Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 700

¥ 121の割引 (15%)

ポイント : 4pt (0%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[伊藤 真]の憲法問題 なぜいま改憲なのか (PHP新書)
Kindle App Ad

憲法問題 なぜいま改憲なのか (PHP新書) Kindle版

5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 700
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 1

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

民主党政権時代に自民党が発表した「日本国憲法改正草案」の最も本質的な問題は、9条案や96条案よりもむしろ102条案にある。「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」。憲法とは国民ではなく国家を縛るものであるとする「立憲主義」とは正反対の考え方なのだが、改憲案には他にも「家族助け合い義務」を課すなど、憲法の本義から外れた条項が散見される。本書はカリスマ塾長の異名をとる著者が、自民党改憲案を検証した上で、憲法の本質を歴史的な観点からわかりやすく解説。96条には民主主義ならではの危険を避ける意図があること、9条が変わるとどうなるかについても言及。(その他の内容)■公務員の権利は制限されていいのか ■憲法九条はマッカーサーの押しつけだったのか ■地方自治を保障した現憲法は先進的だった ■ヒトラーを生んだワイマール憲法

内容(「BOOK」データベースより)

本書はカリスマ塾長の異名をとる著者が、自民党改憲案を検証した上で、憲法の本質を歴史的な観点からわかりやすく解説。96条には民主主義ならではの危険を避ける意図があること、9条が変わるとどうなるかについても言及。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1163 KB
  • 紙の本の長さ: 62 ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2013/7/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00FFRZCXS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 38,949位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 著者は、天皇を戴く国家が先にあって、国家の構成員として国民がぶら下がり、国家が国民に人権を与えてあげるイメージを具現化した自民党改憲案を「奴隷の幸せ」とする。
 それは『ベン=ハー』のような足を鎖でつないでガレー船を無理やり漕がせる時代の奴隷ではなく、『風と共に去りぬ』での厳しい労働に従事させられているものの、白人の家族と一緒に生活して、十分な食事と暖かい寝床があって、自由や名誉さえ我慢すればそれなりに満たされた生活ができる状態。

 為政者は、自ら考え自立した個人の集団でなく、国家に従属する事が幸せだとの依存する人々が増えるに越したことはない。
 為政者だけでなく、それを許容し、望む人々にも問題はあるとは、著者だけでなく、多くの知識人が指摘し続けていること。
  
 それは、1994年 11月3日に読売新聞がその1面で発表した 「憲法改正試案」よりも前から発信されているが、戦後も軍事教練のような体育の授業を無批判に受けてきた世代に交代し、依存傾向は益々強まっている。

 押し付け憲法について
 日本側の草案は、1945年の幣原内閣で、商法学者の松本烝治憲法改正担当大臣が中心となって作成された、天皇主権で明治憲法のマイナーチェンジでしかない憲法草案(松本試案)であった。
 しかし、
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/7/20
形式: 新書 Amazonで購入
 参議院選挙を目前にして、原発・被災地復興問題、TPP問題、消費税増税、景気対策など勉強し考えなくてはならないことがたくさんあります。どれも非常に重要な問題ですが、憲法改正問題は国の根本的な在り方に関わることであり、自民党の考え通りに進んでしまえば他国で戦争をする国になってしまいます。

 本書は、自民党憲法草案の要所を一つずつ解題していくという形で記述されており、素人でも読みやすかったです。
その反面というか、ビギナーを想定して書かれた本であるためではあるのでしょうが全体に具体的な例証や資料の引用が少なく、筆者の推測・憶測で述べられている箇所があるのではという印象はぬぐえませんが、立憲主義とは何か、というところから始めなくてはいけない門外漢にとっては、(この本以外に数冊関連書を読むという前提で)有難い一冊でした。

目次は、

第一章「憲法は『国』を縛るためのルール
第二章「憲法改正のハードルは高い?低い?」
第三章「日本の主権は誰のものか?」
第四章「誰もが生まれながらにして『人権』を持っている」
第五章「日本は『戦争をする国』へ?」
第六章「気になる道州制・外国人参政権は?」
第七章「国家緊急権とは何か」
第八章「立憲主義の歴史をたどる」
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
自民党の改憲案の何が問題なのか、また現行憲法のどこが素晴らしいのか、改めて知る機会となる本です。法律が国民を拘束するのに対して、憲法はそもそも国家権力を抑えるためのものです。自民党の案は、国民の義務を増やすこと、国民よりも国家を上位に位置づけることばかりで、憲法の名にふさわしくない内容です。
アメリカの独立宣言には「これらの権利(生命・自由・幸福の追求)を確保するために、人々の間に政府が組織され、その権力の正当性は被治者の同意に由来する」とあります。個人的にアメリカが好きなわけではありませんが、単純に考えて、この宣言が出された18世紀よりも自民党改憲案は時代が逆行しています。また、「緊急事態が宣言された時には、内閣が法律と同一の効力を有する政令を制定できる(改憲案第99条)」というのも、内閣に立法権を与えるという意味にしかとれません。「権利の保障が確保されず、権力の分立が定められていないすべての社会は、憲法を持たない(フランス人権宣言第16条)」という条文を鑑みると、やはり自民党改憲案は大きく時代に逆行していると言わざるを得ません。ここに書いた内容はほんの一部ですが、ひとつひとつ丁寧に多くの例を挙げながら説明されています。単純に改憲反対と叫んでいる感情的な本ではなく、論理的に冷静に伝えたいことをきちんと著しているところに好感が持てます。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書は、自民党が作成した憲法改正案とそのQ&Aに対して、著者がおかしいと思う点を、理由を添えて解説しています。多くは、言わずもがな、自民党の改憲案に批判的です。語り口はなめらかであり、「です」「ます」調ですので、護憲派の読み手には納得しやすいと思います。私も、共感できる部分が多々ありました。
現在の与党は勢いのある自民党であり、阿部内閣の支持率が高く推移している状況は、容易に改憲に傾きやすい危険性をはらんでいます。
改正された後に過ちに気づいて騒いでも後の祭りです。
まず、私たちにできることは、現行の憲法と改憲案をじっくり読み比べ、改正後の世界を想像することだと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover