¥1,760
通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学 (日本語) 単行本 – 2019/3/27

5つ星のうち4.7 5個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥1,290
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から260円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学
  • +
  • ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論
  • +
  • 両利きの経営
総額: ¥7,480
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

企業のケイパビリティ(能力)には、次の2つの種類がある。
[1]オーディナリー・ケイパビリティ(通常能力)
[2]ダイナミック・ケイパビリティ(変化対応的な自己変革能力)

このうち、「ダイナミック・ケイパビリティ」が、
成功した日本企業を特徴づける能力であり、
その保持が持続的な繁栄のために重視すべき「成功の本質」である。


・富士フイルム vs. コダック ── 日本企業が残り、米国企業が消えたのはなぜか?
・ソニー vs. 任天堂 ── 後発のプレステが、スーファミに勝利できたのはなぜか?
・YKK vs. 低価格メーカー ── 世界シェア40%の高品質メーカーが、中国企業との戦いをあえて避けないのはなぜか?
これらの謎を解く鍵も、「ダイナミック・ケイパビリティ」が握っている。

日本型組織ならではの「失敗の本質」があるように、「成功の本質」も存在する。
まじめな日本企業が陥りやすい「パラダイムの不条理」を明らかにし、
「日本企業が進むべき未来」を明らかにする。


【目次】

       はじめに──日本企業にとっての成功の本質

序章 日本企業が進むべき未来
       1.ダイナミック・ケイパビリティと不条理
       2.パラダイムの不条理
       3.まじめな日本企業が陥りやすいパラダイムの不条理
       4.「パラダイムの不条理」を回避する方法

◆第I部 成功の本質としてのダイナミック・ケイパビリティ
第1章 既存技術の転用を可能にする──富士フイルムのダイナミック・ケイパビリティ

       1.デジタル・カメラに移行できなかったコダック
       2.「第2の創業」を実行した富士フイルム
       3.不確実な状況で求められるマネジメント能力

第2章 独自のビジネス・エコシステムを形成できる──ソニーのダイナミック・ケイパビリティ
       1.ポーターの「競争戦略論」では説明できないソニーの勝利
       2.ゲーム業界のビジネス・エコシステム
       3.ビジネス・エコシステムを自壊させた任天堂
       4.ビジネス・エコシステムを構築したソニー
       5.ビジネス・エコシステムが求められる理由

第3章 イノベーションのジレンマを回避できる──YKKのダイナミック・ケイパビリティ
       1.世界シェア40%でも安心できない理由
       2.YKKに迫るイノベーションのジレンマ
       3.YKKの変化対応的な自己変革能力

◆第II部 日本企業に眠るダイナミック・ケイパビリティ
第4章 日本的経営は絶滅も滅亡もしていない

       1.日本的経営はどのように変わったのか
       2.日本的経営がもつ二面性
       3.日本的経営がめまぐるしく変わる理由

第5章 日本企業の組織を特徴づける強いダイナミック・ケイパビリティ
       1.強いダイナミック・ケイパビリティをもつ組織の特徴
       2.強いダイナミック・ケイパビリティをもつ日本型組織
       3.ダイナミック・ケイパビリティと利益率と生産性上昇率の関係

第6章 株主主権論にもとづく米国流経営パラダイムを放棄せよ
       1.株主主権論にもとづくマネジメントの限界
       2.なぜ不祥事や不正は起きるのか?
       3.いかにして不祥事や不正を回避できるのか?
       4.米国流の株主主権論は理論的にも問題がある
       5.ミスマッチの解消のために

◆第III部 ダイナミック・ケイパビリティの理論的基礎
第7章 ダイナミック・ケイパビリティによる企業の戦略経営化

       1.戦略経営論はポーターの「競争戦略論」からはじまった
       2.「ダイナミック・ケイパビリティ論」の誕生と不条理の回避
       3.ダイナミック・ケイパビリティに対する誤解

第8章 ダイナミック・ケイパビリティによる企業の巨大化
       1.垂直的統合問題とは
       2.ケイパビリティで企業は巨大化する
       3.ダイナミック・ケイパビリティで不条理を回避する

第9章 ダイナミック・ケイパビリティによる企業の国際化
       1.多国籍企業論の系譜
       2.企業の多国籍化とダイナミック・ケイパビリティ論
       3.多国籍化した日本企業の典型例としてのYKK

◆第IV部 ダイナミック・ケイパビリティが生み出す新パラダイム
第10章 新古典派経済学的な米国流経営パラダイムを超えて

       1.誤った資本主義理論とオーディナリー・ケイパビリティ
       2.正しい資本主義パラダイムとダイナミック・ケイパビリティ

第11章 新たな経営パラダイムを生む「進化論的ダイナミック・ケイパビリティ論」
       1.進化を生み出す2つのケイパビリティによる相互作用
       2.ポパーの批判的合理主義的な知識の進化プロセス
       3.ダイナミック・ケイパビリティのもとで進化する企業組織

第12章 進化論的ダイナミック・ケイパビリティ論による不条理回避
       1.ダイナミック・ケイパビリティはいかにして形成されるのか
       2.ダイナミック・ケイパビリティによる組織の不条理回避
       3.ダイナミック・ケイパビリティによるイノベーションのジレンマ回避
       4.ダイナミック・ケイパビリティによって進化するトヨタ自動車

       おわりに──日本企業のためのダイナミック・ケイパビリティ論

内容(「BOOK」データベースより)

日本型組織ならではの「失敗の本質」があるように「成功の本質」も存在する。ダイナミック・ケイパビリティこそ、成功した日本企業を特徴づける能力であり、その保持が持続的な繁栄のために重視すべき「成功の本質」だ!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

菊澤/研宗
慶應義塾大学商学部・商学研究科教授。1957年生まれ、慶應義塾大学商学部卒業、同大学大学院博士課程修了後、防衛大学校教授・中央大学教授などを経て、2006年慶應義塾大学教授。この間、ニューヨーク大学スターン経営大学院、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員。元経営哲学学会会長、現在、日本経営学会理事、経営行動研究学会理事、経営哲学学会理事。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 264ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2019/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023317705
  • ISBN-13: 978-4023317703
  • 発売日: 2019/3/27
  • 商品の寸法: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.7 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 87,738位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
評価の数 5
星5つ
75%
星4つ
25%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2019年12月9日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2019年8月26日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月26日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月19日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年9月7日
形式: 単行本