この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

感動のショパン~ヴァン・クライバーン・コンクール・ライヴ

5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,998 通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、ミラクル ハッピー.コムが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 辻井伸行 ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 感動のショパン~ヴァン・クライバーン・コンクール・ライヴ
  • +
  • debut
  • +
  • THE BEST
総額: ¥9,712
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: 辻井伸行, フォートワース管弦楽団
  • 指揮: コンロン(ジェームズ)
  • CD (2010/4/28)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: キングインターナショナル
  • 収録時間: 71 分
  • ASIN: B00396DWRU
  • EAN: 4909346717831
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 7,698位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11
  2. 練習曲集 Op.10 (12曲)
  3. 子守歌 Op.57

商品の説明

辻井伸行、ヴァンクライバーン国際コンクールライブの第2弾。
本選でのオーケストラと共演したショパンの「ピアノ協奏曲第1番」をメインに、前作では半分しか収録できなかった練習曲を全12曲にプラス「子守歌」を収録したショパンアルバムです。

今回はヴァンクライバーン国際コンクールのファイナルの演奏がおさめられており、2009年6月4日「ピアノ協奏曲第1番」同年6月7日「子守歌」優勝につながった秀逸の演奏を聴く事ができます。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
私が辻井君のショパン協奏曲第1番を全曲初めて聞いたのは、ヴァン・クライバーンのウェブサイトでした。コンクールのドキュメンタリーでも、審査員の方が「甘美で優しく、心揺さぶる誠実さで弾いている。涙を抑える事が出来ず、部屋の外に出た。」と絶賛されていましたが、私も涙が止まらず最後まで感動しどうしでした。この曲は、ショパンが故郷ポーランドを発つ時に、自分で演奏したと伝えられていますが、彼の演奏を聴いていると、ショパンの切ない思いや故郷への心残りが伝わってくるように感じられます。フォートワース管弦楽団も辻井君の演奏に呼応して、一体となって盛り上がって行く演奏は、コンクールというよりコンサートのようですばらしいと思います。また曲の終わりに聴衆の拍手と歓声が入っているので、コンクール会場にいるような臨場感もあり、自分も観客の一人になったような気分も味わえます。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
クライバーンコンクールのDVDを見ると、ショパンの協奏曲を聴いた審査員の1人が
「彼をとても崇敬する・・神は彼の目を奪ったが、演奏する為の 体と、心の endowment(天賦の才)を与えた・・
ショパンの協奏曲をあれほど甘美で優しく、心揺さぶる誠実さで弾ける。
私は思わず涙を抑えきれずに部屋の外に出た。」
と絶賛していた。
いや、絶賛を越えた、感動であったのだろう。

とてもよく分かる。私もピアノが入る部分では、殆ど涙なしでは聴けない。
技術も全く素晴らしいが、辻井君の内面的なもの 「心」が伝わり、百戦錬磨の審査員の「魂」も揺さぶったのだろう。

辻井伸行君の演奏を聴いていつも感じる様に、無理な造形が一切無く、心から歌っている。
大ホールで耳の肥えた大勢の聴衆を前に、けれん味もハッタリも無く、
ピアニッシモやピアノでメロディーを歌わせて その場の全ての人を引き込めるという事は  想像を絶する。

CDより音質は落ちそうだが、ユーチューブの動画では、その様子をひしひしと感じた。

ピアニシモの旋律が、ホール全体に、聴衆に、吸い込まれ 沁み通る様な静寂。
 聴衆全員が息を呑んで聴き入っている。
体を揺らし、
...続きを読む ›
2 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
辻井氏のキャッチフレーズとなってしまった観のある「奇跡のピアニスト」は多分に「盲目なのに…」というニュアンスを含んでいるが、彼の“奇跡”はそういうものではないと思う。
明るく伸びやかで美しい音色がそれだ。ヴァン・クライバーンコンクールでのホームステイ宅の犬が、彼のピアノが響くと良く聞こえる位置から動かなくなる、というのは有名なエピソードだが、動物すら癒してしまうのが彼の音色であり、最大の魅力である。
この音源の頃の辻井氏はいろいろな意味でまだ若く、テンポが速まったり、低音部が強くなってしまったり、ということが所々に見られたものだが(現在は飛躍的に上達してどちらも改善されている。)、このピアノ協奏曲にはその良くないクセがほとんど見られない。
単純に素晴らしい出来のアルバムとして評価できる。
名盤と評価されるツィマーマン、アルゲリッチ、ルービンシュタインらと比較しても、音色で勝っている分、彼のアルバムを私は推したい。
ちなみに辻井氏の音色は、華やかさ、明るさ、音質などから、20世紀最大のピアニスト・ホロヴィッツに近いと思うのだが、皆さんはどう思われるだろうか?
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
のだめカンタービレ最終楽章でも登場するショパンのピアノ協奏曲。なんともドラマチックなこの曲は第三楽章まで通して聞くと多分40分ぐらいです。 が、全然飽きずに聞けます。とくに第二楽章は聞いていると川面に光が反射するような映像がイメージされ、なんとも幸せな気持ちになります。楽曲の素晴らしさ×辻井伸行の素晴らしさで☆5つ。ほぼ毎日外回りの車の中で聞いていますが、このCDが聞きたいがために遠出することもしばしばです。感謝感謝☆
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まず、個人的に最初にお断りしておきたいのは彼が全盲で目が見えない、という理由で少しでも憐れみでこのCDを聴かないで欲しいですね、、一人の素晴らしいピアニストとしてお聴きください。軽やかで瑞々しくなんと素晴らしい演奏でしょうか、数ある有名な演奏家の名演奏のCDと比べても何ら遜色のない、、いや、ひょっとすると聴き手には最高の演奏かもしれません。彼がショパンコンクールの本選に進めなかったことが不思議なくらいに感動的な演奏と思いましたね。逆にいえばそれほどハイレベルなコンクールなのでしょう、、ただ音楽はコンクールのようにそういう点数が多いから、優勝したから素晴らしいとは限らないと思いますね、聴く人をいかに感動に導けるピアニストの方が私は偉大だと思います。うまいにはうまいが全然情熱が聴き手に伝わらず消えた演奏者は数知れずですが、そういう意味からもこれは感動的な演奏でしょう。なぜかクライバーン・コンクールの優勝者に大成した演奏者はいないのですがジンクスを破り運も味方につけてさらなる研鑽を積んで大きく羽ばたいて欲しいですね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック