この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

感性をきたえる素読のすすめ―くりかえし声を出して古典を読むことの楽しさと価値 単行本 – 2004/1

5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,170
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



4/25 23:59まで Amazonタイムセール祭り開催
期間限定!人気商品がお買い得のタイムセールに、合計10,000円以上のお買物でポイントアップチャンスも。 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

 「声に出して読みたい」「口に出したい」などの言葉を冠した書籍は数多くあるが、たとえば僧侶が読経している時の脳波は、モーツァルトの曲を聴くときと同レベルのアルファ波を出すというデータもある。素読は脳を活性化させると同時に、反復・持続することによって感性を磨き、学問の素地をつくるのに最適であるという。本書はこの素読の価値を学問の見地から検証するほか、古今東西の名文や聖書を取り上げながら、声を出して読むことの意義を説いている。

   著者の安達忠夫は埼玉大学教授で、ドイツ・北欧文学と児童文学を専門とする学者である。『ミヒャエル・エンデ』『母と子の漢文語感教育法』などの著書があるほか、詩や童話の翻訳も手掛けている。「音読」が一種のブームになるずっと以前よりその価値を提唱しており、古典を中心とした「音読式素読」の寺子屋を子どもたちのために長年開いている人物でもある。本書も1986年に1度発表し、残念ながら絶版となった講談社現代新書版の復刻である。

   日本語の言葉のなりたちや日本の国語教育の歴史、外国語教育との相違など深い学識をもとに語る日本語論は、重厚で読みごたえも大きい。また長いヨーロッパ生活から得た西洋での言葉がもつ役割を体験的に語っていて興味深い。中国文学にも多く言及し、李白や杜甫、聖書などの実例も多彩で、言葉というものの豊かさ、そして著者の言葉への深い愛情がにじむ貴重な1冊だ。(田島 薫)

内容(「BOOK」データベースより)

音の響きとリズムが心に浸透していく「素読」の経験は、生涯を通じて子供の成長の助けとなる。寺子屋の知恵がいまよみがえる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: カナリア書房 (2004/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778200020
  • ISBN-13: 978-4778200022
  • 発売日: 2004/01
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 180,834位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年1月28日
形式: 単行本|Amazonで購入
コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年11月15日
形式: 単行本|Amazonで購入
コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年9月16日
形式: 単行本
コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年7月2日
形式: 単行本
コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告