中古品
¥6,498
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 はなひ堂
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 概ね状態良好。中古商品につき多少の傷み・ヨゴレ等ありますが、全体的に良い状態です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

憲法論 : 【付録】ワイマール憲法 (日本語) 単行本 – 1974/5/31

5つ星のうち4.7 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 1974/5/31
¥6,498
¥6,000
お届け日: 9月25日 - 27日 詳細を見る

この商品には新版があります:

憲法論 【新装版】
¥7,480
通常6~12日以内に発送します。
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

近代の「市民的・法治国的」憲法の発展を、歴史をたどりつつ、思想史的・社会学的に鋭く分析すると同時に、独自の憲法論を展開する。

著者について

カール・シュミット
Carl Schmitt
1888年生まれ。ドイツの政治学者・公法学者。ベルリン、ミュンヒェン、シュトラースブルクで学び、1916年「国家の価値と個人の意義」で教授資格取得。同年『テーオドア・ドイブラの「北極光」』発表。21-28年ボン大学教授、28-33年ベルリン商科大学教授、33年ケルン大学教授を経て、33-45年ベルリン大学正教授となる。第一次大戦後のドイツ、ヨーロッパにおけるヴァイマル体制、ヴェルサイユ体制を批判し、神的なものを欠いた思想状況に〈決断〉をくだすべき独裁者の必然性を示したり、敵と味方を峻別する〈政治〉概念を規定する。法学における一連の彼の議論は、ナチ体制による独裁を思想的に先取りしている。この期の著作には、19年『政治的ロマン主義』(邦訳、未来杜、25年の第二版邦訳、みすず書房)、21年『独裁』(邦訳、未來社)、22年『政治神学』(同)、23年『現代議会主義の精神史的地位』(邦訳、みすず書房)、24年『ローマ・カトリシズムと政治形式』、28年『憲法論』(邦訳、みすず書房)、『政治的なものの概念』(邦訳、未來社)、31年『憲法の番人』、32年『合法性と正当性』(邦訳、未來社)などがある。またこの間、27年よりエルンスト・ユンガーと終生にわたる交流をはじめる。31年娘アニマ誕生(81年死亡)。33年5月1日ナチ入党、ナチ政権下で法学界の重鎮となるも、36年親衛隊による攻撃を受け主流からはずれる。その後、38年『トーマス・ホッブズの国家論におけるリヴァイアサン』、42年『陸と海と』(邦訳、福村出版)などを発表。第二次大戦後逮捕されニュルンベルク裁判の一環で尋問を受けたが不起訴。その後は生地プレッテンベルクに隠棲し、著述活動をつづける。50年『獄中からの挨拶』、『大地のノモス』(邦訳、福村出版)、63年『パルチザンの理論』(邦訳、ちくま学芸文庫)、70年『政治神学再論』(邦訳、福村出版)。1985年4月、生まれ故郷ヴェストファーレン州ブレッテンベルクで死去。また、90年代に入っても、論文集、書簡集などが間歇的に出版されている。

登録情報

  • 発売日 : 1974/5/31
  • ISBN-10 : 4622017369
  • 単行本 : 496ページ
  • ISBN-13 : 978-4622017363
  • 出版社 : みすず書房 (1974/5/31)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 3個の評価