通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
成功する自転車まちづくり―政策と計画のポイント がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 <爆進堂>
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、ヤケ、小口に汚れがあります。クリスタルパックに梱包し発送致します。※発送先のご住所にお間違いないかご確認下さい。複数ご購入された場合もそれぞれに配送料がかかります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
See all 2 images

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


成功する自転車まちづくり―政策と計画のポイント Paperback – 2010/10/15

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Paperback
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,144

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 成功する自転車まちづくり―政策と計画のポイント
  • +
  • 実践する自転車まちづくり: 役立つ具体策
  • +
  • 自転車が街を変える (集英社新書)
総額: ¥7,258
ポイントの合計: 72pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

家計と健康に優しく、地域活性化・低炭素化に貢献する自転車だが、「歩道上が安全」「利用促進は違法駐輪を増やす」といった固定観念からか、総合性やバランスを欠く施策が多い。そこで世界の最新政策や科学的データにもとづき、自転車のあり方をもう一度基本から見直し、効果的な政策と計画のあり方、成功の秘策を提示する。

著者からのコメント

今、自転車がホットである。環境と健康という切り口で注目を集めて身近なエコであることも手伝い、さまざまなメディアに取り上げられて、世界的にも多くの国で一種のブーム化が進行している。日本も例外ではない。特に、わが国は、国民性として流行に乗る傾向が強く、対象の良否は関係なく、すぐに新しいことに流されていく(バブルの時の土地ブームがそうである)。自転車は、これに加えて市民の間で日常的に身近であり、乗り物としての性格もわかりやすいため、自治体も安易に自転車をテーマに取り上げようとする。しかし、自転車をテーマとする施策は、そのように簡単なものではない。環境と健康というブームに乗って、自治体の自転車施策の全体の体系的整理もせず、ハードの空間やレンタサイクルだけを断片的に用意しても、自転車利用がすぐに盛んになるわけではない。また、永続性を持った交通手段として活用されるようなものにはならない。そこには、用意周到に検討され、かつ、地域の状況に見合った体系的で最適な施策が必要である。さらに、これを支えるために、自転車の他の交通手段に比べた大きなメリットに対する共通の理解が必要であ\xA1
る。

自転車は、単に健康によく、環境にやさしい乗り物であるだけではない。個々人の生活、企業活動、地域や自治体、国、地球にとって、それぞれの具体的なメリットが数多く存在する。さらに、自転車のメリットはそれを使うわれわれ人間の側で、工夫し可能性を伸ばすことが求められている。

太陽光発電、風力発電、電動自動車などベーシックなエコのツールは数多く開発され、提案されている。環境にやさしいツールは自転車以外にもたくさんある。しかし、これらは、最新の技術を駆使して、最大のエネルギー効率を上げて、環境負荷を削減するようにしているが、その開発や製造、さらに管理運用、最終的な廃棄までのライフサイクルのコストと環境負荷が相当ある。

これに対して、自転車は、徒歩と並んで最も原始的な移動手段であり、内燃機関や駆動機関を使わず、かつ、外部からの直接のエネルギーを補給することもない。人力で動き、しかも、装置も機械技術や素材の進歩はあるものの、基本的には簡単なものである。自転車という乗り物が生まれてから、この原理に大きな変化はない。このような簡単な軽い装置で、かつ、人力だけでこのように効率よく移動できるものは、他にはない。

しかし、多くの人は、このような自転車の大きな利点に理解を示し、重要視するふりをしながら、いざ、利用を盛んにするための方策の検討や実施の段階になると、放置問題、走行空間のなさ、ルール無視の自転車利用者などを楯に、最優先すべき自転車利用促進策の足を引っ張る。また、自転車の位置付けも、車道では左側端という隅っこに追いやられ、車からは、自転車を渋滞の原因、危険な存在などとして、じゃまもの扱いされ、また、歩道では、たとえルールを守っても、歩行者などから危険視されるなど、道路空間での居場所がない。

本書は、このように重要性を認識されてはいるものの、その一方で正当な扱いがなされてない自転車を正当な地位にまで高めることをめざす。このため、ハードのみのインフラの整備しかない施策、レンタサイクルの提供のみの一面的な施策など総合性やバランスを欠く施策、効果的なまたは的確なものとはいえない施策に対して、自転車をもう一度根本から理論的に見直すことを提案するとともに、自転車を真正面から理解するために、様々なデータを駆使して、自転車の本当の姿を描き出そうとするものである。これらを通じて、施策の具体的な考え方、手法、効果などを明らかにして、自転車問題を考えるきっかけと行政における自転車利用の促進の秘策を提示する。

この本は、これから自転車に関する施策に取り組む自治体やすでに取り組んでいるがバージョンアップを図りたいといする自治体、そして、自転車施策の客観的な理解を得たいユーザーなどに読んでいただきたい。さらに幅広く地球環境、まちづくり、交通などをテーマとしている人などにも、自転車の真の実力を理解していただくことを期待している。
これらにより、より効果的かつ的確な自転車利用および自転車施策のあり方が広く理解されれば望外の幸せとするところである。


登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: 学芸出版社 (2010/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476152491X
  • ISBN-13: 978-4761524913
  • 発売日: 2010/10/15
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 481,090位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

4件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件中1 - 4件目のレビューを表示

2014年10月14日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年4月10日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年4月18日
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年4月5日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告