Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,553

¥ 124の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[木村盛武]の慟哭の谷(第7刷)【HOPPAライブラリー】
Kindle App Ad

慟哭の谷(第7刷)【HOPPAライブラリー】 Kindle版

5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,553
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,677 ¥ 81

紙の本の長さ: 179ページ

商品の説明

内容紹介

1915年12月北海道苫前村。開拓地を襲い、死者8名を出した巨羆。熊害史上世界にも例を見ないこの惨劇の戦慄のドキュメント。

内容(「MARC」データベースより)

1915年12月北海道苫前村。開拓地を襲い、死者8名を出した巨羆。熊害史上世界にも例を見ないこの惨劇の戦慄のドキュメント。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 38759 KB
  • 出版社: 共同文化社 (2015/2/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00TQJPM0Y
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 98,604位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 イチ0102 投稿日 2015/7/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
羆嵐と熊風、三毛別の獣害事件の小説は読んだがこれはノンフィクションなので凄惨な様子が淡々と書かれていて恐ろしさ100倍
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 吉村昭の「羆嵐」も読みましたがあちらは小説、こちらはドキュメンタリーです。つまり、よりリアルです。
 ヒグマに襲撃される直前の住民のやりとりや運命のいたずらのような不運の描写もあり、よく調べたものだと思います。
 クマの恐怖だけでなく、当時の開拓民の生活をしるうえでも興味をそそられるものになっています。
 あっという間に読み終えてしまいました。 
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
日本最大の熊害事件、その記録であります。
もともとは営林局誌で2回にわたって発表された検証記事。がっつりお堅いドキュメンタリーかと思いきや、書籍化にあたって、多くの読者に事件を知ってもらうことを第一に大きく手を加えたようで、全体に平易な読み物といった感じでまとめられています。時々、著者の筆がすべりがちな気も。これならオリジナルの「獣害史最大の惨劇苫前羆事件」の完全復刻に、別章を立てて事件周辺の出来事や発表後の動き、取材当時の思い出をまとめるという構成にした方がよかったのではないでしょうか。ストイックな調査記録や資料集を期待なされた方にとっては物足らないかも。
詳しい経緯の他、事件にまつわるオカルト的なエピソード、演劇や小説への発展、現地の観光地化(!)などを幅広く紹介。初心者にもわかる三毛別熊害事件ガイドブックという感じです。
当時から40年以上が経ち(1960年代)、史料がない中、存命中の関係者からの聞き取りをもとに詳細を明らかにした著者の使命感に感服。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
吉村昭の表題作の後に購入。

事件自体を半生をかけて取材してきた筆者の魂が吉村さんの本に結実した、そんな印象を持ちました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
少し時間がたってからのレビューなので、新品で購入したかどうか忘れてしまったのですが、ハードカバーの状態がとても良かったです。
内容は、実在の事件を題材としており、別に『熊嵐』という小説もでているほど、有名な話で、本書はそのドキュメンタリーの形をとっています。
小説とはまた違い、実在で、まだご存命だった方々の貴重なインタビューなどこの本でなければ読めなかったと思い、購入して良かったと思います。
羆がどのように行動したか、など簡略なイラストもついており、実際を想像して、心拍数があがること必須です。
個人的には、小説『熊嵐』と対でもっていたい本です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あるネットでこちらの事件を知り、wikiで詳細を読んで、更に深く知りたくなり購入致しました。
とにかく、すごい事件だな~と。
木村さんの他のヒグマについての本は図書館で借りて読んでみました。
こちらの本は写真も多く・・・時代柄、白黒写真ですが・・・被害者の方のお顔の写真とかも多く、
それを見ると、ほんとに起こった事件なんだな~とあらためて思いました。
この本を読むと三国連太郎さん主演のTVドラマ『熊嵐』をすごく観たくなります!
日テレさん、再放送してくれないかなあ・・・。
コンスタントにこちらの本が売れているのが良く解る、意味深い本でした。
オススメです!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 虱蚯 投稿日 2006/6/22
形式: 単行本 Amazonで購入
自然は確かに美しいものであるし,優しい面もある。しかし,恐ろしい一面もあることを,私達はつい忘れがちである。本書は,ヒグマによる本邦最悪の獣害事件を通して,自然の恐ろしい方の一面を伝えてくれる。クマによる襲撃の描写は,生々しい。また,当事の開拓民の生活や,情報伝達の実態,事件を伝える新聞報道などにも触れており,当時の生活の一端を知るうえでも興味深い。

もともとは事件の約50年後に,事件の当事者への聴き込みなどによって,本事件の報告が綴られた。それから約30年後に,この『慟哭の谷』が出版され,今ではそれからさらに約10年が経った。当事者の証言も踏まえ,事件について詳しく書かれていることを考えると,本書は貴重な記録であると言えよう。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
羆嵐を先に読んだのですが、より事実を知りたく成り、購入しました。よく調査されており、背景やいきさつなど、わかりやすかったです。写真もふんだんに掲載されて、リアリティに富んだ作品でした。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover