通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
感染源 防御不能のパンデミックを追う がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

感染源 防御不能のパンデミックを追う 単行本 – 2017/1/25


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/1/25
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 828

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

中世から現代に至る「コレラの足跡」をベースに、どうやって病原体が感染してパンデミックを引き起こすのかをわかりやすく紹介し、また、温暖化や都市化による病原体の増加など、社会の問題、近未来の問題として提起した話題の書。

■「私たちが何をすべきかがわかる」 エコノミスト
■「厳密に調査された、非常に有益な示唆」 ウォールストリートジャーナル
■「調査に基づく知的な論考」 ネイチャー
ほか各紙誌で絶賛。

【目次】
序 章 コレラの子
戻ってきた微生物
第1章 ジャンプ
ウェットマーケット、養豚場、南アジアの湿地で種の壁を越える
第2章 移動
運河、蒸気船、ジェット機で病原体が世界中に広まる
第3章 汚物
19世紀のニューヨーク市からポルトープランスのスラムや
中国南部の工場式畜産農場まで、あふれる汚物
第4章 過密
世界的大都市での伝染病の増幅
第5章 腐敗
私益対公衆衛生、アーロン・バーとマンハッタン社は
いかにしてニューヨーク市をコレラで汚染したか
第6章 非難
コレラ暴動、エイズの否認、反ワクチン運動
第7章 治療
ジョン・スノーの意見の圧殺と生物医学の限界
第8章 海の逆襲
コレラ・パラダイム
第9章 パンデミックの論理
太古のパンデミックの失われた歴史
第10章 次の伝染病を監視する
微生物の世界における私たちの立場を認識しなおす
用語解説
謝辞
原注

内容(「BOOK」データベースより)

10億人規模、世界的不況を誘発するパンデミックがいつ起きてもおかしくない。コレラの歴史的道筋をたどり、世界の感染源にみずから足を運んだ気鋭の科学ジャーナリストが問う「感染症時代」

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 356ページ
  • 出版社: 原書房 (2017/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4562053712
  • ISBN-13: 978-4562053711
  • 発売日: 2017/1/25
  • 梱包サイズ: 19.7 x 13.5 x 2.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 829,435位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう