Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,429

¥ 114の割引 (7%)

ポイント : 40pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[レイ・A・クロック, ロバート・アンダーソン]の成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝
Kindle App Ad

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝 Kindle版

5つ星のうち 4.3 102件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,429
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543 ¥ 784

商品の説明

内容紹介

52歳のレイ・クロックはいかにして世界的な大企業「マクドナルド」を創ったのか?

彼の人生を読み解き、その金言と経営哲学を学べる一冊。
ソフトバンクの孫正義とユニクロの柳井正、日本を代表する2人の経営者の対談も収録。



【著者紹介】
レイ・A・クロック
1902‐1984。アメリカ・イリノイ州オークパーク生まれ。
高校中退後、ペーパーカップのセールスマン、ピアノマン、マルチミキサーのセールスマンとして働く。
1954年、マクドナルド兄弟と出会い、マクドナルドのフランチャイズ権を獲得、全米展開に成功。
1984年には世界8000店舗へと拡大した(現在マクドナルドは世界119カ国に約30000店を展開)。
後年にレイ・クロック財団を設立。さらにメジャーリーグのサンディエゴ・パドレス獲得など精力的に活動を行った。
本書原題“GRINDING IT OUT”はいまも多くのアメリカの学生に読まれ続けている。


【目次より】
◆はじめに 「これが僕の人生のバイブル!」 柳井正
◆第一章 チャンスを逃すな
◆第二章 仕事はハンバーガーの肉だ
◆第三章 セールスの極意
◆第四章 売り上げを伸ばす
◆第五章 ストレスに打ち勝つ!
◆第六章 契約の落とし穴
◆第七章 フランチャイズシステム
◆第八章 成功の方程式
◆第九章 知りたいことはゴミ箱の中に
◆第十章 キャッシュフロー
◆第十一章 取引先とともに成長する
◆第十二章 理想の組織
◆第十三章 トップは孤独である
◆第十四章 ヒット商品のつくり方
◆第十五章 球団買収
◆第十六章 やり遂げろ!
◆あとがき
◆おわりに 「おまえたち、金儲けに精を出せ!」 孫正義
◆付録1 特別対談「心に焼き付けた起業魂とアメリカの夢」 孫正義VS柳井正
◆付録2 「事業の創り方」「市場の捉え方」法則7 柳井正

内容(「BOOK」データベースより)

ユニクロ、ソフトバンク「成長の教科書」初公開。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2620 KB
  • 紙の本の長さ: 291 ページ
  • 出版社: プレジデント社; 1版 (2007/1/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B071RXQ9GM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 102件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 482位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
【52歳】レイ・クロックは52歳でマクドナルドのFC展開を思いつき行動をおこしたというのが、まず驚きなのですが、その時点で、糖尿病と関節炎まで患っていたというのがさらに驚きです。長年セールスを続けながら「常にチャンスを探していた」というのですから、引退する気などサラサラなく、本人にとって年齢は関係なかったのでしょうね。「体の痛みよりも、退屈のほうが耐えられない」と言っているくらいですから、すごい人です。ちなみにFCビジネスというのはマクドナルド以前からあったんですね。

【アウトサイダー】孫さんと柳井さんは彼を「アウトサイダーだ」という。たしかに彼はハンバーガー屋さんではなかったが、ハンバーガービジネスに一番近いところにいたんですね。紙コップやマルチミキサーのセールスをしながら何百という店をその目で見ていたんです。どんな店が繁盛するのか、繁盛させるためには何が必要なのか、もう皮膚感覚でわかっていたのですね。だからマクドナルド兄弟の素晴らしさも1回見ただけで理解できた。新しいビジネスを始めるとき、近すぎても遠すぎてもいけないのかなと思いました。

【QSC&V】アメリカ人というとアバウトな感覚の人が多いと思いがちですが、マクドナルドのQSC&Vは日本人以上ですね。なぜなんだと思いました。軍隊での経験が生かされているのかな?また、サービス業の徹底
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マクドナルドのフランチャイズビジネスの創始者であるレイクロックさんの自伝です。分厚くボリュームがありますが、内容は平易なのでさらさらと読み進めることができます。本を読むスピードが遅い私ですら2日で完読。

成功の秘訣は・・・

クロック氏いわく、才能や教育ではない。信念と継続を通じてやり遂げることが重要、とのこと。
この部分に私はもっとも感銘を受けました。
と同時に著者の常識はずれの行動や言動を読むにつれ、桁外れの執着心さえ感じさせる信念を持ち続けるのは常人では難しいのではとも感じました。

私にとって参考になる部分、ならない部分が混在していますが、世界的な外食チェーンの創始者の人となりを知ることができたのは大きな収穫です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
映画化に伴ってか、ついにkindle判がリリース!!
あまりにも期待して待っていたせいか、ちょっと思っていた内容とは違います。
いやいや単なる私の思い込みとのずれなのですが。。。。。。。

レイの自筆による本作よりも、「成功はゴミ箱の中に 億万長者のノート」の方がいいかもしれません。
私は両方読みました。
両方読んでみてはいかがでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 長年のユーザー VINE メンバー 投稿日 2007/3/4
形式: 単行本
今後の仕事の方向性を色々ウヤムヤ考えながらフラフラしてて、偶然コンビニでこの本を見かけ、タイトルに惹かれて購入。近所のドトールで一気に読みました。

まず読みやすいし、レイクロック氏のみならず、日本マクドナルドの藤田田氏や柳井氏、孫正義氏の考え方を簡潔に窺い知ることが出来る点が良かったです。

仕事の細かい点の良し悪しをあーでもないこーでもないと考えている時だったので、柳井氏、孫氏の「志」を大切にしているところに目を覚まされた気分でしたね。仕事で目先の細かい悩みなんてどーでもいいじゃん、何に着眼してそれに向かってどうするか。初心に戻れって言われたような気分になりました。

 

星5つでないのは、「成功はゴミ箱の中に」っていうタイトルがちょっと私にはミスリードだったので…。「成功はゴミ箱の中にある」というのがこの本の中身です。私は「(昔の)成功はゴミ箱の中に(捨ててしまえ!)」と読んでしまったので、ちょっと肩透かしを食らった気分でしたが。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
レイクロックといえば、マクドナルドのフランチャイズを広め大成功を収めた人物である。 そう、「広めた」ということはレイ以外の人物がマクドナルドを作り上げたのだ。 

そう考えると、外食産業の素人でもあるレイ・クロックによってマクドナルドが世に知れることになったのだから驚きである。

マクドナルドが世に知れ渡る物語は決して平坦な道のりではなかった。
その苦難と喜びの物語は本書を読むことで知ることになるだろう。

まず、レイは多くのビジネスに手を出し、波乱万丈の道を歩んでいる。
ビジネスだけではなく結婚生活においても多くの出来事が起こった。

彼のビジネスは、不動産、ペーパーカップの営業、マルチミキサービジネス、ピアノマンなど多くの経験をしている。 面白いのは高校一年のときのアルバイトで、熱意を持って接客すればコーヒーを求めるお客さんにアイスクリームサンデーも売れることを学んだ。 稼いだお金でミュージックストアを開くが、すぐに幕を下ろすことになる。

彼の営業経験は非常にダイナミックなもので、チャンスがあればどこにでも喰らいつく姿勢が面白い。 しかし、苦難も多く「折りたたみ式ダイニングセット」で勝負をかけたが失敗に終わる。 実は、親身になっていた部下と秘書が裏切っていた
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover