この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 216 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 864
Kindle版
¥ 1,080
ペーパーバック新書の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 216 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
憲法がヤバい (ディスカヴァー携書) がカートに入りました
+ ¥ 256 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 本の状態「非常に良い」の内容につきましてはアマゾンが定めるガイドライン規約の3つの項目の範囲に従っております。メール便にて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

憲法がヤバい (ディスカヴァー携書) 新書 – 2013/7/7

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

この商品には新版があります:


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

自民党憲法改正草案をめぐって、にわかに憲法改正論議が高まっています。
いわゆる9条改正や、もともとはGHQに押しつけられた翻訳憲法であることなどがその中心となりがちですが、
改正草案には、その影に隠れがちなもっと重要な「改正」が記されていることをご存じでしょうか?
ひとことで言えば、憲法というのがそもそもは、「国家権力を制約するためのものである」という「憲法の本質」を揺るがすものだからです。

24歳で最年少裁判官(当時)となり、現在は、弁護士としておもに民事に携わる著者は、イデオロギーからではなく、
あくまでも客観的立場から、自民党改正草案の問題点を突きます(ちなみに著者は、9条改正とそのほかの改正は分けて考えるべきだという立場です)。

その著者が最初に、自民党草案に疑問をいだいたのは、13条でした。
「個人の尊厳」は、憲法学の授業で初めに学習する「憲法の根幹」であるのに、その13条の「個人として」が、「人として」に変わっていたからです。
さらに、憲法の本質が、「国民の権利・自由を確保すること」から、「国家の形成・成長を確保すること」に、
基本的人権の内容も、「人間が生まれながらにして持っている権利」から、「共同体の中で生成された権利」に変わっていました。
国民主権も、「人類普遍の原理」から、「国の統治システムの一部」に格下げされていました。

こんな大転換が、私たち国民の一人ひとりがそれと理解しないまま、ムードの高まりの中で行われてしまったら?

憲法の改正が世間の空気によって決まってしまう前に、今一度、憲法について本質から考えていくことが必要です。
私たち一人ひとりが、自分の頭で考えて決断すべきときがきているのです。
平易な口調で語られる本書が、そのための恰好のテキストとなるでしょう。

巻末には、日本国憲法の全文が付録として、付いています。

出版社からのコメント

著者よりコメント
「憲法がヤバい」──直観的にそう感じたのは、憲法13条の改正草案を目にしたときでした。
「個人の尊厳」は、憲法学の授業で初めに学習する「憲法の根幹」です。
その13条の「個人として」が、「人として」に変わっている・・・いったい、どういうことなんだろう?
そんな疑念をいだきながら改正草案を見ると、憲法の本質が、「国民の権利・自由を確保すること」から、
「国家の形成・成長を確保すること」に変容していました。基本的人権の内容も、「人間が生まれながらにして持っている権利」から、
「共同体の中で生成された権利」に変わっていました。国民主権も、「人類普遍の原理」から、「国の統治システムの一部」に格下げされていました。
こんな大転換がはたして許されるのか、なにか取り返しのつかないことになるのではないか、そんな危機感から、本書を執筆しました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 236ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013/7/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479931355X
  • ISBN-13: 978-4799313558
  • 発売日: 2013/7/7
  • 梱包サイズ: 17 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 863,282位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2013年8月10日
形式: Kindle版|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年7月27日
形式: 新書|Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2013年7月20日
形式: 新書
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告