通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
慈雨 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、値段表記の痕、経年や使用による傷み(多少のキズ・折れ・日焼け・シミ汚れ等)などがある場合がございます。帯の保証は致しかねます。商品に不備が見つかった場合は、メールでご連絡致します。店頭でも販売しておりますので、売り切れの際は、ご注文をキャンセル上、全額返金させて頂きますので、ご了承をお願い致します。 70163
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

慈雨 単行本 – 2016/10/26

5つ星のうち 3.6 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,543

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 慈雨
  • +
  • 恋のゴンドラ
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 55pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

警察官を定年退職した神場智則は、妻の香代子とお遍路の旅に出た。42年の警察官人生を振り返る旅の途中で、神場は幼女殺害事件の発生を知り、動揺する。16年前、自らも捜査に加わり、犯人逮捕に至った事件と酷似していたのだ。神場の心に深い傷と悔恨を残した、あの事件に――。
かつての部下を通して捜査に関わり始めた神場は、消せない過去と向き合い始める。組織への忠誠、正義への信念……様々な思いの狭間で葛藤する元警察官が真実を追う、日本推理作家協会賞受賞作家渾身の長編ミステリー!

【著者プロフィール】
柚月裕子(ゆづき・ゆうこ)
1968年岩手県生まれ。山形県在住。2007年「待ち人」で山新文学賞入選・天賞受賞。08年『臨床真理』で第7回『このミステリーがすごい! 』大賞を受賞しデビュー。13年『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞受賞。16年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞。著書に『最後の証人』『検事の死命』『パレートの誤算』『ウツボカズラの甘い息』『あしたの君へ』など。

内容(「BOOK」データベースより)

警察官を定年退職した神場智則は、妻の香代子とお遍路の旅に出た。42年の警察官人生を振り返る旅の途中で、神場は幼女殺害事件の発生を知り、動揺する。16年前、自らも捜査に加わり、犯人逮捕に至った事件に酷似していたのだ。神場の心に深い傷と悔恨を残した、あの事件に―。元警察官が真実を追う、慟哭のミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087716708
  • ISBN-13: 978-4087716702
  • 発売日: 2016/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,433位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 will 投稿日 2016/12/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
定年。この人生の大きな節目に誰しもこれまでの道程を振り返る。
神場の人生に自分の人生を重ねている。

ミステリーでありながら夫婦の物語、家族の物語、刑事、人間としての処し方など
多くのテーマが盛り込まれ、涙無くして読めませんでした。
読後カバーのイラストがなんと悲しくも優しく、心に染みてきました。

「慈雨」、八十八カ所巡り最後の結願寺を前にして神場夫婦を優しく潤している。
とても良い作品でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 four-leaf clover 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/11/25
形式: 単行本
柚月裕子さんの最新長編

物語の主人公は42年の警察官人生を終え、定年退職した神場智則(じんば とものり)

妻である香代子とのお遍路の旅の途中で、幼女殺害事件の発生を知ります。
その手口が16年前に神場が担当した事件に酷似していた為
旅の間、部下であり娘の彼氏でもある緒方(おがた)を通して捜査に関わり始めます。

四国八十八ヶ所を巡礼しつつ、それと並行して幼女殺害事件発生から事件の解決へとストーリーが同時進行して行きます。
16年前事件に関わった際の後悔・そして罪悪感から逃れられない神場の胸中が
丁寧に細やかに描かれていて胸を打ちます。

正義感は元より、警察官である前に人として真摯な姿勢を持つ緒方の生き様も魅力でしたが
妻の香代子がとても素敵に描かれていました。

お遍路の旅の経験があれば、丁寧な風景描写でより楽しめる内容になっていますし
その経験がなくてもミステリーとして、又人間ドラマとしても堪能出来る濃厚な1冊でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shormajing 投稿日 2016/11/2
形式: 単行本 Amazonで購入
柚月さんもいよいよこの領域に入る作家さんになりましたね。新作を読んで裏切られることがない。安心して物語世界へどっぷりと浸かることができる。警察官の真情と老年夫婦の慈愛をここまで深く彫り込むのはさすが。横山秀夫さんの警察小説よりもしみじみと心に染み込んでくる感じがします。2015年の『小説すばる』連載。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
上記の方と同じように期待通りの作品でした。ラストでは涙を必死に堪えました。次回作を楽しみにお待ちしています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
定年退職の刑事とその妻が四国八十八か所巡礼の旅に出るが、民宿のテレビで、元刑事の地元で幼女失踪事件が発生し、遺体が発見されたのを知る。それが16年前、同じ地元で発生した同様の事件とダブり、その犯人は今も刑に服しているので、元刑事は胸騒ぎを覚える。

ここで本書は現実の足利事件や、北関東連続幼女誘拐殺人事件をベースにしていることが判る。
元刑事は16年前の事件が冤罪ではないかと悩み、定年退職した今、それを現役の頃、強く云えなかった悔悟と懺悔の為、巡礼の旅を思い立ったのだ。

今回の事件で居たたまれない気持が、後輩刑事と頻繁に携帯で情報を入手する事になるのだが、並行して、交番勤務の苦労の時代や、先輩刑事のエピソードを過不足なく織り交ぜ、小説の奥行を広げていく。

四国八十八か所巡礼の旅が回想に相応しいガジェットだと思っていたのが、巡礼の旅での順打ちでない逆打ち巡礼者との出会いが、重要な位置を占めてくるのだ。ここから、読書にスピード感が増してくる。

柚月裕子は「孤狼の血」を読んで、そのリーダビリティといい、プロットといい、舌を巻いた記憶があるので、本書も読む前から期待値が高かったが、これは期待値以上の出来で、後半は特に巻を措く能わずである。

これは映画化して欲しいし、叶わぬな
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 happybear0823 VINE メンバー 投稿日 2016/11/10
形式: 単行本
”慈雨”とは、”万物を潤し育てる雨。恵みの雨”という意味だそうです。
定年退職した元刑事が自分を見つめなおすために、夫婦でお遍路をする。
事件を追い続けつつも、いぶし銀の刑事ひと筋の人生を振り返り、家庭を省みる。
そんななかで、15年前の事件に関して、決して消えることがない悔恨の情にさいなまれる。
現在の時間軸から、生い立ちから記憶をたどっていくシナリオで形成されています。
夫婦、親子、同僚との深い絆。
熟した味わいを出しています。
警官として忠実で、実直なキャラが映し出されていますが、全般に亘り、物悲しさが漂っています。
背負いものの重みを感じます。
ただ、事件を追う過程など警察OBが介在するといった所は現実的ではないと感じます。
家庭状況のくだりを含め、もう少し深くひねり、ドラマチックな展開を期待したかったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック