熱意もなくなり市場の変化と共に脱落していく病気だ。名前は大企業病だけど、中小零細企業でも事業を長年続けていれば同じ症状になる。

だから柳井氏は大企業病と闘うために第二創業を掲げ、事業の構造改革を行った。構造改革の中身は組織開発、立地・業態開発、商品開発の3つである。現状を否定し、常に改革し続けなければならないのだ。

タイトルにある「成功は一日で捨て去れ」とは、成功という名の失敗を回避せよという意味。つまり小さな成功をさも大きな事を成し遂げたかのように錯覚し努力を怠ることは、成功のように見えても明らかな失敗だということだ。

個人的にはヒートテックやストレッチジーンズなど付加価値の高い商品の提供を優先し、低価格路線をやめたくだりが面白かった。あと柳井氏が引用したドラッカーの次の言葉が心に刺さった。肝に銘じたい。

「企業の目的として有効な定義は一つしかない。すな
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
参考になる事ばかりです。読み返しが多くて中々最後まで読めません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
柳井さんが原理を追求し、それに愚直に実行し続ける姿に感動し、そこまでやるのでユニクロがここまで成長したのだと納得しました。

また、商品を売る際にPOSなどデータのみを元にして判断してしまうことが多いなか
柳井さんが現場で起きていることを自分の感性で判断し、並行して論理的、分析的に進めていることが分かったのは収穫でした。

これから小売を事業として行う人、事業を行う人にはおすすめの本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ふと思い立って購入。
あまり推敲された文章とは思えないが、逆にそれがいい。
稀代の経営者の思考の過程をトレースできる。年頭所感がセットになって文字数を稼いでいるのはどうかと思うが、
それも逆に稀代の経営者が推敲して前者に発信したメッセージとして確かに出版の価値があるだろう。
一読の価値あり。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ありきたりかな、少し読んでる間に眠くなりました。色々なビジネス書がある中で見切り出版した無難なイメージがあります。読みやすいですがインパクトがなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
多忙な著者が執筆するわけがなく、おそらくインタビューで聴きとった内容でしょう。ありきたりのことより、実際の事例をもとに話しているので、まるで柳井さんの話を聞いているみたいな錯覚を感じます。その方法には賛否両論でしょうが、考えていることはこの本からはよく伝わります
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
最初の方は面白いと読んでいましたが、途中から
深すぎてだめだこりゃ‼️と諦めてしまいました。
人を選ぶ本だと思います。僕にはまだ早かった。( ̄▽ ̄)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
柳井さんの著書を読むのは初めてだが、そのあくなき成長欲求に共感するところが大いにあった。以下、自身の心に残った柳井さんの言葉。

「結果的に安定成長はあり得るが、最初から安定成長を望んでいてはいけない」(20頁)
「会社も個人も『成長しなければ死んだも同然だ』」(25頁)
「ぼくも初めて言いだしたことなのでやったことがなく、できるかどうか。しかし実は、『できるかどうか』というよりも『いかにやるべきか』というところに意味があると思っている。」(29頁)
「サラリーマン社会の浸透というのは、自分が意思を持ってこうするのだ、というよりも、他人からこうしてくれと指示されない限り動かない、そんな思考が人が増えていることを示している。」(69頁)
「経営の実務は、経営者も担当者も一緒になって仕事をしていくもので、自分も主体者なのだ。傍観者では経営などできない。」(77頁)
「よく、机上の空論で、いろいろなことを分析したり論理的に考えたりするけれども、それが上滑りすると、結局ブレークスルーはしない。」(128頁)
「経営とは、人間の創意工夫で矛盾の解決をすることです。いかに少ない費用と時間で、いかにその効果を最大にするのか、それが経営です。」(147頁)
「どんな仕事でも毎日の仕事はチャレンジの連続です。チ
...続きを読む ›
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー