この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 2,050より 中古品の出品:15¥ 134より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 辻井伸行 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2009/9/9)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: KING RECORDS
  • 収録時間: 69 分
  • ASIN: B002EQAYUE
  • JAN: 4909346717800
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 116,205位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ショパン:練習曲 Op.10より第1番ハ長調
  2. ショパン:第2番イ短調
  3. ショパン:第3番ホ長調「別れの曲」
  4. ショパン:第4番嬰ハ短調
  5. ショパン:第5番変ト長調「黒鍵」
  6. ショパン:第6番変ホ短調
  7. ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番変ロ長調「ハンマークラヴィア」
  8. リスト:ラ・カンパネラ(パガニーニによる超絶技巧練習曲集より第3番 嬰ト短調)
  9. ジョン・マスト:即興曲とフーガ(ヴァン・クライバーン国際コンクール委嘱新作/新曲演奏課題)

商品の説明

「第13回ヴァン・クライバーン国際コンクール」国内盤緊急発売!!

今年6月9日にアメリカで行われたヴァン・クライバーン国際コンクールで見事優勝を果たし、今や時の人の辻井伸行。
その話題の「第13回ヴァン・クライバーン国際コンクール」のライブCDの緊急発売が決定しました!!
大曲にして難曲のベートーヴェンの「ハンマークラヴィア・ソナタ」をメインに、ショパンの「別れの曲」やリストの「ラ・カンパネラ」などの人気曲が入っているのも嬉しい限り。
他にも、同コンクールのために書き下ろされた新作課題曲の一つで、ジョン・マストの「即興曲とフーガ」にも注目!
彼はこの曲の演奏によって、新作課題曲の最も優れた演奏に対して与えられる“ビヴァリー・テイラー・スミス賞”も受賞しました!!。
直情的な推進力と緊張感は彼ならでは。感動的な力演をじっくり味わえます!

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
「目の見えない少年が素晴らしいピアノを弾く」という話題で、随分前からテレビの特集番組を見て彼のことは知っていました。とにかくきれいな音色でひたむきなピアノへの取り組み方にも感動しました。それでもショパンコンクールに挑戦したときは、まだ曲によってはリズム感などに物足りなさを感じるときもありました。
そして今回、ヴァン・クライバーン・コンクールで優勝した後、テレビ出演した際の演奏を聴き、もっと他の曲も聴きたいと思い購入しました。
とかく、「盲目の〜」ということで話題になりますが、もうそういう形容詞は彼に失礼だと思います。澄んだ音色、軽やかで正確なタッチ、そして何よりも聴く者をその曲の世界に浸りきらせてくれる不思議な力が彼のピアノにはあります。
夜中の1時過ぎにこのCDを初めて聴きました。とても気持ちがよかったです。楽譜を見て覚えたのではなく、耳で自分で聞いて曲を覚えたということもあるかもしれません。とにかく、一音、一音が心に響いてきます。ショパンのなじみの曲も多く、誰が聴いても楽しめるCDだと思います。リストのラ・カンパネラも素晴らしい。
是非いつか、生で彼の演奏を聴いてみたくなりました。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 右手と左手それぞれの音を別に録音してもらって、それを聴くことで自身の音楽スタイルを創り出してきた演奏家がスポットを浴びることになって3ヶ月余りの月日が経とうしている。
 けれど世の騒音を他所に彼の音楽に対する姿勢は揺らごうともしていない。昨晩の夜中、ヘッドフォンを耳にあててこのアルバムを聴いた。デビューアルバムで聴いた感動はそのままに残されていた。“作者と共に楽しみ”“聴衆と共に楽しむ”、これは容易くできる所作ではない。日本では“聴衆”も“演奏者”も肩に力が入って、演奏者の中には意識せずとも“聴かせてやる”姿勢が垣間見えることもある。しかしながら辻井さんからはそうした姿勢が微塵も伝わってこない。ラベック姉妹やランランが微笑みを浮かべながら演奏している姿に似ている。
 リストの『カンパネラ』。時に激しく時に切ないこの作品をこれまで様々な演奏家の演奏で聴いたが、今回の演奏は私の中では5本の指に入る出来映えだった。“超絶技法”と呼ばれるリストの作品を彼は楽しんで演奏している。
 私の個人的なイメージの中には、ヨーロッパのとある国の都会から少し離れた街のはずれ、1人の顎髭を蓄えた老境にさしかかろうとする男がそこにある森を散策している。季節は間もなく冬の足音が聞こえてくる秋。時に木々の間からは木漏れ日が男を優しく包み込み、時に男は溜息をつく。そんな光景が浮かん
...続きを読む ›
4 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
クラシックとは無縁の生活を送っていた私が初めて辻井さんの演奏を聞いたのは、テレビ朝日の番組でした。そのときはまだ彼は13〜14歳くらいだったと思います。カプースチンの「8つの演奏会用エチュード 作品40 夢」を演奏されたのですが、眼前に一瞬、きらきらと水がはじけるような映像が見えるほど、鮮烈な印象を受けたのを覚えています。
専門的なことは分かりませんが、この「ヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ」は、もともとの真っ白な美しさに満ちた世界に、さらに青年の勢いのようなものが加わっていて、自然に引き込まれて聞き入ってしまいます。
今後も辻井さんの成長を楽しみに、母のような気持ちで応援しています。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
自家用車のCDとして、毎日聴いている。気持ちが洗われるようだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
そう言いたくなる弾き方で大ファンになってしまいました。最高でした
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告