無料配送: 3月4日 - 5日 詳細を見る
最速の配達日: 3月 4日の木曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点 ご注文はお早めに
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、MKYstoreが販売し、Amazon.co.jp が発送します。
慟哭の家 がカートに入りました
+ ¥230 配送料
お届け日 (配送料: ¥230 ): 3月5日 - 7日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◇◆amazon専用在庫◆◇ Amazonコンディションガイドラインの「良い」に該当するコンディションとなります。防水梱包にて迅速に発送いたします。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。状況に応じて返金・返品の対応をさせて頂きます。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


慟哭の家 (日本語) 単行本 – 2013/2/14

5つ星のうち3.5 16個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥3,980
¥3,980 ¥120
文庫 ¥880 ¥14
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

愛しているから、殺しました。障害を持つ家族を襲った悲劇。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

江上/剛
1954年1月7日生まれ。兵庫県出身。77年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。97年第一勧銀総会屋事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。2003年3月に退行する。2002年に『非情銀行』(新潮社)で小説家デビューをし、銀行を退行後は作家として本格的に活動。多くの企業・経済人を取材して、取材内容をまとめたノンフィクションも評価が高く、これまでの経験を基に書かれたビジネス書も多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : ポプラ社 (2013/2/14)
  • 発売日 : 2013/2/14
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 304ページ
  • ISBN-10 : 4591132358
  • ISBN-13 : 978-4591132357
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.5 16個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
16 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年6月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年9月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年10月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年3月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年7月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年5月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年8月22日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月1日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 家族愛があっても人を殺せるか
ユーザー名: 魑魅魍魎、日付: 2017年12月1日
ダウン症の息子と介護に疲れた妻を殺害した男の人生と裁判を通じて死刑を望む男の物語。
概要を述べるには余りにも重く簡単には表現できないほどの重厚感がある。
泥臭い経済小説を離れた本作品に江上氏の新天地を見た思いがした。
一般文学通算1990作品目の感想。2017/12/101 20:10
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像