Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,499
ポイント : 14pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[アンジェラ・アッカーマン, ベッカ・パグリッシ, 滝本杏奈]の感情類語辞典
Kindle App Ad

感情類語辞典 Kindle版

5つ星のうち 3.4 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,499
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1,693
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ


商品の説明

内容紹介

古今東西、どんな名作にも必ず共通するのは、登場人物たちの「感情」が豊かに描かれていること。でも、頭で考えるだけでは、どうしてもいきづまりがちで、気づくといつも同じリアクションをさせてしまったり、大げさに書きすぎてリアルでなくなってしまったり…。こうした失敗に陥らずに、そのキャラクターらしい、自然でオリジナルな表現を生み出すには、どうすればよいのでしょうか?

本書は、人間の喜怒哀楽を項目化し、それぞれの感情に由来する行動や反応を集めた、創作者のための新しい「類語辞典」です。本書が手元にあれば、お決まりの表現に頼らずに、登場人物をより人間らしくリアルに描き、物語を引っ張っていく魅力的なキャラクターを生み出すことが可能になります。

ある感情における、目に見える「外的なシグナル」、体の内側に起こる「内的な感覚」、心理状態を表わす「精神的な反応」、そしてその感情が強烈だったり、長期にわたる場合のサインや、本人が周囲に隠したり、自覚がない場合のサインなど、ひとつの感情につき、60~90個前後の「類語」が収録されています。

アメリカの小説家志望者向けの創作支援サイト「Writers Helping Writers」で読者からその実用性を高く評価され、待望の書籍化が実現した本書は、米アマゾンで星4.7点(979レビュー)、書評サイト「Goodreads」で星4.5点(2182票)と、多くの読者から高い評価を獲得しています。(※2015年11月時点)

小説家だけでなく、脚本家、シナリオライター、漫画家、さらには演出家や俳優など、物語の執筆だけでなく、キャラクター作りや役作りといった<人間を表現する仕事>のよき相棒として、あらゆる創作者を助けてくれる「類語辞典」です。

飯間浩明(国語辞典編纂者)推薦!

内容(「BOOK」データベースより)

キャラクターに命を吹き込み、より豊かな物語を表現するために。人間の喜怒哀楽を項目化し、その感情に由来する行動、反応、心理パターンを集めた、悩める創作者のための新しい「類語辞典」。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1675 KB
  • 紙の本の長さ: 301 ページ
  • 出版社: フィルムアート社 (2015/12/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M3TOML5
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 42,994位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
広告代理店やテレビ局がある東京・赤坂の書店
で目立つ感じで売っていた本。

「愛情」や「好奇心」「憎しみ」などの感情に
ついてひねりのない言い回し・表現ではなく、
外見的な表現や内面的な表現、心理的な表現法
などいろいろなパターンを紹介する辞典スタイ
ルの内容。1つの感情表現で少なくても40以上
の表現を紹介しています。帯にも書いてありま
すが、作家などの物書き以外にも俳優さんとか
も自分の役作りのヒントになるような感じ。

著者の2人は北米の若年層向け小説の作家なので、
日本人とはちょっと違う表現もあるとの注釈も
ありますが、そんなに大きな違いはありません。

感情表現はアルファベット順ではなく、あいう
えお順で掲載。ちゃんと最初から読んでいくと、
結構、ネガティブな表現が多いので気分はどん
よりします。

例えば「絶望」という項目では、外的なシグナ
ルでは「やせ衰えた姿」「ひどい食生活」、内
的な感覚では「胸にぽっかりと穴が空いたよう
な感覚」、精神的な反応では「自傷行為の願望
を抱くようになる」、強度のあるいは長期の感
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
『類語国語辞典』のような、事細かなニュアンスが書いているかと思ったのですが、
そのあたりの説明はありません。
1つの感情表現に対し、多くの代替表現が紹介されている本なのですが、
翻訳書のためか、私には各々の表現がピンときませんでした。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 頁は怒りや悲しみなど、感情表現の様々な形の羅列。素人物書きの私には「なるほどねぇー」と楽しく読めました。作者は外国の方ですが、この人の小説指南本も読んでみたいですね。ただ、本が薄い割にお値段高めだと感じたので☆ひとつ減らさせていただきました。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
文章を作る人間にとってはありがたやな書籍です。
書かれている事がシンプルですぐ頭に入ります。
多分翻訳も同じく原文もシンプルなのではないで
しょうか。
文章に色々飾りづけを盛っていくとついつい余計な
ものまでつけていく癖がある自分にとっては、つま
づいたなーと思った時ぱらぱらめくります。
気分転換というか、清涼剤的な本でした。読むサプリ?
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
価格が高い。
ページ数は180ページしかないのにもかかわらず、1600円+税は思い切った値段設定で、買うのに躊躇した。
1ページ単価10円の価値はあったか。そこに疑問が残る。結論からいって、私は、たしかにあった。
通常の辞典と違う、見開きでさっとわかる辺りとても親切だ。
まず「本書で書かれた文字だけを使用する」のではなく「文字からの連続性を書く目的」という用途の説明もある。つまり、辞典であるがスピリチュアルの細かな表現が載っていて、連想がしやすい。
「外国人が書いたから」というレビュアーもいるが、その点は気にならなかった。訳者の滝本杏奈氏は、むしろうまかった。
私がamazonで買ったとき、すでに売り切れていた。注文してしばらくし、予定より早く入荷したと連絡があり、ようやく手に入れられた。発売からひと月しか経ってないのに、3刷目だったのにも驚いた。評判が広がりつつあるのかもしれない。

本という媒体自体、手に入ればプラスにしかならないと思う。欠点は値段と、参考にしたいかどうか、ただ2点のみ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
面白い本ですが、あくまで北米人の感覚です。
この本に忠実に描写したキャラクターは、私達日本人の感覚からすると「感情表現の豊かな人」という(おそらく著者の意図していない)キャラ付けがなされるのではと思います。
特にボディーランゲージに関する描写は一般的な日本人には当てはまらないものが多いです。

逆にそれを前提に読むのであれば良書です。
「感情表現の豊かな人」や北米人のキャラクターを書きたい人には文句なくお勧めできます。
北米人の感情表現の仕方を知るための参考資料としては最高のものかも知れません。
前文の「感情の書き方」やコラム「書き手のためのヒント」は日本人にも参考になる部分が多いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover