中古品
¥ 225
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 小桜堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 普通の状態の本だと思います(問題点はございません)*ご注文の翌日に発送致します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

憲法九条はなぜ制定されたか (岩波ブックレット) 単行本 – 2006/4/5

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 184
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

古関/彰一
1943年東京都生まれ。早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了。和光大学教授を経て、1991年より獨協大学法学部教授。専攻=憲法史。日本国憲法の制定過程に関する研究をはじめとして、憲法の平和主義の軌跡を講和条約、安保条約との関わりで明らかにしてきた。現在は、安全保障論を新たな視角から考察している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 55ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2006/4/5)
  • ISBN-10: 4000093746
  • ISBN-13: 978-4000093743
  • 発売日: 2006/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 20.4 x 14.4 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 540,590位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

投稿者 読書散歩 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/4/17
形式: 単行本
象徴天皇を規定した1条と、戦争放棄をうたった九条とがワンセットだった。極東委員会による天皇の戦争責任を回避する目的で、恒久平和と交戦権の放棄を国際的に知らしめるためにマッカーサーが捻り出した案がこれだったとのこと。
そして、平和憲法制定の背景には、沖縄の基地化(「沖縄人は日本人ではない」‐マッカーサーの認識)もあった。
その後、九条問題は戦争放棄と軍備不保持の件が一人歩きし、天皇制、戦争責任、沖縄の基地化と切り離され、結果として「敗戦後の日本が国際社会に復帰するために必要な憲法とは何か。といった視点が欠け」(p.39)しまった。
「日本国憲法の平和主義は、戦後世界で日本が生きていくためのパスポートであったことをあらためて確認」(p.47)しなければならないのだ。今年は憲法制定60周年、わずか60年の年月しかたっていないのに、憲法九条の発案者が誰であったのか、幣原首相なのか、吉田茂外相(当時)なのか、はたまたマッカーサーなのかが、最近まで分からなかったというのだから、これは政治が密室で行われていたことの証ではないか?
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
わたしたちが今の時点から憲法問題を考えるとき、それは「戦後的帰結」という視点から捉えます。日本国憲法が制定されて以来、戦後改革、日米安保の制定と反対運動、高度成長、そして現在の改憲の動きと、陸続とある政治過程のなかで、憲法9条をめぐる社会意識は大きく変わってきました。そもそも、憲法9条はなぜ制定されたのか?古関氏によると、憲法9条を成り立しめたのは、ひとつには、昭和天皇の戦争責任問題でした。古関氏によると憲法9条の事実上の「発案者」であるマッカーサーにとって、守るべきものは「象徴」天皇制であり、天皇に対する被害諸国の非難や責任追及の声を避け、「日本−天皇」自らが、積極的に平和と人権を尊重する宣言=憲法を打ち出すことが必要でした。昭和天皇を戦犯から除外することが第一の目的でした。実際、憲法を審議した帝国議会では、憲法9条が持つ意義について真摯な議論も、アジアにどのような加害を与えたのかという議論も、まったくありませんでした。そして、当初から沖縄は、戦後憲法体制から除外されていました。憲法9条は天皇制条項とともにアメリカから「押しつけられ」、その過程で軍事を沖縄に「押しつけ」たのです。「戦後的帰結」という視点からすると、そのあまりの隔たりに驚かされます。しかしそれは、制定「後」の闘いや運動によって与えられた「実質」がいかに大きなものであったかをも浮き彫りにします。ちょうど自由を約束した...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/2/1
形式: 単行本
 2006年、古関彰一氏によるブックレットです。

 日本国憲法で、やっぱり引っかかるのは9条。。。そこで、より深く知りたいと思って読んでみました。

 ソ連、豪州などが天皇制の廃止を訴えるところがスタート地点。
 そこで、「天皇制を維持するためにどうするか?」ということで9条が出てくるわけですが、
9条の起源として幣原説、吉田説、マッカーサー説などが紹介されます。
 一般的には、マ説が強いと思いますけど、それでは羽室メモは捏造なのか?となってしまうので。。。結局、真相は藪の中だと思います。
 
 沖縄については、
1945年10月の時点で、米統合参謀本部が沖縄・小笠原等を米国の統治の下に置くべきと決定(P30・我部正明「日米関係のなかの沖縄」より引用)
していた旨が、とても引っかかります。かなり早い時点ですし。

 他、読んでみて、思ったのは、
・ マッカーサーが1条と9条に固執していたことに、妙に納得。
・ 吉田答弁は、天皇制維持のためのものでは?
・ 勅語にGHQが制作した形跡(P20〜23)があるのなら、沖縄基地化の天皇メッセージもGHQ絡みなのでは? など。

 9条は、「9条 & 国連憲章・敵
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告