中古品
¥ 1,105
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー付き。カバーに使用に伴う擦れが若干あります。一読したところ、内部に書き込み、焼け、破れはありませんが、完全なチェックができませんので、見落としの可能性があります。少しでも見落としが気になる方は、他の方からの購入をお願い申し上げます。中古本として問題なく読める状態です。商品はクリスタルパックで丁寧に梱包して迅速に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

成功する要求仕様 失敗する要求仕様 単行本(ソフトカバー) – 2006/11/2

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 840
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

トム・デマルコ絶賛!
多すぎる要求は納期を遅らせ、少なすぎる要求定義では、求めるシステムにほど遠い。うまく要求を調整しても、ユーザーのニーズに合っていなければ意味がない。----本書は、プロジェクトの予算、納期、ユーザーニーズに対して、「ちょうど十分な(just enough)」要求を見極めるための手法を紹介します。時間と人月のトレードオフのなかで、要求をどう優先順位をつけ、実現させていくのか。本書では、緊急時の治療の順番を決める「トリアージ」という医療用語を使い、ユーザーや関係者から要求に対し重み付けをはかる一方で、過去のプロジェクトでのリリース実現率を照らし合わせながら、実現する要求とリリースのタイミングの決め方を提示します。『ソフトウェア開発201の鉄則』の著者として知られるアラン・デービスが、10年ぶりに書き下ろした待望の新刊です。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、厳しいスケジュール上の制約に直面したときに、どのように要求を発見し、吟味し、文書化していくかについて説いている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2006/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822282910
  • ISBN-13: 978-4822282912
  • 発売日: 2006/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 306,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は、要求の導き出しから仕様化、要求の変更管理までを網羅している。

システム開発において、的確な要求を導き出すという永遠のテーマについて書かれた良書。

HowTo本と読み物としての二つの側面をもつ。

要求導き出しのテクニックなど、具体例をあげ解かり易く書かれているので、これから上流工程へ携わるビギナーの方にもお奨めできる。

また、訳本ではあるが、文章は平易で読みやすいのが大変良かった。(日本語訳、監修の方のご苦労が伺える仕上がりになっている)

本書では、要求の導き出しから仕様化の間に「要求のトリアージ」を行うことを推奨している。システム開発において、予算と納期、要求のバランスをとることは大変重要である。

この時点でボタンの掛け違いをすると、大抵の場合、納期遅延や予算超過などプロジェクトの失敗を招くことになる。

本書の第3章で取上げられている「要求のトリアージ」では、要求を選び出すための技術について触れられており、参考になった。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
要件定義で実現する機能について双方がコミットしても、設計段階以降で「仕様変更」が必ず発生する。
このジレンマに、プロジェクトを遂行する都度悩まされている。
超上流工程から上流工程にかけてのやり方がまずいのかと思い、本書を手に取ってみたが、(この手の本で具体的な示唆に富んだ本に出会ったことがないので期待はしていなかったが、)非常に参考になる本であった。
文章が平易で簡潔であり、意訳がとてもわかりやすいというのが特徴である。
本書の中で紹介される「要求のトリアージ」を日々実践し、顧客との関係を悪化させずに、スケジュール調整・追加費用要求などを行えるようになった。
また、「仕様変更が発生するのは悪ではない、顧客が興味を持っている証拠だ」という言葉にも日々励まされている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 
 見積もりについて:

 見積もりと、その正確性をどのように計測するのか?が参考になりました。
 過去、自分のチームで見積もりが期限内に終わったか、どの程度オーバーしたのか?
 この統計だけを取っても有用になると思います。

 要求の管理について:

 新規の要求がでてくるとことは、企業にとって幸せなことである・・というフレーズが心に響きました。
 本当にやるべきは、要求を合意したあと、プロトタイプや製品のリリースがあった時にフィードバックを聞き続けること・・。

 著者の経験に基づく知見はどの項目も非常に参考になりました。

 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
要求を掘り起こすステップから要求の変更管理までの過程の注意点と実践法を解説した本。実際の調整の場の会話なども描かれていて現実に対する配慮が溢れている。

最も特徴的なのは、次のようなステップを推奨している第3章である。

 ・要求収集
 ・トリアージ(優先順位付けの具体的な方法と注意点)
 ・要求の依存関係を明らかにする
 ・ちょうど十分な要求のサブセットを創り出す。

 ・次に、コスト、期間、リスク、収益性を考慮して実現性を高める。

要求をまとめる過程の本質に迫ろうとするスタンスで書かれている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告