Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,242
(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[松元ヒロ]の憲法くん
Kindle App Ad

憲法くん Kindle版

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,242
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 2,265

紙の本の長さ: 48ページ 憲法くんと類似の本
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「こんにちは、憲法です。70歳になりました。わたしがリストラされるといううわさを耳にしたんですけど、ほんとうですか」そんな科白からはじまる、芸人・松元ヒロ氏のひとり芝居『憲法くん』の舞台を、平和を愛してやまない絵本作家・武田美穂氏が絵本に仕立てます。憲法改正の動きが急な状況のなかで、本書は静かに、心をこめて、「日本国憲法」の大切さを訴えます。

内容(「BOOK」データベースより)

井上ひさし、立川談志、永六輔が絶賛した著者の、話題のひとり芝居が絵本に。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 28253 KB
  • 紙の本の長さ: 52 ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/12/19)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N5QA436
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 88,630位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ヒロさんの春と秋の紀伊国屋ホールでのライブには、毎回欠かさず観に行っています。最新のネタを使った笑いと、映画や小説などを題材にした涙と感動のステージが両方楽しめます。両面ともヒロさんの人間性の溢れたものになっています。
今回の絵本は、後者の感動を、ステージと違って、武田美穂さんの絵と共に伝えています。この「憲法くん」のステージは、すでに古典落語の域に達しています。70歳と言わず、100歳、200歳と祝っていってほしいです。
井上ひさしさんは「日本国憲法の前文、感動しました。ヒロさんが語る前文からは、とても深い思想を感じました」と言う。心地よい詩のような文章に、絵も力をくれます。
ヒロさんのアンコールの文章には、「焼け跡のシーンでは、小さな女の子が瓦礫の上にすわっていますね。わたしはこの絵に深い感銘を受けました。この女の子の心のなかに、平和を思う気持ちの種があるという気がしてなりません」とあります。ヒロさんの優しさと着眼点の素晴らしさに心うたれます。もちろん絵本全体にも、それが溢れています。
「現実を理想に近づける」パワーをくれる絵本です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
教文館ナルニア国の憲法イベントの企画で開催された 松元ヒロ 公演 「憲法くん」のステージを楽しませていただきました。松元ヒロ さん。ご存じない方には「元コント・ザ・ニューズペーパーのピン芸人」と申し上げれは芸風が想像しやすいでしょうか。

いつもの胸のすくような権力批判と抱腹絶倒でしたが、いちばん長いネタは永六輔さんとの心温まる交流のお話しで、ジーンとくるものがありました。チラッと出る談志師匠や小沢昭一さんのものまねもすごく上手で面白いけれど、松元さん「黒い花びら」とか、「上を向いて歩こう」とか歌がうまいなあ。

この新著のあとがきにあたるところに「永さんから、亡くなるまえにいただいた最後のメッセージは『9条をよろしく』でした。井上ひさしさん、談志師匠、永さん‥みんな星になってしまいました。でも、だからこそ、彼らから受けとったバトンは、ちゃんと次の世代に、とりわけ子どもたちに渡していかねばと思っています」とあります。頼もしい!

ライブは思いっきり笑い、少ししんみりし、帰り道にはなんか力が沸いてくるようなイベントでした。帰宅してこの「絵本」を開き、ストレートな主張が、なんというかペーソスまじえて、じんわりと迫ってくる。一家に1冊!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一家に一冊憲法くんで、もう、一度、日本国憲法を、見つめなおしては、如何でしょうか?太平洋戦争で、多くの犠牲を払って、得た民主主義根幹の法律です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
絵がかわいいので、子供も興味を持ってみていました。小さい子供には、憲法という仕組みがまだ理解できないようですが、説明してあげると大事なことなんだなということは分かったみたいです。今の安倍政権と自民党、その背後にいる日本会議などの極右勢力の傍若無人ぶりを見ていると、子供の将来を守るために、憲法を守らなければならないと改めて感じます。2016年12月のFacebook世論調査が本当の国民の声です。良識ある大人の90%以上は味方ですので、怖がらず自信を持って安倍政権での憲法改正を阻止しましょう。しかし、これだけポリシーを持って活動してる芸人さんがいることに、非常に感動しました。松元さんには長く頑張ってほしいです。

『憲法改正誓いの儀式』あるいは『日本会議 動画 憲法改正 人権削除』でググると、色々な動画が見れますが、「国民主権、基本的人権、平和主義を削除しよう」など、民主主義国家の政治家の発言とは思えない、とんでも発言が多く聞けます。安倍首相も同席していることが分かりますが、どういう意図で憲法改正と戦前回帰を目論んでいるかは明白です。彼らは、中国や北朝鮮と同じ独裁国家にしたいようです。戦前回帰した場合、不幸な思いをするのは庶民であり、それは安倍政権を支持していても支持していなくても同じです。それに反して、安部内閣や日本会議の幹部たちは、決して悲しい思いをすることはな
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover