中古品
¥ 2,142
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。中古品のため微キズ・微スレ等使用感がございます。通読には問題ございません。amazon販売専用在庫品。 amazon配送センターで保管しています。倉庫に保管の為コンディション等の質問にはお答えできません。ご了承ください。amazon配送センターより迅速に発送されます。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。注文や配送に関するお問合わせはamazonカスタマーサポートにてお受けします。当店では検品を慎重に行いコンディションを決定しておりますが、あくまで中古品の販売のため稀に記載以外の書き込み、折れ目、ヨゴレ、経年ヤケなどある場合がございます。ご了承くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

感染地図―歴史を変えた未知の病原体 単行本 – 2007/12/11

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「読売新聞」「朝日新聞」「日経新聞」「週刊文春」「SPA!」に続々と、書評掲載!

150年前のロンドンを「見えない敵」が襲った! 大疫病禍の感染源究明に挑む「壮大な実験」と「壮絶な闘い」は、やがて独創的な「地図」に結実していく……恐怖や惨劇のなかで進むスリルあふれる探偵劇から、公衆衛生の概念の転換点と、現代都市が抱える共通の問題を多面的に検証する話題作!
コレラ菌が微生物として正体を現す30年前に、大都市が襲われた脅威! 19世紀半ばのヴィクトリア時代。感染症の原因が微生物だという概念がまだなかったころ、コレラがグローバル化した交易網に乗ってやってきて、世界最大の大都会に成長していたロンドンの水源に入りこんだ。そう、このころのコレラは原因も治療法もわからない致死的な新興感染症だったのだ。

内容(「BOOK」データベースより)

150年前のロンドンを見えない敵が襲った!大疫病禍の感染源究明に挑む「壮大な実験」と「壮絶な闘い」はやがて独創的な「地図」に結実していく。恐怖や惨劇のなかで進むスリルあふれる探偵劇から、公衆衛生の概念の転換点と、現代都市が抱える共通の問題を多面的に検証する話題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 299ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2007/12/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309252184
  • ISBN-13: 978-4309252186
  • 発売日: 2007/12/11
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 276,306位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
米国の人気コラムニストによる書の邦訳版。1854年夏にロンドンで大発生した疫病の原因を、地道な観察によって明らかにした医師スノーと副牧師ホワイトヘッドの偉業(特に前者について)を、過去の記録文書に基づいたドキュメンタリータッチで紹介した書。原因不明の疫病コレラについて、細菌の存在さえわかっていなかった時代、疫病が汚染された空気によって伝搬すると信じられていたが、観察によってこの説が怪しいと直感したスノーが独自の観察と調査によって、特定の井戸が原因であることを突き止める。本文約270ページの分量で中高生以上が数時間〜数日かけて読むべき内容。

本書には疫学の基本的な考え方、疫病についての知識や科学リテラシーに関する重要な教訓が多く詰め込まれている。偉人物語というよりも、短絡的な思考に走る現代人への警鐘にようにも感じられた。医師スノーのすごい点は、19 世紀の医学にとっては悪魔の所業に帰結する短絡的な思考がはびこってもおかしくない、全く原因不明の疫病が蔓延している状況において理性的な調査と思考を停止しなかったことにつきる。途中に登場する彼への批判や無視に対する著者の意見は、逆の意味で似非科学を信仰する者が多い現代社会へのアンチテーゼであろう。本書の大半はコレラが流行した数日間についての記載であるが、いい推理小説は結末がわかっていても読み応えがあるのと似ているかもしれ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
新聞の書評を見て「エピデミック」と共に購入。

この物語には、致死的な細菌と、急成長する都市、そして天賦の才を持った二人の男という四つの主役が登場する。百五十年前のある一週間、底知れぬ恐怖と苦痛に見舞われたロンドン、ソーホーにあるブロード・ストリートで、この四つの主役たちは交差した。
―― 『感染地図』の「はじめに」より

と言うことで、1848年にロンドンの下町であるソーホーにあるブロード・ストリート−急成長する都市−で大発生したコレラ−致死的な細菌−の感染源を“天賦の才を持った二人の男”こと医師ジョン・スノーと牧師ヘンリー・ホワイトヘッドが画期的な統計調査で感染源を特定しついにはコレラのていくスリリングな“探偵”物語。

当時は最近やウイルスと言う概念はなく「瘴気説」という「悪い空気が病気の元」と言う説が主流だったが、ブロード・ストリートで発生したコレラをに関する情報を徹底的に収集し調べるうちにジョン・スノーは奇妙な点に気付く

・発生地区のど真ん中にあって死者が出ていないビール工場。
・三方がコレラ死亡者の家屋で囲まれていたにも係わらず、ブロード・ストリートの共同井戸ではなく市の給水と院内の井戸水を使用していたので救貧院での死者が535人中わずか5人だけだった例。
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
社会が瘴気説(病気の原因は“におい”だとする説)に凝り固まっていた時代に、おそろしく地道な作業によって、コレラの伝播は井戸水が原因だと指摘した医師ジョン・スノーと教区牧師ホワイトヘッドの物語です。1854年のロンドンにおけるコレラ伝染における彼らの努力を述べたのが本書です。

スノーはどの家がどこの水道会社の水を使っているか、不潔で伝染病患者が溢れるロンドンの街で、一軒一軒尋ねて聞き込み調査をしました。

そもそも井戸水が原因だと誰も思っていない状態で、死の街で聞き込みをしたのです。その努力に対しては心の底から尊敬します。スノーはすでにこの時代、麻酔医として成功者の地位にあったのに、自分は安全な高みにいて知らん顔をするのではなく、現場で徹底的に調査をしたのですから。こういう人たちのおかげで、医学は発達してきたのだということがよく分かる本です。

そしてさらにいえば、そのおかげで、そのままなら人間にとっても環境にとっても悪影響が重くのしかかるはずだった都市での生活が、一転して健康を伸長させる場所となったのです。つまり都市の生活者のほうが医療機会が豊富で、かつ、女性に就業機会が与えられ土地の値段が高いことから、人口の抑制が行われるということです。

著者は都市化の流れを「人間にとっても環境にとっても不健康に
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 H.Y2. 投稿日 2008/8/11
形式: 単行本
メインテーマとは違うかもしれないが、19世紀のロンドンの不潔さの描写がすばらしいと思った。下水装置のない状態で人々が都市に集まったらどうなるか? 将来の日本でも、エネルギー不足、労働力不足などで現在の下水システムを維持できなくなったときどうなるか、ぞっとする。この本以来、毎日の大小便のたびに今の世の中のありがたさを思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告