通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
慢性病を根本から治す 「機能性医学」の考え方 (光... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 のにわ書林
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品ですが、大きなダメージは見られません。防水封筒で水に濡れないようにして、日本郵便のゆうメール(郵便受け投函、追跡番号なし)で、できるかぎり早くお届けします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

慢性病を根本から治す 「機能性医学」の考え方 (光文社新書) 新書 – 2015/10/15

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 77

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 慢性病を根本から治す 「機能性医学」の考え方 (光文社新書)
  • +
  • ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)
総額: ¥1,858
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介


ビル・クリントン(元アメリカ大統領)が選んだ次世代医療
日本人として初めて認定医の資格を取得した医師が綴る、本格的入門書

うつ病、糖尿病、冷え、不眠症、
心臓血管病、腸の不調、アレルギー疾患etc.

食生活から対人関係まで、見直すべき、毎日の習慣とは?

◎ 内容紹介
「機能性医学」とは、糖尿病や高血圧といった発症メカニズムが複雑な慢性的な生活習慣病を、
できるだけ治療薬に頼ることなく、その根本的な原因に立ち返って完治を目指そうとする次世代の新しい医療を指す。
私たちが慢性疾患に悩むのはなぜか。投薬中心の治療ではどうして治らないのか。現代の医学と医療が抱えている課題は何か。
アメリカで機能性医学を学び、日本で初めて認定医の資格を取得した医師が、機能性医学の基本的な考え方から慢性疾患の隠れた原因、
そして治療薬に頼らないライフスタイルの改善方法までを詳しく紹介する、本邦初の本格的入門書。

◎ 目次

まえがき
序章 機能性医学とは?
【PART1 慢性疾患の隠れた原因】
1・1 心臓病
1・2 動脈硬化
1・3 便秘
1・4 精神的な悩み
1・5 頭痛
1・6 アトピー性皮膚炎
1・7 むくみと冷え
1・8 シミ
【PART2 7つの視点から捉える慢性疾患】
2・1 防衛と修復
2・2 消化と吸収
2・3 解毒
2・4 コミュニケーション
2・5 運搬
2・6 エネルギー
2・7 組織構造安定性
【PART3 慢性疾患を改善する5つの習慣】
3・1 ケトジェニックダイエットとは?
3・2 ストレスへの対処法
3・3 運動が健康に与える影響
3・4 睡眠と休息をどう取るか
3・5 孤独は喫煙より身体に悪い
あとがき

◎ 著者プロフィール
斎藤糧三(さいとうりょうぞう)
1973年東京都生まれ。医師。1998年に日本医科大学を卒業後、産婦人科医に。
現在、日本機能性医学研究所所長、日本ファンクショナルダイエット協会・副理事長、 ナグモクリニック東京・アンチエイジング外来医長。
遅延型フードアレルギー検査をいち早く導入し、
腸内環境の再生によってアレルギーなどの慢性疾患を根治に導く次世代型医療・機能性医学を日本に紹介、日本人として初めての認定医になる。
栄養療法、アレルギーの根本治療、ケトジェニックダイエット指導、
更年期症候群の治療、アスリートの栄養管理など、得意分野は多岐にわたる。

内容(「BOOK」データベースより)

「機能性医学」とは、糖尿病や高血圧といった発症メカニズムが複雑な慢性的な生活習慣病を、できるだけ治療薬に頼ることなく、その根本的な原因に立ち返って完治を目指そうとする次世代の新しい医療を指す。私たちが慢性疾患に悩むのはなぜか。投薬中心の治療ではどうして治らないのか。現代の医学と医療が抱えている課題は何か。アメリカで機能性医学を学び、日本で初めて認定医の資格を取得した医師が、機能性医学の基本的な考え方から慢性疾患の隠れた原因、そして治療薬に頼らないライフスタイルの改善方法までを詳しく紹介する、本邦初の本格的入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 242ページ
  • 出版社: 光文社 (2015/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334038867
  • ISBN-13: 978-4334038861
  • 発売日: 2015/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 125,978位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
機能性医学についての本です。

日本語で検索してもほとんど引っ掛かりません。

しかし、筆者の販売品を見るとちょっと、と思うところが出てきます。水素水とかね。ビタミンDも高いですし。

機能性医学について英語で検索すると色々出てきますね。(functional medicine)

Wikipediaによれば「Functional medicine is a form of alternative medicine」、つまり、代替医療です。そして、「It has also been criticized for being pseudoscientific.」つまり、疑似科学と批判されている、とのことです。

批判的な姿勢で話し半分で読むのが妥当でしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2015/10/27
形式: 新書
「どの取り組みも自分で試せるものばかりですし、治療薬を飲み続けるよりも低コストで行えます。慢性疾患に悩んでいる人は、できそうなものから気軽にトライしてみてください」。

「機能性医学」という日本では耳慣れない考え方を説明した本。著者はアメリカで機能性医学を学んで資格を取った医師。「機能性医学」というのは、慢性病を薬だけに頼るのではなく、その病気に関連している因子に影響を与える生活習慣を変えることで治療を目指すものだという。実際、病気の遺伝子を持っていることとそれが発症することは必ずしもイコールではない。いろいろな栄養素や運動などの習慣が肉体的・精神的にどのように影響を及ぼすかという因果関係を抑えながら生活習慣の改善を行ってゆく方法だという。

例えば、腸管機能の正常化のための5R(Remove, Replace, Repopulate/Reinoculation, Restore/Repair, Rebalance)。以下の7つの視点からとらえる慢性疾患及び改善点。
・免疫と炎症
・消化と吸収
・肝臓の解毒機能
・栄養状態やホルモンと精神状態の関係
・体内の循環系システム
・エネルギー代謝の仕組み
・筋肉と骨格といった体内組織構造の安定性

上記を受けて
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 M まさ トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/24
形式: 新書
この著書は、新しい医学として、「発症メカニズムが複雑である慢性疾患に対し、対症療法に終始するのではなく、発症原因に着目しながら、生活習慣にアプローチしてその予防と根本治療を目指す、十人十色の個体差を考慮した医学」機能性医学を解説しています。

現代人の多くの悩む慢性疾患に対して、心臓病、動脈硬化、便秘、精神的な悩み、頭痛、アトピー性皮膚炎、むくみと冷え、シミ、この8つを、解説している、ビタミンB郡の不足で動脈硬化が、ファーストフードの食べ過ぎが、うつ病を、たんぱく質不足で、むくみや冷えが起こっている。その他の話も、参考になる。

機能性医学は、慢性疾患を、7つのポイントから解説している。

1,防衛と修復は、炎症と免疫の関係を、また、消化と吸収では、自らエネルギーと栄養を合成出来ない為に、つねに食べ物を消化・吸収してそれらを取り入れている。

2,解毒では、肥満の一因に有害物質の蓄積が、肝臓に負担をかけて、正しく解毒が出来なくなる、 亜鉛は、胃潰瘍に処方されている。また、皮膚の傷を治す時にも、亜鉛を主成分としている、亜鉛化軟膏がある、亜鉛は、水銀の排泄も促される。

3,コミュニケーションでは、体内のコミュニケーションツールを円滑にするためには、たんぱく質、ビタミン、ミネラルのバラン
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告