Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 216の割引 (14%)

ポイント : 12pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[阿川尚之]の憲法で読むアメリカ史(全) (ちくま学芸文庫)
Kindle App Ad

憲法で読むアメリカ史(全) (ちくま学芸文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1,142

商品の説明

内容紹介

建国から二百数十年、自由と民主主義の理念を体現し、唯一の超大国として世界に関与しつづけるアメリカ合衆国。その歴史をひもとくと、各時代の危機を常に「憲法問題」として乗り越えてきた、この国の特異性が見て取れる。憲法という視点を抜きに、アメリカの真の姿を理解するのは難しい。建国当初の連邦と州の権限争い、南北戦争と奴隷解放、二度の世界大戦、大恐慌とニューディール、冷戦と言論の自由、公民権運動――。アメリカは、最高裁の判決を通じて、こうした困難にどう対峙してきたのか。その歩みを、憲法を糸口にしてあざやかに物語る。第6回読売・吉野作造賞受賞作の完全版!

内容(「BOOK」データベースより)

建国から二百数十年、自由と民主主義の理念を体現し、唯一の超大国として世界に関与しつづけるアメリカ合衆国。その歴史をひもとくと、各時代の危機を常に「憲法問題」として乗り越えてきた、この国の特異性が見て取れる。憲法という視点を抜きに、アメリカの真の姿を理解するのは難しい。建国当初の連邦と州の権限争い、南北戦争と奴隷解放、二度の世界大戦、大恐慌とニューディール、冷戦と言論の自由、公民権運動―。アメリカは、最高裁の判決を通じて、こうした困難にどう対峙してきたのか。その歩みを、憲法を糸口にしてあざやかに物語る。第6回読売・吉野作造賞受賞作の完全版!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6051 KB
  • 紙の本の長さ: 291 ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2013/11/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B012M4DZBW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 28,963位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
憲法で読むアメリカ史(上) (PHP新書)憲法で読むアメリカ史 下 PHP新書 (319)の不要箇所を一部削除し合冊にした文庫本。

自分のいた大学のアメリカ法の講義でもPHP新書時代に参考図書として紹介されていたため読んだが読み易く、アメリカ憲
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「多元」「権力分立」は、米国を知る上でのキーワード。
外から見ていて一番解りにくいけど、重要な役割を果たしてきたのが司法。
最高裁判所は、厳密な論理構成の下「法律論」を闘わせる司法機関であると同時に、三権分立の下で連邦の権力の一翼を握る「政治機関」でもある。
アメリカ合衆(州)国憲法は、200年以上続く世界一古い成文憲法であり、人工国家たる米国のの背骨。
そんな憲法の判断・解釈を通じて、最高裁判所は、米国の歴史のいくつかの局面においてこの国の基本的な在り方、方向性を決定づけてきた。
憲法をめぐる議論の歴史を見ていると、最も重要なテーマの一つが、連邦制=州権論、つまり連邦と各州の権限の配分をめぐる議論であったことがわかる。
外国人にとって一番分かりにくいのが、この連邦と州の権限分立の問題。
現在のティーパーティーの問題も、同性婚の問題もこの州権論の問題と強く関連している。
まだまだアメリカについて知らないことが多い。

憲法判例史というとても固いテーマだけど、その筆致は明快で軽やか。読みやすい。
最高裁判所の方向性を決定づけてきた首席判事をめぐる様々なエピソードが挟まれるなど、読み物としても楽しい。
アメリカ法、憲法の本としてだけでなく、米国政治、米国論の本として読
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
題名は面白そうに見えませんが、人に薦められて読んでみて、すばらしく面白い本でした。
歴史ものがそんなに好きでない僕でも、単純に読んでて面白く、どんどん読み進められます.
アメリカという国の成り立ちや理念、あるいは公民権運動をはじめとする現代的な問題まで、アメリカの国や社会についての基礎的な知識が得られ、アメリカという、よく知っていると思いこんでいた国について、全然わかっていなかったことを実感しました。
日本の最高裁判所が、アメリカの憲法裁判で示された考え方に大きく影響を受けていること、その一方で、違憲審査に対する裁判所の姿勢は全然違うことも改めてわかりました。司法部門の積極さが、アメリカという国の、常に前進するダイナミズムの一翼を担っているのだと感じさせられます。
これからアメリカに留学等で渡航する人にとっては、必読の本ではないでしょうか。
アメリカに興味を持っている方に強くお薦めします。僕ももっと早く読んでればよかった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Prof. Shigemi Ohta 投稿日 2015/11/23
形式: Kindle版
合衆国憲法の歴史を最高裁場所を中心として策定からバーガーコート時代まで簡潔にまとめた好著。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す