中古品
¥ 99
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 強めのヤケ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

成りあがり―矢沢永吉激論集 (角川文庫 緑 483-1) 文庫 – 1980/11/20

5つ星のうち 4.8 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1980/11/20
"もう一度試してください。"
¥ 99
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 307ページ
  • 出版社: 角川書店 (1980/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041483018
  • ISBN-13: 978-4041483015
  • 発売日: 1980/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,306位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

10代のはじめ頃、本を読む面白さを教えてくれた本です。
糸井重里さんが矢沢さんにインタビューして作られた本です。
生身に近い矢沢さんを感じる事ができるのは糸井さんならでは
なのだと思います。他の人だったらこんな本はできなかったでしょう。
まだ読んでない?50歳を過ぎた今の矢沢さんしかしらない若い人に是非
一度読んで欲しいです。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2009/11/16
僕が小学校の頃、車にデカデカと矢沢さんのステッカー貼ってる車を見て、何てダサいと思った

それ以降も自分にとって何も引っかかる所が無かった矢沢さん

現在32歳になって、たまたま矢沢さんの若い頃のインタビューを
YouTubeで見て衝撃を受けました…

急いでこの本を買いました。

車に矢沢さんのステッカー貼ってた人の気持ちが分かりました…
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キートン砂糖 殿堂入りレビュアー 投稿日 2004/5/14
有名だが直球すぎるタイトルに正直敬遠していたのだが、読んでみた感想としては、とても面白かった。独特の永ちゃん口調や若干時代の流れを感じさせるところはあるが、強烈なコンプレックスを抱いた一人の青年が本物のスターに駆け上がっていく姿は上質なサクセスストーリーに仕上がっている。永ちゃんを捨てて普通の人生を選択した元大和のメンバーはグレイのドラムを彷彿とさせます。成功したら金をめぐっての人間の確執などもあり、彼の目指していたスターにはスターの苦悩がある。最近購入した『人を動かす』を本書で彼が挙げていて妙な縁を感じました。彼ほどのビッグにはなれないとしても少しがんばってみようかな、と思わせる強烈なパワーを感じさせます。冷めた現代の若者も一読の価値あり。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クロダ 投稿日 2016/10/14
テレビで車やビールのコマーシャルで見る矢沢は若者のようにギラギラしている。この本に出てくる矢沢は本人が語りかけてくるような感じがする。矢沢の歌手としての出発は横浜からだ。原点は原爆以後の広島だ。矢沢の父親は原爆で妻も子どもも失った。再婚して永吉が生まれた。その母親も昭和27年頃居なくなってしまった。父親は昭和32年頃亡くなった。あとはおばあちゃんに育てられた。父親も原爆の影響があったかもしれない。親類に学期ごとに面倒を見てもらう生活もあった。悪い言葉でいえば、たらいまわし。父親が亡くなって寂しいと分かってきたのは何年か後。家が貧乏だと自覚してきたのも高学年になってからである。冷たい冷えた町と思うのは無理もないだろう。こんなところから歌手として熱く成功を収めることができたのは奇跡のようなものだろう。過去の自分を乗り越えて、大きくなった矢沢は偉大だと思った。物語ではなく矢沢の語りのような文体、修飾のない人生の語りに感心した。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/9
この本にはスター矢沢永吉の複雑な思いと熱い思いが込められている。この本を読む以前の自分は『矢沢永吉』という人についてあまり詳しく知らなくて、ただ音楽を聴いたことがあるという程度でなれなれしく「永チャンがさー」などと言っていた。今考えるとほんとに失礼だ。そして今、この本を読み終えてその価値観も変わった。もっと『矢沢永吉』を知りたくなった。そして、今自分は音楽をやっている。音楽、具体的に言うとロックに興味がある人すべてに読んでもらいたい一冊だ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
初版発行の年に生まれた私にとっては矢沢氏が大物扱いされている理由がわからなかったのですが、
壮絶な生い立ち、惜しみ無い努力に加え、音楽をビジネスとして扱う際のバランス感覚の素晴らしさ。。読了後、確かにすごい人だと納得、感動しました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ジョニー大倉氏の「キャロル-夜明け前」が出版された事で久々に本書を読み返してみた。大倉氏の中身にはあえて立ち入らない・・・。誰でも他者のアドバイス無しに成長はできない。従って矢沢永吉も例外ではないだろうし、彼独特のマイクスタンドパフォーマンスもロッド・スチュワートらの影響を受けている可能性はある。しかし、彼の軌跡を見れば、存在感、楽曲、歌唱術、ステージパフォームはどう考えても矢沢永吉という類まれな資質なくして成立しなかった事は明白だ。本書に描かれる幼少時からの過酷な人生同様に、血の滲むような努力の末に「矢沢永吉」は「矢沢永吉」としか形容できない唯一無二の存在となったはずだ。その個性は本書に燦然と表れている。しかし、以前本人も公言していたが、本書の存在と彼の特異な個性は「ミュージシャン」としての本来の姿への興味を大衆から失わせる諸刃の刃になった事が否定できない。彼はROCKもいいが、特に80年代前半までのミディアム・スローナンバーが本当に美しい。簡潔でタイトでクールで、メジャーコードのバラードはほのかな甘さをもち、彼の音楽に対する鋭敏な感受性が輝く名曲は数え切れない。好悪は別として、マイクを振り、情熱的に歌い踊るあのスタイルは彼以外に絶対成立しない。他のミュージシャンが真似をすればきっと滑稽な姿をさらすだけだ。たぶん、あの個性とは裏腹に矢沢本人の性格は、”素直ないい人”なのだと思う。...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー