通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
憲法判例のコンテクスト (法セミLAW CLASS... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 Books Genkido
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバー・帯付 きれいな状態です。配達予定日をご確認の上ご注文ください。店頭受渡不可。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

憲法判例のコンテクスト (法セミLAW CLASSシリーズ) (日本語) 単行本 – 2019/10/21


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/10/21
¥3,300
¥3,300 ¥2,800

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 憲法判例のコンテクスト (法セミLAW CLASSシリーズ)
  • +
  • 刑事訴訟法の思考プロセス (法セミLAWCLASSシリーズ)
  • +
  • 憲法基本判例を読み直す 第2版 (法学教室ライブラリィ)
総額: ¥11,440
ポイントの合計: 181pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

下級審との対比、あるいは時代状況を「コンテクスト」として捉え、憲法の基本判例を読み通す。法学セミナー連載待望の書籍化。

出版社からのコメント

Part1では、下級審の裁判例と憲法の基本判例との対比を通じて、基本判例を読む。
判例単体で読むだけでなく、下級審からの流れや、関連する他の事件の下級審判決の存在を把握し、その「コンテクスト」を理解すれば、基本判例の趣旨や構造がよく見えてくるだろう。
各回のはじめに設問を用意し、「読み」をとおして解答を導けるように工夫している。

Part2は、基本判例の背景にある事実(時代背景)や、学際領域に目配りすることで、読者に基本判例をより立体的に理解してもらうことを目的としている。
時代背景は判例の「コンテクスト」であるが、「憲法訴訟」といった訴訟形式が現実には存在しないなかで、違憲審査や憲法判断は常に刑事訴訟、民事訴訟、行政訴訟などの他の訴訟形式を借りて行われていることを踏まえれば、憲法以外の法領域も、憲法判例を理解する重要な「コンテクスト」となりうるだろう。

Part1が、下級審と最高裁という「縦」の関係から憲法判例を読むものであるのに対して、Part2は、事案を取り巻く時代状況や、事案に関連する他の法領域といった「横」の関係から憲法判例を読むものである。

最後に、本書のコンセプトをよりよく伝える企画として、著者同士の対談を収録する。


【目次】
●part.1 「判例」を読む
下級審の裁判例を通して「判例」を読む
謝罪と反論
知る権利
 コラム…「知る権利」に寄せて
集会と表現
「読む」人、「読まぬ」人——「一般人基準」雑考
権利と特権
「板まんだら判決」再考——終局的解決可能性要件の射程?
立法過程の脱「聖域」化——主観的憲法瑕疵への注目
「適用か、法令か」という悩み——違憲審査の対象・範囲と憲法判断の方法

●part.2 コンテクストを読む
京都府学連事件判決というパラダイム——警察による情報収集活動と法律の根拠
尊属殺重罰規定違憲判決のコンテクスト
司法消極主義と司法積極主義
愛媛玉串料事件におけるコンテクストの多層性
原発と言論——「政府言論」を考える
1952年4月28日の21条論
偽の「公共の福祉」?——経済的自由規制と政治過程
 コラム…積極目的規制
「生存権」の財政統制機能——生活最低限度保障における「財政事情」の位置
「憲法訴訟」における見すごし難いギャップ——救済なき違憲判断
徳島市公安条例事件判決を読む——「コンテクスト」としての分権改革
天皇と政治

●part.3 インタラクション
鳥籠の中の「言論」?——「公の施設」の閉鎖性/「道路」の開放性
「政府の言論」と「思想の自由市場」
対 談

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 328ページ
  • 出版社: 日本評論社 (2019/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4535520992
  • ISBN-13: 978-4535520998
  • 発売日: 2019/10/21
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 223,506位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう